兵庫県、独自セキュリティ基盤にフォーティネット製品を採用 [事例]

[2016/07/07 19:05] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

フォーティネットジャパンは7月6日、同社のUTM/次世代ファイアウォール「FortiGate 100D」「同200D」とサンドボックスアプライアンス「FortiSandbox 1000D」が、兵庫県のセキュリティ対策に採用されたと発表した。兵庫県では、これらのセキュリティ製品を活用して「公社等情報セキュリティ基盤」を構築し、県の外郭団体(密接関連公社)の情報セキュリティを強化する。

公社等情報セキュリティ基盤は、昨今増加するサイバー攻撃による情報漏えいなどを防ぐため、兵庫県が独自に構築するセキュリティ基盤。兵庫情報ハイウェイ、または通信事業者の閉域ネットワークで密接関連公社と県庁WANを接続しており、公社のUTMで不審なファイルを検知すると、自動的に県庁のデータセンターに設置されたサンドボックスへ送信・分析して必要な対策を実行する。

兵庫県では、2015年12月から同基盤の運用を開始。ただし、システム管理体制や費用対効果を考慮し、40人以上が所属する団体には公社等情報セキュリティ基盤を導入し、40人未満の団体にはプロバイダが提供する標的型攻撃対策サービスを活用する体制をとるとしている。

関連リンク

1612
2
兵庫県、独自セキュリティ基盤にフォーティネット製品を採用 [事例]
フォーティネットジャパンは7月6日、同社のUTM/次世代ファイアウォール「FortiGate 100D」「同200D」とサンドボックスアプライアンス「FortiSandbox 1000D」が、兵庫県のセキュリティ対策に採用されたと発表した。兵庫県では、これらのセキュリティ製品を活用して「公社等情報セキュリティ基盤」を構築し、県の外郭団体(密接関連公社)の情報セキュリティを強化する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
フォーティネットジャパンは7月6日、同社のUTM/次世代ファイアウォール「FortiGate 100D」「同200D」とサンドボックスアプライアンス「FortiSandbox 1000D」が、兵庫県のセキュリティ対策に採用されたと発表した。兵庫県では、これらのセキュリティ製品を活用して「公社等情報セキュリティ基盤」を構築し、県の外郭団体(密接関連公社)の情報セキュリティを強化する。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る