記事人気ランキング

記事人気ランキング

rank1
【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

ブックマーク
rank1
【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

ブックマーク
rank1
【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

ブックマーク
4
甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

ブックマーク
5
【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

ブックマーク
6
【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

ブックマーク
7
【特別企画】ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

【特別企画】ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

業界・業種にかかわらずデジタル技術によるイノベーションが加速し、「データ」が企業競争力の源泉となる今の時代において、IT部門の役割はいっそう重要さを増している。ITシステムの「体幹」とも言うべきなのはデータであり、その「体幹強化」のために、IT部門が最初に着手すべきことは何なのだろうか。

業界・業種にかかわらずデジタル技術によるイノベーションが加速し、「データ」が企業競争力の源泉となる今の時代において、IT部門の役割はいっそう重要さを増している。ITシステムの「体幹」とも言うべきなのはデータであり、その「体幹強化」のために、IT部門が最初に着手すべきことは何なのだろうか。

ブックマーク
8
NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

ブックマーク
9
【特別企画】大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

【特別企画】大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。

急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。

ブックマーク
10
【特別企画】速さだ...バックアップ/リカバリに速さが足りない... - DRに特許技術「MicroScan」さえあれば、あのとき僕らは

【特別企画】速さだ...バックアップ/リカバリに速さが足りない... - DRに特許技術「MicroScan」さえあれば、あのとき僕らは

データの肥大化が招く大きな問題として、これまで業務時間外に行っていたバックアップ処理が終わらなくなることが挙げられる。1日かけても終わらず、最終的に失敗してやり直しというケースも珍しくない。そこで本稿では、2014年のバックアップ管理ツール市場・アプライアンス分野において、トップシェアを獲得している製品(富士キメラ総研調べ)であるFalconStor CDPの実力に迫りたい。

データの肥大化が招く大きな問題として、これまで業務時間外に行っていたバックアップ処理が終わらなくなることが挙げられる。1日かけても終わらず、最終的に失敗してやり直しというケースも珍しくない。そこで本稿では、2014年のバックアップ管理ツール市場・アプライアンス分野において、トップシェアを獲得している製品(富士キメラ総研調べ)であるFalconStor CDPの実力に迫りたい。

ブックマーク
11
【特別企画】パブリッククラウド「Microsoft Azure」利用で変わった、ソフトバンクグループのデータ保護環境とは

【特別企画】パブリッククラウド「Microsoft Azure」利用で変わった、ソフトバンクグループのデータ保護環境とは

ソフトバンクグループにおいて、ICTサービス事業の一翼を担う会社として1990年に設立されたソフトバンク・テクノロジー株式会社。同社では繰り返される社内情報システムの拡張でバックアップ環境の部分最適化が進み、システム運用業務の属人化が起きていた。そこで、社内情報システムのデータ保護の統一化を図ることとなり、複数のデータ保護製品を比較検討した結果、Microsoft Azureに連携する「arcserve Backup」を採用した。これによりバックアップ/リカバリ業務が標準化されるとともに、その対応速度、品質が大きく向上した。

ソフトバンクグループにおいて、ICTサービス事業の一翼を担う会社として1990年に設立されたソフトバンク・テクノロジー株式会社。同社では繰り返される社内情報システムの拡張でバックアップ環境の部分最適化が進み、システム運用業務の属人化が起きていた。そこで、社内情報システムのデータ保護の統一化を図ることとなり、複数のデータ保護製品を比較検討した結果、Microsoft Azureに連携する「arcserve Backup」を採用した。これによりバックアップ/リカバリ業務が標準化されるとともに、その対応速度、品質が大きく向上した。

ブックマーク
12
日立、SAP HANAクラウドサービスのデータ保護に「Commvault」を採用 [事例]

日立、SAP HANAクラウドサービスのデータ保護に「Commvault」を採用 [事例]

Commvault Systems Japanは2月22日、日立製作所が提供するSAP HANAクラウドサービス向けバックアップソリューションとして統合データ保護プラットフォーム「Commvault」が採用されたと発表した。

Commvault Systems Japanは2月22日、日立製作所が提供するSAP HANAクラウドサービス向けバックアップソリューションとして統合データ保護プラットフォーム「Commvault」が採用されたと発表した。

ブックマーク
13
JFEスチール、「Veritas NetBackup」を採用 - バックアップ時間を短縮 [事例]

JFEスチール、「Veritas NetBackup」を採用 - バックアップ時間を短縮 [事例]

ベリタステクノロジーズは7月21日、JFEスチールがバックアップ製品「Veritas NetBackup」を採用したと発表した。

ベリタステクノロジーズは7月21日、JFEスチールがバックアップ製品「Veritas NetBackup」を採用したと発表した。

ブックマーク
14
【特別企画】中小規模の製造業でもBCP対策を実現! 少ない投資で設計データを守るには

【特別企画】中小規模の製造業でもBCP対策を実現! 少ない投資で設計データを守るには

本稿からダウンロードできる資料では、中小規模の製造業でもBCP対策を実現できる「Manufacturing-Space」について詳細に紹介している。具体的なユースケースも絡めて解説しているので、興味をもたれた方は、ぜひ内容をご確認いただきたい。

本稿からダウンロードできる資料では、中小規模の製造業でもBCP対策を実現できる「Manufacturing-Space」について詳細に紹介している。具体的なユースケースも絡めて解説しているので、興味をもたれた方は、ぜひ内容をご確認いただきたい。

ブックマーク
15
ワイジェイFX、社内向けシステムのバックアップに「Commvault」を導入 [事例]

ワイジェイFX、社内向けシステムのバックアップに「Commvault」を導入 [事例]

CommVault Systems Japanは1月13日、統合データ保護ソフトウェア「Commvault」がワイジェイFXに導入されたと発表した。

CommVault Systems Japanは1月13日、統合データ保護ソフトウェア「Commvault」がワイジェイFXに導入されたと発表した。

ブックマーク
16
【特別企画】管理者にお馴染みの

【特別企画】管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

ブックマーク
17
【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

ブックマーク
18
クレオネットワークス、顧客向けクラウドサービスに「Arcserve UDP」を導入 [事例]

クレオネットワークス、顧客向けクラウドサービスに「Arcserve UDP」を導入 [事例]

arcserve Japanは3月15日、クレオネットワークスの顧客向けクラウドサービス「SmartStage N-CLOUD」に、統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を導入したと発表した。

arcserve Japanは3月15日、クレオネットワークスの顧客向けクラウドサービス「SmartStage N-CLOUD」に、統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を導入したと発表した。

ブックマーク
19
日本製鋼所 横浜製作所、「Arcserve UDP」を採用 - 工数・コストが5分の1に [事例]

日本製鋼所 横浜製作所、「Arcserve UDP」を採用 - 工数・コストが5分の1に [事例]

Arcserve Japanは1月5日、日本製鋼所の横浜製作所が統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を採用したと発表した。

Arcserve Japanは1月5日、日本製鋼所の横浜製作所が統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を採用したと発表した。

ブックマーク
20
【特別企画】8割の企業が「していない」 - エンドポイントのバックアップ事情

【特別企画】8割の企業が「していない」 - エンドポイントのバックアップ事情

メールシステムやファイルサーバーに格納されたデータのバックアップは大多数のIT組織で実施されている。しかし、クライアントのすべてのデータをバックアップしている企業は少なく、エンドポイントデータのバックアップについては、まだ対策が不十分なのが現状だ。

メールシステムやファイルサーバーに格納されたデータのバックアップは大多数のIT組織で実施されている。しかし、クライアントのすべてのデータをバックアップしている企業は少なく、エンドポイントデータのバックアップについては、まだ対策が不十分なのが現状だ。

ブックマーク

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る