ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

799 件中 501~520件目を表示中

有名産業医が語る、心を病まないためのチェックポイントと対応策

有名産業医が語る、心を病まないためのチェックポイントと対応策

本人も気付かぬうちに患いはじめると言われる精神障害。果たして、防ぐためには何が必要なのか。産業医、労働衛生コンサルタント、メンタルヘルス法務主任者などの資格を持つStudio Gift Hands 三宅 琢 氏が、非常に具体な方法を解説したので、セミナーの模様をお伝えしよう。

電脳化社会も目前!? IT革命が社会構造に与えるインパクトを夏野剛氏が解説

電脳化社会も目前!? IT革命が社会構造に与えるインパクトを夏野剛氏が解説

3月16日~17日に開催された「ガートナーエンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャサミット 2017」では、基調講演に慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授・夏野 剛 氏が登壇。ITがもたらした社会構造の変化を解説すると共に、その変化に追いついていない日本企業の現状を指摘した。

世界初、HoloLens多人数活用! 写真で見るN高入学式、ウルグアイ前大統領も祝辞

世界初、HoloLens多人数活用! 写真で見るN高入学式、ウルグアイ前大統領も祝辞

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は4月5日、東京都港区のニコファーレ、および沖縄伊計本校にて平成29年度 N高等学校ネット入学式を開催した。参加した新入生全員がMR(複合現実)対応ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」を着用。ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ氏や、沖縄にいる奥平 校長らが仮想的に登壇するかたちで行われた。

Win10からAndroidへ、スマホメーカーがOSを切り替えた2つの理由

【連載】山口健太のモバイルNEXT [22] Win10からAndroidへ、スマホメーカーがOSを切り替えた2つの理由

VAIOは3月22日にAndroidスマートフォン「VAIO Phone A」を発表した。Windows 10 Mobile端末として知られる前モデル「VAIO Phone Biz」とまったく同じハードウェアでありながら、OSをAndroidに変更したものだ。

動く位置情報をフルに活かせ、JR東とドコモの「山手線アプリコンテスト」

動く位置情報をフルに活かせ、JR東とドコモの「山手線アプリコンテスト」

JR東日本とNTTドコモが開催した、山手線に設置しているビーコンを活用した「アイデア・アプリコンテスト」。2月20日に、コンテストの上位進出者のプレゼンテーションと、審査が行われた。

インフォテリア、デザイン戦略コンサルの英This Placeを700万英ポンドで買収へ

インフォテリア、デザイン戦略コンサルの英This Placeを700万英ポンドで買収へ

インフォテリアは4月4日、英国に本社を置くデザイン戦略コンサルティング企業のThis Placeの株式の100%取得に本日合意し、2017年4月20日に買収を完了する計画だと発表した。

流通・小売を革新する、4つのAI活用分野

流通・小売を革新する、4つのAI活用分野

話題のAIは小売業にどんなインパクトをもたらすのか。現在考えられる活用分野を整理したのが、リテールテックJAPANにおける三菱総合研究所の講演である。「パーソナライズ化」「在庫最適化」「人員・店員配置最適化」「接客高度化・売場力向上」の4つの分野を例に具体策が示されたので、簡単にご紹介しよう。

小売 × AI/VR、3つの成功ストーリー

小売 × AI/VR、3つの成功ストーリー

AI、IoT、VR/ARなどの実用化が進む中、最新ITの活用で小売業はどこまで変わるのか――リテールテックJAPANでは、マイクロソフトとアクセンチュアの合弁会社アバナードが、こうした問いへのヒントを提示した。

アナリストも驚愕した圧倒的に使いやすいテレビ会議システムの導入メリットとは

【特別企画】アナリストも驚愕した圧倒的に使いやすいテレビ会議システムの導入メリットとは

2016年から、ポリコム社など主要テレビ会議端末メーカーのサポートが順次終了することが予定されている。それにあわせシステムの入れ替え(リプレース)や台数増などの拡張ニーズが、ユーザーの間で増加。これを新たなビジネス機会と捉えた多数のメーカーから、廉価なテレビ会議端末が発売されているが、入れ替えニーズに対応できる製品は多くはない。簡単な設置・操作に加え、付随するサービスやサポートも含め、相互接続性(異なった製品間での接続)や品質(音声・映像など)面から、ユーザの要望に十分に応えられていないからだ。

セルフレジを超えた自動レジも! ローソンが展開するAI/ロボット施策

セルフレジを超えた自動レジも! ローソンが展開するAI/ロボット施策

今後数年での対応必須技術として挙がることの多いAI、ビッグデータ。多くの企業は未だ活用シーンを模索する段階にあるが、すでに積極的に活用し、将来象までを明確に描いているのがコンビ二チェーンのローソンである。

正しいAI開発アプローチとは?

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [4] 正しいAI開発アプローチとは?

前回は、AI(人工知能)のビジネス応用で、目標自体の設定の次に重要な、要求精度(適合率と再現率)について解説しました。それを踏まえ、今回は目標精度の異なる3つの例を紹介するとともに、正しいAI開発アプローチについて説明しましょう。

ギャップ(GAP)やガット(GATT)が命

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [5] ギャップ(GAP)やガット(GATT)が命

今回は、BLEのプロトコルスタックについて、深入りしない範囲で、紹介したいと思います。

見えてきたAIの課題 - 業種を越えたIoT環境を実現するには何が必要か?

見えてきたAIの課題 - 業種を越えたIoT環境を実現するには何が必要か?

ガートナー ジャパンは3月16~17日、「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」を開催。同イベントのソリューション・プロバイダー・セッションでは、NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 次世代技術戦略室 室長 谷中一勝氏が登壇。「"NTTDATA Enterprise IoT and AI"進化するIoTとAIのテクノロジーはどんな顧客価値を、いま生み出そうとしているのか」と題した講演を行った。

Windows 10 Mobileはこれから? VAIOが「VAIO Phone Biz」で狙う法人市場

Windows 10 Mobileはこれから? VAIOが「VAIO Phone Biz」で狙う法人市場

VAIOの「VAIO Phone Biz」が発表されて1年が経過した。OSにWindows 10 Mobileを採用したVAIOオリジナルのビジネスユーザー向けスマートフォンで、エンタープライズやSMBといった市場における採用を狙い、営業活動を強めている。

BYOD時代に適した「MAM」とは?

【連載】5分でわかるビジネスモバイル用語まとめ [8] BYOD時代に適した「MAM」とは?

「Mobile Application Management(MAM)」は、デバイスにインストールされているアプリケーションの管理サービスです。スマートフォンに限らず、タブレットやパソコンにインストールされているアプリケーションをトータルで管理できるものも存在します。

必要なのはトップの「決断」- 国際競争で勝てる企業のあり方と人事の役割

必要なのはトップの「決断」- 国際競争で勝てる企業のあり方と人事の役割

コーナーストーンオンデマンドは2月17日、グローバル企業の経営企画や、人事・人財開発者を対象とした「グローバルタレントマネジメントセミナー」を東京都内で開催した。基調講演には、元P&G米国本社 HR担当VPであり、現在はAIDA LLC代表を務める会田 秀和氏が登壇。「国際競争に勝つ企業作り グローバル能力開発 人事の役割」と題し、グローバルで勝つ企業のあるべき姿と今の日本企業のギャップや、人事部門が向き合うべき課題について鋭く切り込んだ。

ヒト・モノ・カネ・情報を有効活用 - 最新ERPの機能に迫る

【特別企画】ヒト・モノ・カネ・情報を有効活用 - 最新ERPの機能に迫る

「基幹系情報システム」であるERPは、企業の情報戦略に欠かせない重要な存在だ。本稿では、最新のERPについて詳しく知ることができるホワイトペーパーを紹介したい。

ロボット&システムの外販でゲームチェンジャーを目指す「変なホテル」

ロボット&システムの外販でゲームチェンジャーを目指す「変なホテル」

ロボットを活用したホテル「変なホテル」の2号店が3月15日、千葉県浦安市にオープンした。H.I.S.ホテルホールディングスでは、今後もビジネスユースの変なホテルなど、5年間で100軒のホテルを自社で運営する計画。また、システムの外販も予定しており、今後5年で1000件導入という目標を立てている。

AIのリアリティ - AIの精度評価の重要性

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [3] AIのリアリティ - AIの精度評価の重要性

評価指標、特に精度を自ら適切に評価しようとしない分野の研究は衰退します。改善されたか否かが評価できないのですから、当然でしょう。今回は、AIの精度評価について解説します。

文書電子化を進める企業は必読! メリットを最大化する新たなトレンドとは

【特別企画】文書電子化を進める企業は必読! メリットを最大化する新たなトレンドとは

契約書や請求書など法定保存文書の電子化を許容するe-文書法が2005年に施行、2015年9月には電子帳簿保存法省令改正により、国税関係書類の規制緩和が行われ、電子署名が不要となった。そして、2016年3月にはスキャナ保存制度の要件緩和により、スマートフォンやデジタルカメラの利用が許可され、急速に文書の電子化に取り組みやすい環境が整ってきている。

799 件中 501~520件目を表示中

799 件中 501~520件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る