ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

738 件中 101~120件目を表示中

第4次産業革命の"波"到来! AI×IoTで考える未来の製造業

第4次産業革命の"波"到来! AI×IoTで考える未来の製造業

NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、都内にて年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018 Transform. Transcend.」を開催した。本稿では、同カンファレンスにてNTTコミュニケーションズ 技術開発部の伊藤浩二氏が登壇した講演「第4次産業革命に向けて、AIを用いたモノづくり改革への挑戦 ~ディープラーニングを用いたIoTデータ分析事例の紹介と今後の展開~」の模様をレポートしよう。

データサイエンティストが集結! - AI Experience 2018 Tokyoが11月に開催

データサイエンティストが集結! - AI Experience 2018 Tokyoが11月に開催

11月27日、米DataRobotが主催するプライベートカンファレンス「AI Experience 2018 Tokyo」が東京都目黒区のウェスティンホテル東京にて開催される。業界屈指のデータサイエンティストらによるAI業界の最新動向解説や、機械学習プラットフォーム「DataRobot」の導入事例講演、ハンズオンセッションなどさまざまなコンテンツが用意される。

「愛犬のため」に特化したペットカメラ - そこに込められた"想い"とは?

「愛犬のため」に特化したペットカメラ - そこに込められた"想い"とは?

留守番中の愛犬に話しかけたり、おやつをあげたりできるドッグカメラ(愛犬用ペットカメラ)「Furbo(ファーボ)」が人気だ。その秘密は、「犬ならではの設計」が随所に施され、愛犬と多彩なコミュニケーションを取れることにある。犬に特化したペットカメラはなぜ生まれ、何を目指すのか。Furboの国内販売を手がけるtomofun取締役社長の布施健氏にお話を伺った。

ヤフーの情シスが、レガシーアプリをモダン化する前にやったこと

ヤフーの情シスが、レガシーアプリをモダン化する前にやったこと

もともと内製の文化が強かったというヤフーの情報システム部門。しかしここ数年は、外部の製品も取り入れつつ、内製のシステムとうまく使い分けながら社内ITのモダン化を進めているという。

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

企業にとって大きな資産でありコスト源でもある人材。人手不足の今、効果的な活用がさらに重要になっている。「目指す人事は『ヒューマンキャピタル・サプライチェーン』」と語るのは、日産自動車 グローバルデジタルHR部門ゼネラルマネージャー ラジュ・ヴィジェイ氏。クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を導入し、グローバルで統一したタレントマネジメントを進めてきた人物だ。米Workdayが10月初めに米ラスベガスで開催した「Workday Rising 2018」にて、同氏に話を聞いた。

VR、AI、ホログラム - 新技術が創り出す映像コミュニケーションの新時代

VR、AI、ホログラム - 新技術が創り出す映像コミュニケーションの新時代

NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京において年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018」を開催した。本稿では、同カンファレンスで多数行われた講演のなかから、NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 第六グループ 主査の田中雅教氏が登壇した「映像コミュニケーションの新時代がやってきた ~AI/VR活用によるコミュニケーション改革~」の模様をレポートしよう。

進化の滞る米国住宅にイノベーションを - 日本人スタートアップ HOMMAの挑戦

進化の滞る米国住宅にイノベーションを - 日本人スタートアップ HOMMAの挑戦

米国で建売住宅事業に挑戦する日本発のベンチャー企業「HOMMA」。日本流の住宅建造技術にテクノロジーを融合し、米国住民に対して新たなライフスタイルを提案しようとしている。本誌は、CEOの本間氏に創業背景やビジョン、今後の展望について話を伺った。

本格的な人手不足に備えよ! 柱となるのは「デジタルワークフォース」

本格的な人手不足に備えよ! 柱となるのは「デジタルワークフォース」

10月4日、アイ・ティ・アールは「ポスト2020を見据えた持続的成長のシナリオ」をテーマに掲げた年次カンファレンス「IT Trend 2018」を開催した。本稿では、同社 取締役/シニア・アナリスト 舘野真人氏の講演「デジタルワークフォース活用のビジョンと戦略」で解説された内容と、ITエグゼクティブに向けて語られた提言を紹介する。

東ロボくんでわかった日本の課題と、パーソナルAIフレームワーク - eSOL Technology Forum 2018

東ロボくんでわかった日本の課題と、パーソナルAIフレームワーク - eSOL Technology Forum 2018

国公立大学やMARCH・関関同立レベルの一部の学科に合格できるほどの学力を示したAI「東ロボくん」のプロジェクトで明らかになったのは、中高生の読解力が想像以上に低かったことだ。イーソルが発表した自動運転などに向けたAIフレームワーク「eBRAD」の概要とともに、eSOL Technology Forum 2018の基調講演の様子をご紹介する。

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

デジタル変革時代を生きる! "シリコンバレー流"の働き方とは?

デジタル変革時代を生きる! "シリコンバレー流"の働き方とは?

アイ・ティ・アールが10月4日に開催した年次カンファレンス「IT Trend 2018」では、Pivotalジャパンでマーケティングマネージャーを務める渡辺 隆氏が登壇。「シリコンバレー企業にみるデジタル時代の働き方 - ツール、プロセス、そして文化」と題し、リーンスタートアップの手法を取り入れる同社がグローバル共通で展開する"働き方"について、実際の開発風景も交えながら紹介した。

スマートからコネクティッドへ! tsumugが目指す、鍵でつながる世界

【連載】DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち [8] スマートからコネクティッドへ! tsumugが目指す、鍵でつながる世界

元交際相手に合鍵のコピーを作られて不法侵入されてしまった経験から、スマート鍵を開発するtsumug 代表取締役社長の牧田 恵里氏。IoT技術で安全を可視化する、そんな強い想いを原動力に製品化に取り組んでいる。

筑波大 山海教授が明かすロボットスーツHALの現在地

筑波大 山海教授が明かすロボットスーツHALの現在地

超高齢化社会が進む中、社会全体を良くしていくには何が必要か。ダイバーシティ&インクルージョンという観点から、ロボットスーツ「HAL」の開発者として知られる筑波大学 山海教授が講演したので、その様子を紹介する。

"怠け心"こそ進歩の源泉?

【連載】はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは? [4] "怠け心"こそ進歩の源泉?

前回は、RPAの部品化の必要性や、RPAが巨大化した場合の難点、さらには複数のRPAを束ねる外部の仕組み(ワークフローなど)の必要性について説明しました。4回目となる今回は、RPAを適用すべき業務エリアをどのように選んだらいいのかについて考えてみましょう。

"AI記者"の実現方法を考えてみよう

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [25] "AI記者"の実現方法を考えてみよう

今夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会は、いつにも増して大きな話題となりました。今回は、その試合の戦評記事を自動生成していたAI記者「おーとりぃ」にスポットを当ててみたいと思います。

[講演レポート提供]『伝え方が9割』の著者が伝授! 誰でもできるコトバづくりの"極意"とは?

[講演レポート提供]『伝え方が9割』の著者が伝授! 誰でもできるコトバづくりの"極意"とは?

第89回IT Search+スペシャルセミナーでは、コピーライターの佐々木圭一氏が登壇。同氏が確立した8つの「強いコトバをつくるためのレシピ」のなかから3つを紹介すると共に、参加者たちが実際にそれらのレシピを使ってお題に応じたコトバをつくる、実践的なワークの時間が設けられた。

光彩だけじゃない! 靴のスマート化を目指すno new folk studio

【連載】DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち [7] 光彩だけじゃない! 靴のスマート化を目指すno new folk studio

さまざまなウェアラブルデバイスが登場するなか、靴型のデバイスに着目し開発を続けるのが、no new folk studioだ。足の動きでLEDの光を制御できるスマートフットウェア「Orphe」に続き、靴向けのIoTモジュール&データ基盤を生み出そうとしている。

運転支援デバイスで交通事故を減らしたい - 人命を守る企業を目指すPyrenee

【連載】DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち [6] 運転支援デバイスで交通事故を減らしたい - 人命を守る企業を目指すPyrenee

道路上の多くの車が自動運転車になるような社会の実現には、30年以上はかかると見られている。一方で人の命に関わる交通事故は、すぐにでも解決しなければならない社会課題だ。今解決すべき課題に立ち向かうべく、運転支援デバイス「Pyrenee Drive」を開発するのがPyreneeである。

ガートナーがアドバイス! RPAを全社導入する前に検討すべきポイントは?

ガートナーがアドバイス! RPAを全社導入する前に検討すべきポイントは?

今、RPAへの期待が高まっている。本稿では、8月31日に開催された「ガートナー ITソーシング、プロキュアメント&アセット・マネジメント サミット 2018」でガートナー バイス プレジデント キャシー・トーンボーム氏が行った講演「RPAの大規模展開を成功させるには」の内容から、局所的な導入に満足することなく、大きな成果につなげるための指針を解説する。

組織に生産性の向上をもたらす「デジタルデクステリティ」とは?

組織に生産性の向上をもたらす「デジタルデクステリティ」とは?

「デジタルデクステリティ」とは、デジタルテクノロジーを熟知して自由に使いこなすことのできる能力や、意欲を指す。本稿では、8月31日に開催された「ガートナー ITソーシング、プロキュアメント&アセット・マネジメント サミット 2018」におけるガートナー ジャパン バイス プレジデント 志賀嘉津士氏の講演「『デジタル・デクステリティ』早分かり」の模様をお届けしたい。

738 件中 101~120件目を表示中

738 件中 101~120件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る