KS-SOL、自社データセンターの運用保守統制基盤に特権ID管理製品を採用 [事例]

[2016/06/22 21:40] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

エンカレッジ・テクノロジは6月21日、同社の特権ID管理製品「ESS AdminControl」および証跡管理製品「ESS REC」を、関電システムソリューションズ(KS-SOL)が自社データセンターの運用保守統制基盤に採用したと発表した。

関西電力のグループ会社であるKS-SOLは、都市型データセンターを基盤に、ハウジングやクラウドサービスなどの事業を展開している。今回、電力事業に新規参入する企業向けに同社が開発した電力顧客情報管理システム「NISHIKI」を、クラウドサービスとしても提供することが決定。データセンター・クラウドサービスの運用保守において利用を避けられない特権IDをセキュアに管理する方法を検討した結果、ESS AdminControlとESS RECが選定された。

採用の主な理由は、システム操作の録画機能によって仮想デスクトップ環境(VDI)や中継サーバーを経由したアクセスでも記録を残せることや、管理対象システムに影響を与えるような変更が必要ないことだという。

運用保守統制基盤システムの本格運用は、9月に開始される予定。

関連リンク

1570
2
KS-SOL、自社データセンターの運用保守統制基盤に特権ID管理製品を採用 [事例]
エンカレッジ・テクノロジは6月21日、同社の特権管理製品「ESS AdminControl」および証跡管理製品「ESS REC」を、関電システムソリューションズ(KS-SOL)が自社データセンターの運用保守統制基盤に採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
エンカレッジ・テクノロジは6月21日、同社の特権管理製品「ESS AdminControl」および証跡管理製品「ESS REC」を、関電システムソリューションズ(KS-SOL)が自社データセンターの運用保守統制基盤に採用したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る