記事人気ランキング

記事人気ランキング

rank1
【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない!  OAIツールの紹介

【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない! OAIツールの紹介

連載最終回となる今回は、本家Open API Initiative(OAI)が提供するSwagger関連ツールを掘り下げてご紹介します。

連載最終回となる今回は、本家Open API Initiative(OAI)が提供するSwagger関連ツールを掘り下げてご紹介します。

ブックマーク
rank1
【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

ブックマーク
rank1
富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

レッドハットは11月8日、富士通が、同社の情報システム部門内でグローバルに散在するデータの収集/整備/活用を推進する組織「ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センター(BICC)」におけるシステム開発に、コンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

レッドハットは11月8日、富士通が、同社の情報システム部門内でグローバルに散在するデータの収集/整備/活用を推進する組織「ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センター(BICC)」におけるシステム開発に、コンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

ブックマーク
4
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

ブックマーク
5
【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [1] RPAとは

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [1] RPAとは

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

ブックマーク
6
【連載】Swagger 3.0 入門 [1] Swagger(OAS) 3.0の登場

【連載】Swagger 3.0 入門 [1] Swagger(OAS) 3.0の登場

APIエコノミー・マイクロサービス時代が到来し、APIやサービスの組み合わせによるシステム構築が当たり前になってきています。そんな中、API仕様記述フレームワークであるSwaggerの勢いはとどまることを知らず、非常に多くの方が使われていると感じます。本連載では、昨年7月にリリースされた3.0をベースに、Swaggerの仕様や使い方を改めて解説いたします。

APIエコノミー・マイクロサービス時代が到来し、APIやサービスの組み合わせによるシステム構築が当たり前になってきています。そんな中、API仕様記述フレームワークであるSwaggerの勢いはとどまることを知らず、非常に多くの方が使われていると感じます。本連載では、昨年7月にリリースされた3.0をベースに、Swaggerの仕様や使い方を改めて解説いたします。

ブックマーク
7
【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [1] PowerShell Coreとは

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [1] PowerShell Coreとは

Microsoftはこのほど、これまで10年間に渡ってWindowsに同梱してきたPowerShellをリファクタリングし、オープンソースソフトウェアとしてmacOSやLinuxでも利用できるようにした「PowerShell Core」を公開した。これまでWindows専用だった方のPowerShellの開発は終了し、今後はPowerShell Coreを開発していく計画だ。本連載ではこの新しいスタンダード「PowerShell Core」を紹介していく。

Microsoftはこのほど、これまで10年間に渡ってWindowsに同梱してきたPowerShellをリファクタリングし、オープンソースソフトウェアとしてmacOSやLinuxでも利用できるようにした「PowerShell Core」を公開した。これまでWindows専用だった方のPowerShellの開発は終了し、今後はPowerShell Coreを開発していく計画だ。本連載ではこの新しいスタンダード「PowerShell Core」を紹介していく。

ブックマーク
8
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [2] Swagger UIの準備

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [2] Swagger UIの準備

今回はSwagger UIを紹介します。Swagger Specで記述したYAMLやJSONファイルからAPIインタフェース仕様ドキュメントを自動生成できるツールです。ドキュメントはWebブラウザで閲覧でき、仕様を確認したら、そのままワンクリックでAPIを実行できます。

今回はSwagger UIを紹介します。Swagger Specで記述したYAMLやJSONファイルからAPIインタフェース仕様ドキュメントを自動生成できるツールです。ドキュメントはWebブラウザで閲覧でき、仕様を確認したら、そのままワンクリックでAPIを実行できます。

ブックマーク
9
ZOZOTOWNを支える

ZOZOTOWNを支える"縁の下"のシステム開発

6月13日~15日に開催された「Interop Tokyo」。その基調講演には、アパレルECサイト「ZOZOTOWN」の開発/運用を担う、スタートトゥデイテクノロジーズの取締役 大蔵峰樹氏が登壇し、ZOZOTOWNの開発の歴史やシステム構成、組織づくりなど、これまで表に出なかったエンジニアリングの"舞台裏"を明かした。

6月13日~15日に開催された「Interop Tokyo」。その基調講演には、アパレルECサイト「ZOZOTOWN」の開発/運用を担う、スタートトゥデイテクノロジーズの取締役 大蔵峰樹氏が登壇し、ZOZOTOWNの開発の歴史やシステム構成、組織づくりなど、これまで表に出なかったエンジニアリングの"舞台裏"を明かした。

ブックマーク
10
【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [3] RPAツールの選び方

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [3] RPAツールの選び方

、RPAツールを実際に使ってみたいと思われる方は多いかと思いますが、どうやって選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、第一回にて紹介したRPAツールの特徴を中心に紹介します。

、RPAツールを実際に使ってみたいと思われる方は多いかと思いますが、どうやって選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、第一回にて紹介したRPAツールの特徴を中心に紹介します。

ブックマーク
11
【連載】VRコンテンツの作り方 [15] Gear VR Controllerへの対応

【連載】VRコンテンツの作り方 [15] Gear VR Controllerへの対応

今回は、サムスン電子ジャパンが5月に発売したGear VRヘッドセットの最新版「Galaxy Gear VR with Controller」をVRアプリ内に導入する方法について解説いたします。

今回は、サムスン電子ジャパンが5月に発売したGear VRヘッドセットの最新版「Galaxy Gear VR with Controller」をVRアプリ内に導入する方法について解説いたします。

ブックマーク
12
【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [1] マイクロサービスを理解するための3つのポイント

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [1] マイクロサービスを理解するための3つのポイント

マイクロサービス(Microservies)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。昨今急速に認知度が高まっていて、技術セミナーなどで耳にすることも多くなってきました。それでも、クラウドやアジャイルといった用語と比べるとまだまだ理解度は低いようです。

マイクロサービス(Microservies)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。昨今急速に認知度が高まっていて、技術セミナーなどで耳にすることも多くなってきました。それでも、クラウドやアジャイルといった用語と比べるとまだまだ理解度は低いようです。

ブックマーク
13
【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [5] コマンドパレット - ショートカットを補う便利機能

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [5] コマンドパレット - ショートカットを補う便利機能

Atomに限らずだが、エディタを効率的に使いこなすには、キーボードから手を離さずに作業できるかがポイントになる。ショートカットキーを使いこなしたいが、覚えられない。そんな方に有効なのがコマンドパレットである。

Atomに限らずだが、エディタを効率的に使いこなすには、キーボードから手を離さずに作業できるかがポイントになる。ショートカットキーを使いこなしたいが、覚えられない。そんな方に有効なのがコマンドパレットである。

ブックマーク
14
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [3] Swagger Codegenを使ったコード自動生成のポイント

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [3] Swagger Codegenを使ったコード自動生成のポイント

今回はSwagger Codegenを紹介します。Swagger Codegenを使うと、Swagger Spec仕様を記述したYAMLやJSONファイルからAPIコンシューマのドライバコードやAPIプロバイダのスタブコードを自動生成できます。Swagger UIと合わせて使うと、仕様を記述するだけでドキュメントもコードも自動生成可能です。

今回はSwagger Codegenを紹介します。Swagger Codegenを使うと、Swagger Spec仕様を記述したYAMLやJSONファイルからAPIコンシューマのドライバコードやAPIプロバイダのスタブコードを自動生成できます。Swagger UIと合わせて使うと、仕様を記述するだけでドキュメントもコードも自動生成可能です。

ブックマーク
15
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [4] Swagger Coreによるコードを中核においたドキュメント管理

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [4] Swagger Coreによるコードを中核においたドキュメント管理

今回はSwagger Coreを紹介します。設計(Swagger Spec)からコードを生成する、いわば順方向にあたるのがSwagger Codegenです。一方で、コードから設計(Swagger Spec)を生成する、いわば逆方向にあたるのがSwagger Coreです。

今回はSwagger Coreを紹介します。設計(Swagger Spec)からコードを生成する、いわば順方向にあたるのがSwagger Codegenです。一方で、コードから設計(Swagger Spec)を生成する、いわば逆方向にあたるのがSwagger Coreです。

ブックマーク
16
SCSK、イベント受付アプリの構築に「Platio」を採用 [事例]

SCSK、イベント受付アプリの構築に「Platio」を採用 [事例]

アステリアは11月7日、SCSKがERPパッケージ「ProActive」のユーザーカンファレンスを実施するにあたり、受付アプリの構築にアステリアのモバイルアプリ制作プラットフォーム「Platio(プラティオ)」を採用したと発表した。

アステリアは11月7日、SCSKがERPパッケージ「ProActive」のユーザーカンファレンスを実施するにあたり、受付アプリの構築にアステリアのモバイルアプリ制作プラットフォーム「Platio(プラティオ)」を採用したと発表した。

ブックマーク
17
【連載】VRコンテンツの作り方 [12] Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(1) Google VR SDKのインポート、基本設定

【連載】VRコンテンツの作り方 [12] Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(1) Google VR SDKのインポート、基本設定

Gear VRのような特定機種向けに最適化されたもの以外にも、一般的なスマホで見られるVR HMDも存在します。今回からはそうしたデバイスの活用を想定し、「Google VR SDK」を使ったコンテンツ制作方法について解説していきます。

Gear VRのような特定機種向けに最適化されたもの以外にも、一般的なスマホで見られるVR HMDも存在します。今回からはそうしたデバイスの活用を想定し、「Google VR SDK」を使ったコンテンツ制作方法について解説していきます。

ブックマーク
18
【連載】ソフトウェア開発自動化入門 [1] ソフトウェア開発自動化の歴史

【連載】ソフトウェア開発自動化入門 [1] ソフトウェア開発自動化の歴史

ソフトウェア開発自動化とは、読んで字のごとくソフトウェア開発に関わる作業を自動化し、高生産性を実現するためのものです。設計書を入力にソースコードを生成するなどは一例にすぎず、他にも自動化できるシーンがあります。本連載ではソフトウェア開発自動化の4つの領域を中心に解説していきます。

ソフトウェア開発自動化とは、読んで字のごとくソフトウェア開発に関わる作業を自動化し、高生産性を実現するためのものです。設計書を入力にソースコードを生成するなどは一例にすぎず、他にも自動化できるシーンがあります。本連載ではソフトウェア開発自動化の4つの領域を中心に解説していきます。

ブックマーク
19
【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [6] 日本語の全文検索でのAnalyzer

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [6] 日本語の全文検索でのAnalyzer

前回はAnalyzerの仕組みについて理解していただきました。今回はそれを踏まえて、実際にFessが日本語文書に適用しているAnalyzerについて説明します。

前回はAnalyzerの仕組みについて理解していただきました。今回はそれを踏まえて、実際にFessが日本語文書に適用しているAnalyzerについて説明します。

ブックマーク
20
【連載】Kubernetes入門 [1] Kubernetesとは

【連載】Kubernetes入門 [1] Kubernetesとは

マイクロサービス化が進み、より細かい単位でコンテナを起動したり、高負荷時にはより細かい単位でコンテナをスケールさせたりできます。つまりコンテナが乱立し、運用管理が困難になってきているのです。そんな中注目されているのがコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」です。

マイクロサービス化が進み、より細かい単位でコンテナを起動したり、高負荷時にはより細かい単位でコンテナをスケールさせたりできます。つまりコンテナが乱立し、運用管理が困難になってきているのです。そんな中注目されているのがコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」です。

ブックマーク

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る