マイナビニュースマイナビ

ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

1093 件中 261~280件目を表示中

年あたり30日分もの作業量を圧縮。調査結果から紐解く、「専用デバイス」が生産性向上に効く理由

【特別企画】年あたり30日分もの作業量を圧縮。調査結果から紐解く、「専用デバイス」が生産性向上に効く理由

高性能なデバイスを従業員に配布すれば労働生産性は向上する――イメージとしては世に浸透しているものの、「なぜ?」「どのように?」という問いに対して回答できる方は、多くは無いだろう。デルの委託のもとForrester Consultingが実施した調査結果では、今挙げた「なぜ?」「どのように?」が明確に示されている。詳しくみていこう。

収入アップにつながる食事をAIがアドバイス! 「WorkUp AI」がスタート

収入アップにつながる食事をAIがアドバイス! 「WorkUp AI」がスタート

株式会社シグナルトークは、仕事のパフォーマンス改善につながる食事をAIがアドバイスし、生涯収入アップにつなげる世界初のサービス「WorkUp AI」を1月29日(水)から正式にスタートすると発表した。

未来のクルマはここまでできる! データ活用が後押しする自動車社会の発展

未来のクルマはここまでできる! データ活用が後押しする自動車社会の発展

12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、日産自動車総合研究所 モビリティ・サービス研究所 エキスパートリーダー 上田哲郎氏が、最新のコネクティッドカー技術や今後の展望などについて解説した。

不測の事態で業務を止めないために――BCP/DR対策と業務改善、コスト削減を同時に実現するバックアップソリューション

【特別企画】不測の事態で業務を止めないために――BCP/DR対策と業務改善、コスト削減を同時に実現するバックアップソリューション

データ損失や業務システムの停止は、業務自体の停止につながりかねない。これは言うまでもなく事業者にとって大きなリスクであり、そのリスクを解消するためにもバックアップ運用はきわめて重要だ。

新生銀行がデジタル技術とデータ活用で挑む新しいビジネスのかたちとは?

新生銀行がデジタル技術とデータ活用で挑む新しいビジネスのかたちとは?

12月13日に都内で開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、新生銀行 常務執行役員 兼 株式会社アプラス 代表取締役社長 清水哲朗氏が登壇。「新生銀行が目指す『価値共創型ビジネス』とは」と題し、同社が取り組む金融機能のプラットフォーム化と価値共創に向けた事業戦略を解説した。

金融データの可視化は人に何をもたらすか? - マネーフォワードの取り組み

金融データの可視化は人に何をもたらすか? - マネーフォワードの取り組み

去る12月13日、「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」が都内にて開催された。9つ用意されたKeynoteの1つには「金融データが行動を変える」と題し、マネーフォワード 取締役執行役員 マネーフォワード Fintech 研究所長 瀧俊雄氏が登壇。同社が「行動変容」に対してどのように金融データを活用しているか、その取り組みについて紹介した。

音声メディアから、社会の音声インフラへ -VoicyがCIを刷新した理由

【連載】ミッションステートメント ~企業が込めた想い~ [15] 音声メディアから、社会の音声インフラへ -VoicyがCIを刷新した理由

立ち上げから約3年で急成長を遂げている音声メディア「Voicy」。2019年10月にはCI(コーポレート・アイデンティティ)を刷新し、「音声で社会をリデザインする」という新たなミッションを打ち出した。代表取締役CEOの緒方憲太郎氏に、CI刷新の経緯やミッションの言葉に込められた思いについて聞いた。

IoT×AIで描く未来 - データ活用で脱「モノ」売りを目指すパナソニック

IoT×AIで描く未来 - データ活用で脱「モノ」売りを目指すパナソニック

パナソニック ビジネスイノベーション本部 エッジコンピューティングPFプロジェクト CEO 宮崎秋弘氏は、12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」のKeynoteに登壇。IoTとAIを活用したプラットフォーム「Vieureka」の導入事例を紹介するとともに、エコシステム拡大によるIoT×AIの未来について語った。

転機を迎える百貨店業界の今 - 三越伊勢丹だからこそ実現可能なDX戦略

転機を迎える百貨店業界の今 - 三越伊勢丹だからこそ実現可能なDX戦略

12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム2019 Winter for データ活用」では、三越伊勢丹ホールディングス デジタル事業部 事業企画・管理ディビジョンにてプランニングリーダーを務める内田浩樹氏が登壇。同社におけるデータ活用とDX戦略について語った。

日本の農業を「もうかる農業」へ! クボタが挑むスマート農業

日本の農業を「もうかる農業」へ! クボタが挑むスマート農業

12月13日に都内で開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、クボタ 特別技術顧問 工学博士 飯田 聡氏が登壇。「農業を強いビジネスに! クボタの次世代ビジョン」と題し、担い手農家が直面する課題の解決に向けたデータ活用や、自動化/無人化による超省力化、軽労化技術などについて語った。

実践者が語る! 「好き」が仕事になる時代のキャリアの築き方

実践者が語る! 「好き」が仕事になる時代のキャリアの築き方

12月11日に開催された第134回IT Search+スペシャルセミナーでは、「好きなことで大活躍している人」を代表して、日本マイクロソフト エバンジェリスト/業務執行役員業務執行役員 西脇資哲氏、"チョコミント好き大学生"として知られるうしくろ氏、VRアーティストとしてグローバルに活動するせきぐちあいみ氏が登壇。"好きを仕事にする時代"のキャリアをテーマにしたパネルディスカッションが行われた。

創業101年目を迎えたパナソニックが切り開く、働き方改革「第三の道」

創業101年目を迎えたパナソニックが切り開く、働き方改革「第三の道」

11月27日に開催された「マイナビニュースフォーラム2019 Autumn for 働き方改革」では、パナソニック コネクティッドソリューションズ社 常務 CDO/CIO 榊原洋氏が登壇。「100年企業 パナソニックが挑む! 会社風土から変える『働き方改革』」と題した講演を行った。

人材育成にツール活用、PoCに着目したサントリー流AIへの取り組み

人材育成にツール活用、PoCに着目したサントリー流AIへの取り組み

DataRobot社は11月20日、プライベートカンファレンス「AI Experience 2019 Tokyo」を都内にて開催した。本稿では、同カンファレンスでサントリーシステムテクノロジー 先端技術部 マネージャー 津田新吾氏が登壇した講演「サントリーのAI取組みご紹介」の模様をお届けする。

無駄をなくすためにデータ活用を浸透させる、インティメート・マージャー代表の一貫した想い

【連載】ミッションステートメント ~企業が込めた想い~ [14] 無駄をなくすためにデータ活用を浸透させる、インティメート・マージャー代表の一貫した想い

約4.7億件のオーディエンスデータを提供するデータマネジメントプラットフォーム(DMP)専業最大手のインティメート・マージャー。2019年10月には東証マザーズへの上場を果たした。代表取締役社長の簗島亮次氏に、創業時から一貫している強い企業理念の裏にある想いについて聞いた。

重視するのは「社員の成長」- 全日空商事が挑む働きがいの創出

重視するのは「社員の成長」- 全日空商事が挑む働きがいの創出

マイナビニュースは11月27日、「マイナビニュースフォーラム 2019 Autumn for 働き方改革」を都内にて開催した。その特別講演には、全日空商事 人財開発室の村野啓乃氏が登壇。同フォーラムにて監修を務めたクロスリバー 代表取締役 越川慎司氏を聞き手に、「"働きやすさ"から"働きがい"へ~全日空商事の地道な挑戦~」と題した講演を行った。

[講演資料] 「好きなことを仕事にする時代」のキャリアの考え方

[講演資料] 「好きなことを仕事にする時代」のキャリアの考え方

2部構成で開催された第134回IT Search+スペシャルセミナーの第1部では、マイクロソフトの業務執行役員でありながら、ラジオ番組でMCを務めたり、ドローンビジネスで注目を浴びたりと多方面で活躍するエバンジェリスト 西脇資哲氏が登壇。社会や働き方、コミュニケーションの変化を踏まえつつ、「好きなことを仕事にする時代の考え方」について説いた。

[講演資料] 自己プロデュースを成功させるには? - 中北朋宏氏

[講演資料] 自己プロデュースを成功させるには? - 中北朋宏氏

第133回IT Search+スペシャルセミナーは、元お笑い芸人というユニークな経歴を生かし、"お笑い"をキーワードにした事業を展開する株式会社俺 代表 中北朋宏氏が登壇。適切なコミュニケーションで相手の感情を誘導し、思い通りの印象を与える自己プロデューステクニックについて解説を繰り広げた。

「高性能パソコン×クラウドサービス for Office365」による業務生産性の向上

【特別企画】「高性能パソコン×クラウドサービス for Office365」による業務生産性の向上

業務上で数万行、数十万行といった量のデータを取り扱うことが当たり前となっている中、「データの集計だけで多くの時間が割かれてしまう」「処理を待っている時間がもったいない」といった悩みを業務上で抱える方は多いのではないだろうか。現在利用している業務パソコンのスペックを1つ上げるだけで、こうした課題は解消することができる。

主体性を高めよ! 社員の「学び方」に着目したラックの働き方改革

主体性を高めよ! 社員の「学び方」に着目したラックの働き方改革

マイナビニュースは11月27日、「マイナビニュースフォーラム2019 Autumn for 働き方改革」を開催した。その特別講演には、ラック 常務執行役員 CTO SIS事業統括部長 兼 アジャイル開発センター長の倉持浩明氏が登壇。働き方改革の推進に併せて社員の「学び方」を改革した同社の事例を紹介した。

大切なのはAIとの「共働き力」!  文系AI人材を育てるZOZOテクノロジーズ

大切なのはAIとの「共働き力」! 文系AI人材を育てるZOZOテクノロジーズ

DataRobot社は11月20日、プライベートカンファレンス「AI Experience 2019 Tokyo」を都内にて開催した。さまざまな業種別セッション/事例講演が実施されたなかから、本稿では、ZOZOテクノロジーズ AI・プロジェクト推進部 部長 野口竜司氏による講演の模様をレポートする。

1093 件中 261~280件目を表示中

1093 件中 261~280件目を表示中

ページの先頭に戻る