ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

864 件中 461~480件目を表示中

AIの導入・運用を支える人材とは

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [10] AIの導入・運用を支える人材とは

「AIが人々の働き方にどのような影響を与えていくのか」をテーマに解説してきた本連載も、いよいよ最終回です。総括として、AIという道具をうまく活用して生産性を向上させ、現場で働く人の幸福度を増していくプロセスに大きく貢献できる「近未来の情シスの在り方」「情シス部員像」に迫ってみたいと思います。

企業とそこで働く人々に合わせた"働き方変革"でイノベーションを創造

【特別企画】企業とそこで働く人々に合わせた"働き方変革"でイノベーションを創造

内田洋行といえば、オフィス家具やICTソリューションの販売などを手がけるオフィス・インテグレーターとして知られている。その同社が現在、提唱しているキーワードが「働き方変革」だ。ワークスタイルを"改める"のではなく、"変える"こと。「Change Working(チェンジ・ワーキング)」ともうたわれる、このコンセプトのもと「働き方」と「働く場」を最適化するためのさまざまなサービスを展開中の同社だが、なぜ「働く場」だけでなく「働き方」にまでスポットを当て、その「変革」に取り組んでいるのか?

教師なし学習を使ってクラスタリングしてみよう

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [7] 教師なし学習を使ってクラスタリングしてみよう

前回、教師なし学習について説明するなかで、教師なし学習が得意な課題の1つとしてクラスタリングがあることを紹介しました。教師なし学習を使ったクラスタリングでは、クラスタ分けという行為自体が「学習」に相当します。これを踏まえて今回は、具体的なクラスタリング手法について解説していきます。

HR Tech活用に向け、日本企業が直面する課題とは? - 米Workday APJ担当プレジデント

HR Tech活用に向け、日本企業が直面する課題とは? - 米Workday APJ担当プレジデント

日本を含むAPACでもHR Tech導入を検討する企業が増え始めている。その市場に大きな可能性を見いだしているのが、クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を提供する米Workdayだ。日本のHR Tech市場が成長していく上で、課題はどこにあるのか。それに対し、Workdayはどのようにアプローチしていくのか。同社アジア太平洋地区および日本担当プレジデントを務める、デイビッド・ホープ氏にお話を伺った。

駅/空港にTV会議用電話ボックス!? - ブイキューブとレノボの新製品「テレキューブ」とは?

駅/空港にTV会議用電話ボックス!? - ブイキューブとレノボの新製品「テレキューブ」とは?

ブイキューブとレノボ・ジャパンは8月1日、「ビジネスパーソンが安心して働けるセキュアなコミュニケーションスペース」をコンセプトに、コミュニケーションブース「テレキューブ」を発表。同日より販売を開始した。また、活動の一環として「テレキューブコンソーシアム」を設立。テレワーク普及や働き方改革の推進を目指し、テレキューブ導入に向けた提言を行っていくという。

鉄腕アトムの世界は夢物語!? AI×データでビジネスはどう変わるのか

鉄腕アトムの世界は夢物語!? AI×データでビジネスはどう変わるのか

7月21日、22日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京にて開催されたソフトバンクグループの法人向けイベント「SoftBank World 2017」。イベント初日には、ヤフー CSO (チーフストラテジーオフィサー)の安宅和人氏が、「AI×データは世の中をどう変えるか?」をテーマに講演を行った。

国内メガバンクも採用した、Xperiaシリーズの法人展開とは

【連載】山口健太のモバイルNEXT [25] 国内メガバンクも採用した、Xperiaシリーズの法人展開とは

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2017」に、ソニーモバイルコミュニケーションズがブースを出展した。日本国内のAndroidスマートフォン市場でシェア1位のXperiaシリーズだが、その法人展開はどうなっているのだろうか。

情報から価値を生み出す品質保証部門における「書類の電子化」5つのポイント

【特別企画】情報から価値を生み出す品質保証部門における「書類の電子化」5つのポイント

品質保証部門には、さまざまな文書がつきものだ。そして、そこには企業がこれまでに培ってきた大切なノウハウが詰まっている。ビッグデータやオープンデータなど、情報を利活用することの重要性が叫ばれる昨今、蓄積されたノウハウ(データ)をどのように活かすかが、品質保証部門が成長するために重要なポイントとなる。しかし、残念ながら多くの現場では、これらの情報が十分に利活用できる状態で保存されておらず、宝の持ち腐れとなっているのが実態だ。

「教師なし学習」と「教師あり学習」の違い

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [6] 「教師なし学習」と「教師あり学習」の違い

前回までで、「機械学習とは何か」、そして機械学習の手法の1つである「教師あり学習」の仕組みについて説明してきました。今回からは、教師あり学習とは反対の「教師なし学習」について説明していきたいと思います。

パナソニックが始めた一大ベンチャーPJ! シリコンバレーから日本の住宅を変える「HomeX」とは

パナソニックが始めた一大ベンチャーPJ! シリコンバレーから日本の住宅を変える「HomeX」とは

7月26日パナソニックが行った技術セミナーの場であきらかにされた「HomeX」という新たなプロジェクト。未来の住空間を創ることを目的とされたプロジェクトの中身とは。

[講演資料提供] レポート作成ノウハウが盛り沢山 - 小川 卓氏の運用レポート作成講座

[講演資料提供] レポート作成ノウハウが盛り沢山 - 小川 卓氏の運用レポート作成講座

小川 卓氏の講演『データ解析の達人に学ぶ! Google アナリティクス「運用レポート」作成講座』の講演スライドを提供いたします。業種別KPIの設定例や、レポートのサンプルなどもあり、現場ですぐに活かせる実用的な資料です。

エンゲージメントに着目せよ! 人材活用視点で考えるデジタル時代のビジネス変革

エンゲージメントに着目せよ! 人材活用視点で考えるデジタル時代のビジネス変革

クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を展開するワークデイは7月19日、同社のプライベートカンファレンス「Workday Elevate Tokyo 2017」を東京都内にて開催した。今年で3回目を迎える同カンファレンスでは、HR領域の有識者が集い、今後の日本企業が目指すべきグローバル人事の姿について、さまざまな切り口から語られた。本稿では、米Workday アジア太平洋地区および日本担当プレジデント デイビッド・ホープ氏による講演「確信を持ってデジタル時代をリードする」の模様をレポートする。

AIシステムはクラウドとオンプレミスのどちらに置くべきか

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [9] AIシステムはクラウドとオンプレミスのどちらに置くべきか

全10回予定の本連載も残り2回となりました。残る重要なテーマとして今回は、AIを組み込んだシステムの構成要素を「どこに配置するべきか」という課題について、コストやセキュリティ、責任分界点に関する注意点などにも触れながら論じたいと思います。

歩道を自律走行......だけでなく、エレベーターに乗って玄関まで届ける宅配ロボット

歩道を自律走行......だけでなく、エレベーターに乗って玄関まで届ける宅配ロボット

ZMPは7月11〜13日、都内で自社主催イベント「ZMP Forum 2017」を開催。13日には記者発表会を開催し、歩道を自動走行する宅配ロボット「CarriRo Delivery」を発表した。宅配寿司「銀のさら」を展開するライドオン・エクスプレスと提携し、同ロボットを使った宅配寿司の実証実験を開始する。

「塚田農場」がVRをアルバイト研修に導入する狙い

「塚田農場」がVRをアルバイト研修に導入する狙い

居酒屋チェーン「塚田農場」など展開するエー・ピーカンパニーが、「塚田農場」のアルバイトスタッフ対象の研修プログラムにVRを導入すると発表した。あえてVRを研修に入れる狙いとは何か。

最新VRを駆使したアクティビティ施設「VR ZONE SHINJUKU」、歌舞伎町のど真ん中にオープン

最新VRを駆使したアクティビティ施設「VR ZONE SHINJUKU」、歌舞伎町のど真ん中にオープン

7月14日(金)、東京都新宿区の歌舞伎町にて、VRを用いたアミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」がオープンする。本誌は、VR(Virtual Reality : 仮想現実)の今をお伝えするべく、12日に開催された内覧会に参加してきたので、同施設の概要を写真を中心にお伝えしよう。

[講演レポート提供]「変なホテル」の立役者が叱咤激励! ロボットビジネスに必要な心構えとは?

[講演レポート提供]「変なホテル」の立役者が叱咤激励! ロボットビジネスに必要な心構えとは?

6月13日に行われた第47回IT Search+スペシャルセミナーでは、「AI、ロボット、IoTを社会に活かす~人がより幸せになるような未来を創る会社の使命とは?~」と題し、ハウステンボスが展開するロボット事業の立役者である富田直美氏が登壇。先端テクノロジーを活用したビジネスを展開する上で必要な心構えから、変なホテル開業の裏話に至るまで、惜しみなく語られた。

IoTはマンションをどこまで変えるか? シャープら4社が新プロジェクト発表

IoTはマンションをどこまで変えるか? シャープら4社が新プロジェクト発表

シャープなど4社が協業して集合住宅向けIoTソリューション「つたえるーむ」プロジェクトを開始する。個々が持っているソリューションをクラウドでつなげ、居住者が同居者の在室、不在の通知を受け取れたり、来訪者の把握ができるほか、マンションサービスの利便性の向上などが図れるという。

「総務が変われば会社が変わる」月刊総務編集長が披露、働き方改革実践ノウハウ

【特別企画】「総務が変われば会社が変わる」月刊総務編集長が披露、働き方改革実践ノウハウ

世界の先進国と比較して、一人当たりの労働生産性の低さが指摘されている日本。加えて、少子高齢化の影響で深刻化する人手不足、法改正による長時間労働規制への対応などを考えると、働き方改革による「労働生産性の向上」と「労働力確保」は喫緊の課題だ。そんななか6月に開催されたのが「働き方改革フェア」(主催:NECネクサソリューションズ)。同イベントの講演では、「働き方改革が会社を変える! 成功に導くためのポイントとは?」と題した、「月刊総務」編集長の豊田健一氏により、総務主導の働き方改革の方針が示された。ここでは、同講演の内容の一部を紹介しよう。

教師あり学習で作成した「モデル」の性能を測る

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [5] 教師あり学習で作成した「モデル」の性能を測る

前回は機械学習の「教師あり学習」を用いて、パンの名前を入力すると飲み物の名前を出力する「モデル」を作成する方法について説明しました。コンピュータが学習を終えた後のモデルは、未知のデータに対する予測にも使えるようになります。しかし、本当に適切な結果を出力してくれるのでしょうか。そこでカギを握るのが、モデルの性能です。今回は教師あり学習で作成したモデルの性能を測る方法について説明します。

864 件中 461~480件目を表示中

864 件中 461~480件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る