マイナビニュースマイナビ

ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

1093 件中 21~40件目を表示中

MaaSとペイメントの観点から地域をサポート - トヨタファイナンスが描く未来とは

MaaSとペイメントの観点から地域をサポート - トヨタファイナンスが描く未来とは

インフキュリオンは10月18日~22日、「Embedded Finance」をテーマにしたオンラインカンファレンス「Embedded Finance Week 2021」を開催した。企業が顧客に提供するサービスに金融機能を組み込むEmbedded Financeは、デジタル化を起点としたビジネスの潮流の一つとなっている。本稿ではカンファレンスから、トヨタグループ国内唯一の金融会社であるトヨタファイナンスの取り組みについてレポートする。

[大学教育]遠隔授業の先にある「スマートキャンパス」は、教育をどう変えるか?

【特別企画】[大学教育]遠隔授業の先にある「スマートキャンパス」は、教育をどう変えるか?

ICT教育が加速するなか、授業の在り方は、これまでのような固定席についた大勢の生徒を前に教鞭を執るものから姿を変えつつある。こと大学教育でいえば、新型コロナの影響もあって、国内にある大学のうち8割以上が、対面とオンラインを併用したハイブリッド型授業の実施を方針として打ち出している状況だ。しかし、単に授業の場をオンラインに移すだけでは、ICTの効果は発揮されない。学外を含むさまざまな人、情報、デバイス、アプリに対していつでもどこからでもつながることができる――そんな「スマートキャンパス」と呼ばれる環境づくりが、ICTで教育の質的向上を図っていくうえでは必要となる。

デジタルシフト社、アソビュー、日本テーマパーク開発が事業提携を発表 - レジャー施設経営のDXを推進

デジタルシフト社、アソビュー、日本テーマパーク開発が事業提携を発表 - レジャー施設経営のDXを推進

デジタルシフト社、アソビュー、日本テーマパーク開発は10月14日、レジャー施設経営のDX支援を加速させるため、事業提携を開始したと発表した。今後3社は、アソビューを主な窓口として、レジャー施設のDX推進や経営支援を求める事業主に対し、現場オペレーション、電子チケットシステム、DX人材・戦略支援の3分野においてサポートを行っていく。

「社員は家族」ではなく「大切な他人」- 従業員のエンゲージメント向上に必要なものとは何か

「社員は家族」ではなく「大切な他人」- 従業員のエンゲージメント向上に必要なものとは何か

「社員は家族」――昭和時代における"理想の日本企業"の在り方の根本には、こうした家族主義的な考え方があった。しかし、雇用が流動化し、ジョブ型雇用時代に移りゆくなか、メンバーシップ型雇用の価値観は時代にそぐわなくなってきている。9月28日にオンライン開催されたTECH+スペシャルセミナー「社内外の環境変化に対応できる労務管理へ」の基調講演で大室産業医事務所 代表取締役 大室正志氏は、これからの時代に求められる従業員のエンゲージメントを高めていく方法や考え方について、産業医の立場から解説した。

必要なのは主体性 - 従業員の個人事業主化を進めるタニタの狙い

必要なのは主体性 - 従業員の個人事業主化を進めるタニタの狙い

9月9日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革 Day 2021 Sept.」に、タニタ 経営本部社長補佐/合同会社あすある 代表社員 二瓶琢史氏が登壇。「個人の主体性を高める」という視点で進めているタニタの働き方改革の詳細について解説を繰り広げた。

旭化成はDX推進でどんな未来を描くのか? 巨大グローバル企業の挑戦

旭化成はDX推進でどんな未来を描くのか? 巨大グローバル企業の挑戦

旭化成が近年、デジタルテクノロジーの活用で大変革を起こしている。2021年4月にはデジタル専門部署を新設し、DXを強力に推し進めているのだ。9月7日に開催されたTECH+フォーラム「製造業 DX Day 2021 Sept.事例で学ぶDX推進~課題と成功の勘所~」に、旭化成 デジタル共創本部 スマートファクトリー推進センター 兼 デジタルマーケティング推進センター センター長の原田典明氏が登壇。同社が取り組むDXの詳細について語った。

データ入力業務から人を解放するAI-OCR - 導入を成功させる3つのポイントとは

データ入力業務から人を解放するAI-OCR - 導入を成功させる3つのポイントとは

AIの活用は、企業において業務を大きく効率化できる可能性を秘めている。例えば、「書類に記載されているデータを目視で確認し、Excelに手入力する」といった業務は、AI-OCRで自動化が可能だ。もっとも、ただ導入すれば良いというわけではない。AI-OCR活用を成功に導くには、ポイントを絞って製品を選び、しっかりと計画を立てて導入する必要がある。

IPAが「DX白書」 - 日米企業の比較で浮き彫りになるDXの現実

IPAが「DX白書」 - 日米企業の比較で浮き彫りになるDXの現実

IPA(情報処理推進機構)は10月11日、日米企業におけるDX動向を比較調査し、戦略・人材・技術の面からDX推進の現状や課題などを包括的に解説する「DX 白書 2021」の発刊に合わせ、オンラインで記者説明会を開催した。

変質する社会で企業が生き残るために、人事部門は何を意識するべきか?

変質する社会で企業が生き残るために、人事部門は何を意識するべきか?

コロナ禍で在宅勤務を導入する企業が急増し、それに伴って「働くこと」に対する価値観の転換も起きている。その影響を大きく受けるのは、「働く人」で構成される企業組織である。9月9日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革 Day 2021 Sept.」には、HRエグゼクティブコンソーシアム 代表 楠田祐氏が登壇。これからの企業人事が重視すべきポイントについて語った。

[事例]公立小中学校 1 人 1 台環境で選ばれる Chromebook™。その機種選びのポイントとは?

【特別企画】[事例]公立小中学校 1 人 1 台環境で選ばれる Chromebook™。その機種選びのポイントとは?

1 人 1 台環境で選ばれることの多い Chromebook。数ある機種のなかでも、多くの自治体、教育機関で採用されているのが、デル・テクノロジーズが提供する2-in-1型の「Dell Chromebook 3100 2-in-1」だ。本稿では福岡県福岡市と兵庫県姫路市、沖縄県にある国頭群東村と琉球大学教育学部付属小学校・中学校の事例をもとに、Dell Chromebook 3100 2-in-1 が選ばれる理由についてみていきたい。

「いいちこ」の三和酒類が取り組む業務革新 - AI×RPA導入の成果は?

「いいちこ」の三和酒類が取り組む業務革新 - AI×RPA導入の成果は?

「いいちこ」で知られる伝統ある総合醸造企業、三和酒類。同社では2019年よりRPAの導入を進め、業務の効率化を進めてきた。さらに最近ではAIの活用にも取り組むなどDXを推進している。一見するとデジタルとは縁遠く思える酒造メーカーが、なぜ最先端のテクノロジー導入を始めたのか。9月8日に開催された「UiPath AI EXPO 3.0」に同社 サポート本部 システム室 副部長 山本崇広氏が登壇。RPA、そしてAIに取り組んだ背景と、導入の成果について語った。

企業の成長を支える管理部門が"バックオフィス2.0"へと進化するには?

企業の成長を支える管理部門が"バックオフィス2.0"へと進化するには?

9月9日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革 Day 2021 Sept.本質的な企業改善から導く『働き方改革』主導法」では、あまねキャリア 代表取締役の沢渡あまね氏が登壇。「『バックオフィス2.0』これからの管理部門のあり方」と題し、企業の屋台骨を支える管理部門が、どのようなアプローチをとっていくべきかについて解説を繰り広げた。

日本IBM、サステナビリティ経営の実現に向けた支援サービスを拡充

日本IBM、サステナビリティ経営の実現に向けた支援サービスを拡充

日本IBMは10月4日、オンラインで記者説明会を開催し、グローバルで展開しているサステナビリティ(持続可能性)経営の実現に向けた包括的なサービスを拡充し、「サステナビリティ成熟度診断」と「戦略策定支援」を10月から開始すると明らかにした。

VUCA時代の今、総務部門は何をなすべきか? 自ら変化を起こすためのDXとは

VUCA時代の今、総務部門は何をなすべきか? 自ら変化を起こすためのDXとは

コロナ禍によりテレワークが広がるなど働き方が大きく変わりつつある今、企業の総務部門は何をすべきなのか――月刊総務社 代表取締役/戦略総務研究所 所長 豊田健一氏は、「"戦略総務"に進化して変化を主導せよ」と提言する。本稿では、9月9日にオンラインで開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革 Day 2021 Sept.」にて、「総務のDX」をテーマに語られた豊田氏の講演内容をレポートする。

〔教員/生徒/保護者が語る〕一人一台端末って実際どうなの? 高校教育における「ICT導入・活用のホンネ」

【特別企画】〔教員/生徒/保護者が語る〕一人一台端末って実際どうなの? 高校教育における「ICT導入・活用のホンネ」

GIGAスクール構想の実現に向け、全国の公立小・中学校でICT環境の整備が進められている。ただ、高校教育に目を向けると、2021年度中に整備の完了が見込まれている自治体の数は、47ある都道府県のうち17にとどまっている。公立高校の場合は国による端末配備の補助が部分的なものとなるため、小・中学校と比べるとどうしても慎重に検討を進めざるを得ない状況だ。端末は機種指定とすべきかBYODにすべきか、どんなOSやスペックのものを選択すべきか、......こうした疑問に対するヒントとして、本稿では日本マイクロソフトが公表するとあるレポートを紹介したい。

"3つのDX"でヤマハ発動機が目指す世界とは?

"3つのDX"でヤマハ発動機が目指す世界とは?

TECH+フォーラム「製造業DX Day 2021 Sept.事例で学ぶDX推進~課題と成功の勘所~」では、ヤマハ発動機 IT本部 執行役員 IT本部長 山田典男氏が登壇。「ヤマハ発動機におけるDXの取組み」と題し、これら3つのDXが進む背景から具体的な取り組み内容、今後の方向性について解説がなされた。

【特別対談】社員の「働きがい」を高めるには? - 企業成長に必要な経営者の姿勢

【特別対談】社員の「働きがい」を高めるには? - 企業成長に必要な経営者の姿勢

8月25日に開催されたTECH+スペシャルWebセミナー「働きがいと企業成長を共に実現する経営者の役割」では、一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授の楠木建氏と、スリーオーク 代表取締役の塩澤正徳氏、そして伊澤 代表取締役専務の伊澤英太氏が登壇。社員の働きがいを高め、モチベーションを引き出しながら企業成長を実現するために必要な考え方と、経営者としての姿勢について対談を行った。

営業にこそDXを! 購買プロセスが劇変した今、営業手法の"肝"となるのは?

営業にこそDXを! 購買プロセスが劇変した今、営業手法の"肝"となるのは?

「営業とはお客さまを訪問して足で稼ぐもの」――そう考えている営業担当者は多いのではないだろうか。もちろん、足で稼ぐのも営業の重要なスタイルの一つだが、それだけでは不十分なのが今という時代なのだ。「営業にこそDXが必要」と主張するのは、元キーエンスで社内ベンチャー立ち上げや経営に携わり、現在はアペルザ 代表取締役社長 CEOを務める石原誠氏である。

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

データドリブン経営を成功させるには? ヤマト運輸が進める経営構造改革

データドリブン経営を成功させるには? ヤマト運輸が進める経営構造改革

8月27日に開催された「ビジネスフォーラム事務局 × TECH+フォーラム DX Day 2021 Aug.DXの要は経営者の視座」に、ヤマト運輸 執行役員 デジタル機能本部 デジタルデータ戦略担当 中林紀彦氏が登壇。データドリブン経営を成功させるために必要な視座について語った。

1093 件中 21~40件目を表示中

1093 件中 21~40件目を表示中

ページの先頭に戻る