記事人気ランキング

記事人気ランキング

rank1
【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [25] 正式版で再確認 - ペイン機能で作業効率アップ

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [25] 正式版で再確認 - ペイン機能で作業効率アップ

前回は、Windows Terminalの基本機能のおさらいもかねて、最も重要な機能の1つであるタブ機能について改めて紹介した。今回はそれを踏まえ、ペイン機能について取り上げたい。

前回は、Windows Terminalの基本機能のおさらいもかねて、最も重要な機能の1つであるタブ機能について改めて紹介した。今回はそれを踏まえ、ペイン機能について取り上げたい。

ブックマーク
rank1
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [2] AmazonS3へダイレクトアクセスするアプリケーション実装(その2)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [2] AmazonS3へダイレクトアクセスするアプリケーション実装(その2)

今回は、署名付きURLを使ってS3にあるファイルをダイレクトダウンロードするアプリケーションを実装していきます。

今回は、署名付きURLを使ってS3にあるファイルをダイレクトダウンロードするアプリケーションを実装していきます。

ブックマーク
rank1
【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [26] 正式版で再確認 - 設定ファイルの構造を理解する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [26] 正式版で再確認 - 設定ファイルの構造を理解する

正式版であるバージョン1.0がリリースされたことに合わせて、Windows Terminalを使いこなる上で重要な機能について改めて紹介している。前々回/前回は、ターミナル作業の効率を高める上で最も基本となるタブ機能とペイン機能について取り上げた。今回は、設定ファイルを編集して見た目などを自分なりにカスタマイズしてみよう。

正式版であるバージョン1.0がリリースされたことに合わせて、Windows Terminalを使いこなる上で重要な機能について改めて紹介している。前々回/前回は、ターミナル作業の効率を高める上で最も基本となるタブ機能とペイン機能について取り上げた。今回は、設定ファイルを編集して見た目などを自分なりにカスタマイズしてみよう。

ブックマーク
4
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

ブックマーク
5
【連載】対話システムをつくろう! Python超入門 [1] 対話システムの世界へようこそ!

【連載】対話システムをつくろう! Python超入門 [1] 対話システムの世界へようこそ!

本連載では、現在ブームであり、かつ技術的に挑戦しがいのある「対話システム」を作成しながら、プログラミング言語「Python」を学んでいきます。初回となる今回は、そもそも対話システムとはどういうものであり、自作するとどのようなメリットがあるのかについてご説明しましょう。

本連載では、現在ブームであり、かつ技術的に挑戦しがいのある「対話システム」を作成しながら、プログラミング言語「Python」を学んでいきます。初回となる今回は、そもそも対話システムとはどういうものであり、自作するとどのようなメリットがあるのかについてご説明しましょう。

ブックマーク
6
【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [24] 正式版で再確認 - タブ機能の魅力

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [24] 正式版で再確認 - タブ機能の魅力

昨年春に公開が始まったWindows Terminalは、2020年5月19日に行われたアップデートでついに正式版であるバージョン 1.0となった。正式版になったことで、初めてWindows Tesminalを使い始めたユーザーも少なくないだろう。そこで今回は、これまでのおさらいも兼ねながら、Windows Tesminal 1.0で提供される主要な機能について紹介したい。

昨年春に公開が始まったWindows Terminalは、2020年5月19日に行われたアップデートでついに正式版であるバージョン 1.0となった。正式版になったことで、初めてWindows Tesminalを使い始めたユーザーも少なくないだろう。そこで今回は、これまでのおさらいも兼ねながら、Windows Tesminal 1.0で提供される主要な機能について紹介したい。

ブックマーク
7
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [12] Amazon RDSにアクセスするSpringアプリケーション(2)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [12] Amazon RDSにアクセスするSpringアプリケーション(2)

前回は、「Amazon RDS」の概要について紹介した上で、RDS DBインスタンスを作成するところまでの手順を説明しました。続く今回は、Spring Data JPA(Java Persistence API)およびSpring Cloud AWSの概要を説明した上で、RDSへのテーブル構築とアプリケーション実装を進めていきます。

前回は、「Amazon RDS」の概要について紹介した上で、RDS DBインスタンスを作成するところまでの手順を説明しました。続く今回は、Spring Data JPA(Java Persistence API)およびSpring Cloud AWSの概要を説明した上で、RDSへのテーブル構築とアプリケーション実装を進めていきます。

ブックマーク
8
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [20] Spring SessionとSpring Data Redisを用いたアプリケーション(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [20] Spring SessionとSpring Data Redisを用いたアプリケーション(1)

前回は、CP型データベースである「Amazon ElastiCache」の概要を説明し、シングルノードでローカル環境へテーブル構築しました。続く今回は、構築したデータベースに「Spring Session」と「Spring Data Redis」を使ってアクセスするアプリケーションを実装してみます。

前回は、CP型データベースである「Amazon ElastiCache」の概要を説明し、シングルノードでローカル環境へテーブル構築しました。続く今回は、構築したデータベースに「Spring Session」と「Spring Data Redis」を使ってアクセスするアプリケーションを実装してみます。

ブックマーク
9
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [1] API GatewayとLambdaを使ったサーバレスSpringアプリケーション(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [1] API GatewayとLambdaを使ったサーバレスSpringアプリケーション(1)

クラウドの普及に伴い、ますます広がりを見せつつあるサーバレス開発。本連載では、AWS上でサーバレス・アプリケーションを開発する方法について、わかりやすく解説していきます。まず今回からは、3回に渡り、AWS LambdaとAPI Gatewayを使ったサーバレス環境下でSpringアプリケーションを構築する方法を解説します。

クラウドの普及に伴い、ますます広がりを見せつつあるサーバレス開発。本連載では、AWS上でサーバレス・アプリケーションを開発する方法について、わかりやすく解説していきます。まず今回からは、3回に渡り、AWS LambdaとAPI Gatewayを使ったサーバレス環境下でSpringアプリケーションを構築する方法を解説します。

ブックマーク
10
【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [1] 「Windows Terminal」とは何か

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [1] 「Windows Terminal」とは何か

Windows環境からLinuxなどのUNIX環境を扱う場合、ターミナルアプリケーションを利用して作業することが多い。これまでWindows環境向けにさまざまなターミナルアプリケーションが登場してきた。本連載で取り上げる「Windows Terminal」もその1つだ。Windows TerminalはMicrosoftが開発を進めているオープンソースのアプリケーションで、これからターミナルアプリケーションの利用を考えているWindowsユーザーにとって良い選択肢の1つとなり得る。

Windows環境からLinuxなどのUNIX環境を扱う場合、ターミナルアプリケーションを利用して作業することが多い。これまでWindows環境向けにさまざまなターミナルアプリケーションが登場してきた。本連載で取り上げる「Windows Terminal」もその1つだ。Windows TerminalはMicrosoftが開発を進めているオープンソースのアプリケーションで、これからターミナルアプリケーションの利用を考えているWindowsユーザーにとって良い選択肢の1つとなり得る。

ブックマーク
11
【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [1] PowerShell Coreとは

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [1] PowerShell Coreとは

Microsoftはこのほど、これまで10年間に渡ってWindowsに同梱してきたPowerShellをリファクタリングし、オープンソースソフトウェアとしてmacOSやLinuxでも利用できるようにした「PowerShell Core」を公開した。これまでWindows専用だった方のPowerShellの開発は終了し、今後はPowerShell Coreを開発していく計画だ。本連載ではこの新しいスタンダード「PowerShell Core」を紹介していく。

Microsoftはこのほど、これまで10年間に渡ってWindowsに同梱してきたPowerShellをリファクタリングし、オープンソースソフトウェアとしてmacOSやLinuxでも利用できるようにした「PowerShell Core」を公開した。これまでWindows専用だった方のPowerShellの開発は終了し、今後はPowerShell Coreを開発していく計画だ。本連載ではこの新しいスタンダード「PowerShell Core」を紹介していく。

ブックマーク
12
日本マイクロソフト、年次イベント「de:code 2020」を明日からデジタル開催

日本マイクロソフト、年次イベント「de:code 2020」を明日からデジタル開催

日本マイクロソフトは6月16日、6月17日~30日に開催する開発者向け年次カンファレンス「de:code 2020」のメディア向け内覧会を実施した。同内覧会では、COVID-19対策として今回初めてバーチャルイベントとして開催されるde:code 2020の概要とともに、同社のAzure認定パートナーであるFIXERが協力開発したバーチャルイベントプラットフォーム「virtual event」が紹介された。

日本マイクロソフトは6月16日、6月17日~30日に開催する開発者向け年次カンファレンス「de:code 2020」のメディア向け内覧会を実施した。同内覧会では、COVID-19対策として今回初めてバーチャルイベントとして開催されるde:code 2020の概要とともに、同社のAzure認定パートナーであるFIXERが協力開発したバーチャルイベントプラットフォーム「virtual event」が紹介された。

ブックマーク
13
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [4] AWS ECS上に構築するSpringアプリケーション(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [4] AWS ECS上に構築するSpringアプリケーション(1)

本連載の第1回~第3回では、「AWS Lambda」と「API Gateway」を使ったサーバレス環境下でSpringアプリケーションを構築する方法を解説しました。今回からは、AWS ECS上でSpringアプリケーションを構築する方法を説明していきます。

本連載の第1回~第3回では、「AWS Lambda」と「API Gateway」を使ったサーバレス環境下でSpringアプリケーションを構築する方法を解説しました。今回からは、AWS ECS上でSpringアプリケーションを構築する方法を説明していきます。

ブックマーク
14
【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [36] ECSクラスタの構築

【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [36] ECSクラスタの構築

今回からは実装したアプリケーションを実行するためのECSクラスタ、タスク定義、サービスと、順次CloudFormationテンプレートを作成して実行していきます。

今回からは実装したアプリケーションを実行するためのECSクラスタ、タスク定義、サービスと、順次CloudFormationテンプレートを作成して実行していきます。

ブックマーク
15
【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [27] Fessのクラスタ化

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [27] Fessのクラスタ化

Fessで大量のドキュメントを検索したい場合、サーバのスペックを上げて対応する方法以外に、複数台のサーバを用意して対応することも可能です。今回は複数サーバ上にFessを構築する方法をご紹介します。

Fessで大量のドキュメントを検索したい場合、サーバのスペックを上げて対応する方法以外に、複数台のサーバを用意して対応することも可能です。今回は複数サーバ上にFessを構築する方法をご紹介します。

ブックマーク
16
【連載】Kubernetes入門 [1] Kubernetesとは

【連載】Kubernetes入門 [1] Kubernetesとは

マイクロサービス化が進み、より細かい単位でコンテナを起動したり、高負荷時にはより細かい単位でコンテナをスケールさせたりできます。つまりコンテナが乱立し、運用管理が困難になってきているのです。そんな中注目されているのがコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」です。

マイクロサービス化が進み、より細かい単位でコンテナを起動したり、高負荷時にはより細かい単位でコンテナをスケールさせたりできます。つまりコンテナが乱立し、運用管理が困難になってきているのです。そんな中注目されているのがコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」です。

ブックマーク
17
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [32] Amazon SQSを使ったSpringアプリケーション(5)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [32] Amazon SQSを使ったSpringアプリケーション(5)

前回はSpringBatchを使ってバッチアプリケーションを実装しました。今回はSQSメッセージをポーリングして取得するConsumerアプリケーションをSpring Cloud AWSを使って実装し、前回作成したバッチを実行してみます。

前回はSpringBatchを使ってバッチアプリケーションを実装しました。今回はSQSメッセージをポーリングして取得するConsumerアプリケーションをSpring Cloud AWSを使って実装し、前回作成したバッチを実行してみます。

ブックマーク
18
【連載】Kubernetes入門 [13] k8s構築ツールの選択肢「Kubespray/kops」

【連載】Kubernetes入門 [13] k8s構築ツールの選択肢「Kubespray/kops」

前回、k8s構築ツールの1つとしてHelmを紹介しました。今回はKubespray/kopsを取り上げます。

前回、k8s構築ツールの1つとしてHelmを紹介しました。今回はKubespray/kopsを取り上げます。

ブックマーク
19
【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [21] Spring SessionとSpring Data Redisを用いたアプリケーション(2)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [21] Spring SessionとSpring Data Redisを用いたアプリケーション(2)

前回に引き続き、今回もSpring SessionとSpring Data Redisを使ってセッション情報を共有するアプリケーションを実装していきます。

前回に引き続き、今回もSpring SessionとSpring Data Redisを使ってセッション情報を共有するアプリケーションを実装していきます。

ブックマーク
20
今年は「すべての人々のためにより役立つGoogleへ」! 社員が語る『Google I/O 2019』の注目点

今年は「すべての人々のためにより役立つGoogleへ」! 社員が語る『Google I/O 2019』の注目点

今年も5月7日~9日(米国時間)の3日間にわたり、年次カンファレンス『Google I/O 2019』が開催された。はたして今年のGoogle I/Oではどんな新技術が発表されたのか。6月19日に開催された第118回ITSearch+スペシャルセミナーには、Google Developer Relationsチーム Program Manager 鈴木拓生氏が登壇。現地で得た生の情報を基に、Google I/O 2019の主なトピックスについて解説を行った。

今年も5月7日~9日(米国時間)の3日間にわたり、年次カンファレンス『Google I/O 2019』が開催された。はたして今年のGoogle I/Oではどんな新技術が発表されたのか。6月19日に開催された第118回ITSearch+スペシャルセミナーには、Google Developer Relationsチーム Program Manager 鈴木拓生氏が登壇。現地で得た生の情報を基に、Google I/O 2019の主なトピックスについて解説を行った。

ブックマーク
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る