ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

802 件中 561~580件目を表示中

[講演レポート提供]自動運転で生活はどう変わるのか? DeNAが描く移動・物流の未来図

[講演レポート提供]自動運転で生活はどう変わるのか? DeNAが描く移動・物流の未来図

1月18日に行われた第32回IT Search+スペシャルセミナーでは、「社会が変わる、未来が変わる!? DeNAが挑む自動運転の可能性」と題し、ディー・エヌ・エー(DeNA) 執行役員 システム本部長 木村秀夫氏が登壇。自動運転を取り巻く現状や課題、DeNAの取り組みと今後の展望などについて解説がなされた。

NTTデータら、ICU向け合併症予測ソリューションの実証実験をスペインで開始

NTTデータら、ICU向け合併症予測ソリューションの実証実験をスペインで開始

NTTデータは1月27日、同社と同社のスペイン子会社everis(エヴェリス)グループが、スペイン最大の病院であるヴィルヘン・デル・ロシオ大学病院と集中治療室(ICU:Intensive Care Unit)向け「スマートアラートソリューション」を開発。1月30日からヴィルヘン・デル・ロシオ大学病院に導入し、実証実験を開始すると発表した。

Apple Payのユーザー体験をauショップから - KDDIがモバイル決済端末を導入した理由

Apple Payのユーザー体験をauショップから - KDDIがモバイル決済端末を導入した理由

小売店におけるモバイル決済端末の導入は、iPadなどで稼働するモバイルPOSアプリの伸長とともに増えている。主にクレジットカードの読み取りニーズで決済端末が利用されてきたが、ここのところはApple Payの日本上陸もあり、電子マネーへの対応も重要視され始めている。

Pepperでプログラミング教育を - ソフトバンクが総額50億円の社会貢献プログラム

Pepperでプログラミング教育を - ソフトバンクが総額50億円の社会貢献プログラム

ソフトバンクグループは1月25日、全国282校の公立小中学校に人型ロボット「Pepper」約2000台を無償貸与すると発表した。2016年11月に公開された「Pepper 社会貢献プログラム」によるもので、支援総額は50億円にのぼる。

奈良の大仏見るなら「クリーンビーコン」で - 訪日外国人向け観光ガイドにBLEを活用

奈良の大仏見るなら「クリーンビーコン」で - 訪日外国人向け観光ガイドにBLEを活用

「奈良の大仏」で親しまれる奈良県・東大寺で、「クリーンビーコン」を用いた観光ガイドの実証実験が行われている。

面接時のチャームポイントをシステムが教示 - 関大とNTT西が取り組む就活支援研究とは

面接時のチャームポイントをシステムが教示 - 関大とNTT西が取り組む就活支援研究とは

就職面接において、笑顔はどの程度見せるべきなのか。目線はどこに置き、ジェスチャーはどれくらい交えるべきなのか――。まことしやかにささやかれている定説の流用ではなく、ICTを活用した実測値で結論を導き出し、就活生へのアドバイスに活かすシステムを構築しようという取り組みが、関西大学とNTT西日本により進められている。

IoTを牽引するBLE

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [3] IoTを牽引するBLE

ワイヤレス通信として、Wi-Fiに次いで使われている、もしくは知られているのはBluetoothではないでしょうか。IoTでもBluetoothは重要な通信手段です。ただし、一口にBluetoothと言っても、通信速度、方式の違いから大きく4つの通信モードに分けられます。

今こそ、AIの「リアリティ」について考えるとき

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [1] 今こそ、AIの「リアリティ」について考えるとき

AI(人工知能)は今後、人々の働き方にどのような影響を与えていくのか。初回となる今回は、イントロダクションとして、筆者の自己紹介とともに本連載の趣旨について説明します。

人型ロボット「Pepper」の今 - イオンモールが導入1年で気付いた「課題」と「未来」

人型ロボット「Pepper」の今 - イオンモールが導入1年で気付いた「課題」と「未来」

ソフトバンクショップ以外でも目にする機会が多くなったロボット「Pepper」。さまざまな業種・業態で利用されているが、ここまで増えてくると「あ、Pepperだ」とマスコット的に、アイキャッチに使ってきた小売店などにとっては「当初の目論見よりも効果が出なくなってくるのでは」という印象を抱く。

CM制作会社「AOI Pro.」が野球VRコンテンツに挑戦した3つの理由

CM制作会社「AOI Pro.」が野球VRコンテンツに挑戦した3つの理由

昨年11月に取り上げたNTTデータと東北楽天ゴールデンイーグルスの「野球の練習をVRで - NTTデータが楽天と協力して見つけた「課題」と「成果」」。プロ野球選手の高い次元のプレトレーニングとしてVRを活用したこの事例は「VR活用」というキーワードのエンタメ以外における活用の顕著な例といえる。

「AI労働力」時代が到来!? 高度な自動化でビジネスはどう変わるのか

「AI労働力」時代が到来!? 高度な自動化でビジネスはどう変わるのか

マイナビニュースは12月7日、「マイナビニュースフォーラム2016 Winter for データ活用 IoT時代の機先を制す」と題したイベントを開催した。「IoTの先にあるAI労働力(RPA/Digital Labor)時代 - 欧米の先進事例に学ぶ今後のビジネスのあり方」と題して行われた基調講演には、KPMGコンサルティング パートナー SSOA CoE統括 田中淳一氏が登壇。技術の発達に伴うホワイトカラー業務の変化と、欧米の先進事例に学ぶ今後のビジネスのあり方について解説が繰り広げられた。

「2017年はAI元年、ドライブするための大切な年になる」日本マイクロソフト 平野社長語る

「2017年はAI元年、ドライブするための大切な年になる」日本マイクロソフト 平野社長語る

1月18日、日本マイクロソフトは代表取締役社長の平野拓也氏による新年の記者向けラウンドテーブルを開催した。同社の会見年度は毎年7月より始まるため、新年は下半期のスタートでもある。2017年度上半期のマイクロソフトはどういう手応えを得たのか、平野氏が語った。

高機能化するIoT機器に必要な「OTA」とは?

【連載】5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ [4] 高機能化するIoT機器に必要な「OTA」とは?

「OTA」という言葉を聞いたことがある方も少なくないのではないでしょうか? 携帯電話の機能の一つで、無線ネットワークを経由した遠隔操作で、ソフトウェア更新や機能追加、設定を変更できます。この機能は、M2MやIoT機器においても実装されています。

業績好調の影にIoTの姿アリ! 最高売上を更新し続けるスシローの舞台裏

業績好調の影にIoTの姿アリ! 最高売上を更新し続けるスシローの舞台裏

12月7日に開催された「マイナビニュースフォーラム2016 Winter for データ活用 ~IoT時代の機先を制す~」の基調講演では、あきんどスシロー 情報システム室 室長 坂口豊氏が登壇。同社が導入しているITシステムを紹介するとともに、知られざる「回転寿司の裏側」について語った。

ヤマハが教育用ボーカロイドにかける想い - 小中学校向けデジタル教材を発表

ヤマハが教育用ボーカロイドにかける想い - 小中学校向けデジタル教材を発表

ヤマハは1月16日、主に小中学校を対象に、ICTを活用した音楽教育ソリューション「Smart Education System」の提供を開始すると発表した。その第1弾として、Windows PC・タブレット端末用の授業モデルパック月デジタル音楽教材「ボーカロイド 教育版」の提供を2月7日より、「ギター授業」「箏(こと)授業」の提供を3月上旬より開始する。

KDDから脈々と受け継ぐ「グローバルの血」 - KDDIの海外事業の今

KDDから脈々と受け継ぐ「グローバルの血」 - KDDIの海外事業の今

KDDIの前身の1つは国際電信電話(KDD)であり、事業の柱の1つとしてグローバル事業が掲げられている。もちろん、事業規模としては国内パーソナル事業が71.9%を占める大黒柱であり、グローバル事業自体はそれほど大きな規模ではない。ただ、データセンターのような重要な事業も抱えており、今後もさらなる拡大を狙う。

パナソニックがLet'snoteシリーズ初の着脱型モデルを開発した理由

【連載】山口健太のモバイルNEXT [19] パナソニックがLet'snoteシリーズ初の着脱型モデルを開発した理由

パナソニックは1月12日、Let'snote(レッツノート)シリーズの新製品を発表した。目玉はシリーズ初となる着脱型モデル「Let'snote XZ6」。ビジネスユーザーから定評のあるLet'snoteが、なぜこのタイミングで着脱型の導入に踏み切ったのだろうか。

KDDIが大阪のデータセンターに施した2つの「安全策」

KDDIが大阪のデータセンターに施した2つの「安全策」

1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災から22年を目前に控え、KDDIが大阪で災害時におけるBCPの取り組みと、2015年に竣工した「KDDI大阪第2ビル」の説明会を開催した。

POSレジアプリ「Airレジ」の"今"と"これから"

POSレジアプリ「Airレジ」の"今"と"これから"

飲食店に入ると、iPadをレジ代わりに使用しているシーンは珍しくなくなった。そんなPOSレジアプリで、先頭集団に位置するリクルートライフスタイルの「Airレジ」が2016年11月に3周年を迎えた。同12月に行われた「Airレジ カンファレンス2016」の基調講演にも登壇した同社 執行役員 ネットビジネス本部 スモールビジネスソリューションユニット長の大宮英紀氏に、Airレジの現状と見通しについて話を聞いた。

今知っておくべき規制緩和に対する「重要文書の危機管理」

【特別企画】今知っておくべき規制緩和に対する「重要文書の危機管理」

日々の業務で大量に発生するさまざまな書類。これらの保存と管理は、多くの企業にとって長年の課題だ。特に税務関係の書類などは、法律によって7年から10年もの保管を義務付けられており、その保存や管理にかかる手間やコストは膨大なものに...。そんな中、2015年、2016年と、2年連続で改定されたe-文書法(電子文書法)により、ほぼすべての重要書類について電子化による保存が認められるようになった。

802 件中 561~580件目を表示中

802 件中 561~580件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る