ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

864 件中 421~440件目を表示中

[講演レポート提供]実力至上主義の世界をどう生き抜くか? 経験者が語る「プロフェッショナルの心得」

[講演レポート提供]実力至上主義の世界をどう生き抜くか? 経験者が語る「プロフェッショナルの心得」

第56回IT Search+スペシャルセミナーでは、読売ジャイアンツで活躍した元野球選手の鈴木尚広氏が講師として登壇。競争の激しいプロ野球の世界で、度重なるけがと戦いながらも「代走のスペシャリスト」として活躍した鈴木氏が、自身の経験を基に、プロフェッショナルの心構えについて解説を繰り広げた。

技術の追求だけがイノベーションを生むわけではない! 「Wonder推進室」が示す、これからのパナソニック

技術の追求だけがイノベーションを生むわけではない! 「Wonder推進室」が示す、これからのパナソニック

かつては総合家電メーカーとしてのイメージが強かったパナソニックだが、近年はBtoB事業へ力を入れている。同社のWonder推進室は、新規事業を応援しながら、パナソニックの新しいブランドイメージを積極的に打ち出していく部門で、これまでさまざまなBtoBの取り組みを多数仕掛けてきた。

目指すは「もっといいクルマ」- 3DデータとxR技術を活用するトヨタの挑戦

目指すは「もっといいクルマ」- 3DデータとxR技術を活用するトヨタの挑戦

デルと日本マイクロソフトは9月25日、都内で産業向けVRセミナー「VR / ARの現状と今後」を開催。事例講演に登壇したトヨタ自動車 エンジニアリング情報管理部 情報管理企画室 主幹 栢野浩一氏は「トヨタの3Dデータ活用事例 - xRを用いて」と題し、xR(VR/AR/MR/HoloLens)を用いたサービス領域での適用事例を紹介した。

成功への近道は「実体験」にアリ! VRのビジネス活用が秘めるポテンシャル

成功への近道は「実体験」にアリ! VRのビジネス活用が秘めるポテンシャル

デルと日本マイクロソフトは9月25日、都内で産業向けVRセミナー「VR/ARの現状と今後」を開催した。基調講演にはデルの最高技術責任者 黒田晴彦氏が登壇。「VR 新時代にむけたDell Technologiesの取り組み − 爆発的普及期を目前に控え、大きく広がるVRの可能性 −」と題し、VR(Virtual Reality)の歴史や事例、今後の可能性について解説した。

[設計] 強く、賢く育てるAI設計の勘所

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [4] [設計] 強く、賢く育てるAI設計の勘所

今回は、読者の皆様がもし実ビジネスにおいてAIを導入し、活用していく立場になった時、AIとどのように向き合って技術設計していくかについて考えていきたいと思います。

[講演レポート提供]AI活用が成功への近道! 成長したい企業に贈る「正しい働き方改革」のススメ

[講演レポート提供]AI活用が成功への近道! 成長したい企業に贈る「正しい働き方改革」のススメ

9月6日に行われた第54回IT Search+スペシャルセミナーでは、クロスリバー 代表取締役社長 CEO 越川慎司氏が登壇。かつて日本マイクロソフトで役員としてofficeビジネスを統括していた越川氏は、多くの企業の働き方改革を支援してきた。その経験を元に起業し、現在はクラウドとAIを駆使した働き方改革の推進支援を行っている。講演では、本当の意味で成果が得られる働き方改革の在り方について、さまざまな視点から解説が繰り広げられた。

日本でプロゲーマーを育てるには? 国内e-Sportsの未来が秘めるポテンシャル

日本でプロゲーマーを育てるには? 国内e-Sportsの未来が秘めるポテンシャル

デジタルメディア協会は9月7日、「AMDシンポジウム2017」を開催した。テーマは「世界を席巻するe-Sports」。e-Sportsとは、コンピュータゲーム・ビデオゲームで対戦する競技のことで、世界ではスポーツの一種として認知されている。本稿では、シンポジウム第2部で行われたパネルディスカッション「国内e-Sportsの明日」の模様をレポートする。

おさらい! 機械学習(その2)

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [10] おさらい! 機械学習(その2)

前回に引き続き、今回も機械学習のおさらいです。今回は本連載の第5回以降の内容を簡単におさらいした後、皆さんからいただいた質問に答えていきます。

なぜ日本はe-Sportsで世界に取り残されたのか? シンポジウムで有識者が討論

なぜ日本はe-Sportsで世界に取り残されたのか? シンポジウムで有識者が討論

デジタルメディア協会(AMD)は9月7日、「AMDシンポジウム2017」を都内にて開催した。テーマは「世界を席巻するe-Sports」。副題に「取り残された日本の挑戦」を掲げ、国内外におけるe-Sportsの現状確認、および日本におけるe-Sportsの将来について有識者らによるパネルディスカッションが行われた。「e-Sportsの潮流」と題して行われた第1部のパネリストには慶應義塾大学大学院教授 中村伊知哉氏、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア VP 松本義紀氏、Twitch Broadcaster Success 中村鮎葉氏が登壇。モデレーターは慶応義塾大学大学院 特別招聘教授の夏野剛氏が務めた。

ついにIoTの硬式野球ボール登場! お手軽に「キレ」を計測、秋からプロも活用

ついにIoTの硬式野球ボール登場! お手軽に「キレ」を計測、秋からプロも活用

アクロディアは9月25日、9軸センサー内蔵の硬式野球ボール「TechnicalPitch」を発表した。硬式野球ボールの中心部にセンサーを搭載。ボールの回転数、回転軸、球速、球種、変化量、腕の振りの強さ/時間などを取得できる。

自動運転の実用化に向けて「乗り越えるべき課題」と「ビジネス創出のヒント」

自動運転の実用化に向けて「乗り越えるべき課題」と「ビジネス創出のヒント」

9月7日、8日の2日間にわたって都内で開催された、東陽テクニカ主催による「東陽ソリューションフェア 2017」。初日の基調講演には、日本自動車研究所 ITS研究部 部長 谷川浩氏が登壇した。同氏は、「日本自動車研究所における自動運転に関する取組み」と題し、日本自動車研究所(JARI)が取り組む認識・判断DBやセキュリティ対策、安全設計といった委託研究事業の概要を紹介するとともに、自動運転の開発に必要な大量データの獲得や自動バレーパーキング実用化に向けた取り組みなどに関する最新のトピックスについて言及した。

長時間労働の原因「ムダ・ムラ・ムリ」の正体 - 働き方改革のすすめ

【特別企画】長時間労働の原因「ムダ・ムラ・ムリ」の正体 - 働き方改革のすすめ

日本では少子高齢化により、2015年には7700万人いた生産年齢人口が、2065年には4500万人になると推計されている。また、2040年には経済成長率はマイナス成長の時代に突入するという説もあり、このままでは企業活動、日本経済が立ち行かなくなってしまう。経済成長率1.5~2%を達成するための条件としては、「人口1億人」「労働生産性を世界トップレベルにする」が挙げられている。そのためには、育児・介護・治療などのさまざまなライフイベントがあっても働き続けられる「多様な働き方」を可能にし、人口減少、少子高齢化の一因ともなっている「長時間労働」を抑制することが必要だ。また企業の存続のためにも、「働き方改革」に取り組んでいくことが大切となる。

最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

【特別企画】最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

金融サービス企業ではほかの業界よりも、より早くより積極的にデータソリューションへの投資を行っている。しかし、金融サービスデータは、維持費の高い多数のリポジトリのサイロ内に断片化される傾向も。そのため、レポートの品質は疑わしいものとなり、作成にも時間を要してしまう。このような柔軟性の欠如により、詐欺行為、不正取引の摘発、規制リスクに関する照会に対して、迅速な対応ができていない企業が多い。先進的な金融サービス企業では、Hortonworks Data Platformの採用により、これらの課題に対応し、リスクを最小限に抑え、営業利益を向上させている。ここでは、そんな事例の一部を紹介しよう。

現場の声から始める働き方改革!従業員の声から浮き彫りになった課題とは

【特別企画】現場の声から始める働き方改革!従業員の声から浮き彫りになった課題とは

「一億総活躍社会」の実現に向けて「働き方改革」が政府により推進されている。その背景にあるのが、労働人口の減少や少子高齢化、長時間労働だ。効率的で多様な働き方を推進することで、働きたい人が働ける社会を実現し、従業員の生産性向上と、個々人が仕事と暮らしの調和をとれるよう環境を整備していくことが、今、企業に求められている。

[業務] やってみよう!AI業務適用検討

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [3] [業務] やってみよう!AI業務適用検討

今回は、前回同様にNTTデータが受託した経済産業省の調査プロジェクトおよびその他事例を踏まえながら、特に「実業務へのAI適用検討」にフォーカスを当てて、AI導入プロジェクトにおける実行面、実際に現場へAI適用する場合の勘所を解説していきます。

おさらい! 機械学習(その1)

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [9] おさらい! 機械学習(その1)

前回までに、機械学習でメジャーな3つの手法「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」について説明しました。今回はおさらいとして、ここまで学んできたことを振り返るとともに、皆さんからいただいた疑問に答えていきたいと思います。

「走行画像データ×AI」でスバルが挑む自動運転の次なるステップとは?

「走行画像データ×AI」でスバルが挑む自動運転の次なるステップとは?

東陽テクニカ主催による「東陽ソリューションフェア 2017」が、9月7日、8日の2日間にわたって都内で開催された。初日の基調講演には、SUBARU 統合制御統括上級PGMの樋渡穣氏が登壇。「スバル アイサイトの開発責任者が考える自動運転の意義について」と題する同氏の講演では、同社独自の運転支援システム「アイサイト」の28年にわたる開発の歴史と、この先の自動運転技術や、それを支える品質向上技術について解説がなされた。

人事部門が語るIT活用の「今」- 米Cornerstone OnDemand タレント担当VP

人事部門が語るIT活用の「今」- 米Cornerstone OnDemand タレント担当VP

タレントマネジメントソリューションを提供する企業の人事担当者の目には、人事業務にテクノロジーを活用すること、そして自社ソリューションはどう映るのか。タレントマネジメントソリューション「コーナーストーン」を提供する米Cornerstone OnDemandにてタレント担当バイスプレジデントを務めるキンバリー・キャサディ氏に、同社の人事業務への取り組みを交えつつ、業務でのテクノロジー活用についてお話を伺った。

[講演資料提供] ビジネス成長にも効く働き方改革とは? - AI × 働き方改革セミナー

[講演資料提供] ビジネス成長にも効く働き方改革とは? - AI × 働き方改革セミナー

「働き方改革では、会社の成長も不可欠。社員の幸せだけを追求していては成り立ちません」――こう語るのは、多くの企業に対してビジネスを成長させる働き方改革のコンサルティングサービスを提供する越川 慎司氏だ。

IoTタンクトップに、ライブ熱気の定量化も - Microsoft Japan Partner Conferenceレポート

IoTタンクトップに、ライブ熱気の定量化も - Microsoft Japan Partner Conferenceレポート

日本マイクロソフトが9月1日に開催した「Microsoft Japan Partner Conference 2017 Tokyo ~ Inspire Japan!」の基調講演では、北國銀行とFIXER、ミツフジとソフトバンク・テクノロジー、エイベックス・グループ・ホールディングス、Preferred Networksらが登壇。各企業の施策が具体的に紹介された。

864 件中 421~440件目を表示中

864 件中 421~440件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る