ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

429 件中 161~180件目を表示中

Windows 10でLinuxを使う (その29) - Linuxのシャットダウン(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [142] Windows 10でLinuxを使う (その29) - Linuxのシャットダウン(未来編)

Windows 10 春のアップデートで、WSLで動作するプロセスをバックグラウンドで動作させることが可能になった。これでWSL活用の幅が広がったわけだが、「バックグラウンドで動作しているプロセスをまとめて終了する方法がない」ということにお気づきの方もいるのではないだろうか。

列挙型

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [19] 列挙型

前々回と前回でデータを格納する方法として配列とハッシュテーブルについて取り上げた。今回はデータを格納する目的ではないが、PowerShell Coreでスクリプトを作成するにあたって重要になってくる列挙型について取り上げる。列挙型はプログラミングをしたことがない場合には存在意義がよくわからない機能のひとつだが、とても便利な機能なので早めに馴れておいた方がよい。

パッケージ管理システム「Snap」(その3)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [141] パッケージ管理システム「Snap」(その3)

2つのパッケージ管理システムを同時に使用するとインストール物が衝突して使い物にならないような気がするが、Snapは単体での独立性が高く、aptなどのデフォルトのパッケージ管理システムと同時に利用できるという特徴がある。今回はSnapがどのような仕組みを使っているのか、ちょっとだけ入り口を覗いてみよう。

ハッシュテーブル

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [18] ハッシュテーブル

PowerShell Coreには「ハッシュテーブル」と呼ばれるデータ格納方法が用意されている。ハッシュテーブルにはインデックスがなく、その替わりに鍵を指定する。。ハッシュテーブルはPowerShell Coreにおけるデータ格納方法として基本的なもののひとつであり、使い方を知っておく必要がある。

パッケージ管理システム「Snap」(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [140] パッケージ管理システム「Snap」(その2)

Snapを使ってパッケージ管理を行うには、システムに用意されているパッケージ管理システムを使って「snapd」というパッケージをインストールすればよい。管理は「snap」というコマンドを使って実施する。使い方は「apt」や「yum」など、現在代表的なパッケージ管理システムとほぼ同じだ。

配列

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [17] 配列

PowerShell Coreはデータ型として配列を提供している。配列を作るにはカンマ区切りで並べて変数を定義すればよいが、要素数1個や0個の配列を作るには専用の定義方法が必要になる。

パッケージ管理システム「Snap」(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [139] パッケージ管理システム「Snap」(その1)

Linuxユーザーには頭の痛い問題だと思うが、今後数年の間はどのLinuxディストリビューションでも2つのパッケージ管理システムを使うことになりそうだ。Ubuntuであれば「apt」と「snap」だ。aptで事足りていたのに、なぜ新たにsnapを使う必要があるのか。その大きな理由の1つは、snapのほうが管理が簡単になるからだ。

自動変数

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [16] 自動変数

PowerShell Coreには実行中にPowerShell Coreによって生成される「自動変数」がある。自動変数はすべて覚える必要はなく、利用頻度の高いものを覚えておけばよい。

Windows 10でLinuxを使う (その28) - Ubuntuアップグレード

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [138] Windows 10でLinuxを使う (その28) - Ubuntuアップグレード

Windows 10でUbuntuを使い続ける場合、基本的には2年ごとに最新のLTS版へアップグレードすることになる。LTSのアップグレード対象となるUbuntu 18.04.1 LTSが公開されたこともあり、今が良いタイミングだ。今回はこのアップグレード方法について紹介しよう。

ユーザ設定変数

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [15] ユーザ設定変数

PowerShell Coreにはユーザ設定変数(Preference Variable)と呼ばれる変数が存在している。これはPowerShell Coreの挙動に影響を与える変数で、PowerShell Coreを起動してから終了するまで使われている。ユーザはこの値を変更することが可能で、必要に応じてPowerShell Coreの挙動を変更することができる。

Windows 10でLinuxを使う (その27) - Ubuntuインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [137] Windows 10でLinuxを使う (その27) - Ubuntuインストール

Microsoftから公式に複数のUbuntuアプリの使い分けの指針が公開されたことや、LTSのアップグレード対象となるUbuntu 18.04.1 LTSが公開されたこともあり、「Windows 10にUbuntuをインストールする方法」をアップデートするタイミングとしては今がよい頃合いだと思う。今回は最新のUbuntuのインストール方法を紹介する。

環境変数とは

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [14] 環境変数とは

PowerShellの変数には特別な用途で使われる変数がある。環境変数、自動変数、ユーザ定義変数などがそれにあたるが、今回はその中から環境変数を取り上げて紹介する。

Windows 10でLinuxを使う (その26) - Windowsのコンソールはなぜ使いにくい?

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [136] Windows 10でLinuxを使う (その26) - Windowsのコンソールはなぜ使いにくい?

なぜWindowsのコンソールアプリがLinux系のターミナルアプリケーションと比べて使いにくいのかを知る手がかりが、Microsoftから「Windows Command-Line: Inside the Windows Console」として公開された。Windowsにおけるコンソールの動きを知る上でも参考になるので、今回はこの解説記事からポイントをピックアップして紹介しよう。

変数の使い方

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [13] 変数の使い方

これまでコマンドレットを中心にその使い方を紹介してきた。PowerShellをより使いこなしていくには、コマンドレットだけではなくプログラミング言語としての側面について知っておく必要がある。今回はPowerShellにおける基本のひとつである変数について説明する。

Windows 10でLinuxを使う (その25) - Ubuntu、Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04の使い分け

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [135] Windows 10でLinuxを使う (その25) - Ubuntu、Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04の使い分け

MicrosoftストアにはUbuntu、Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04という3つのUbuntuが登録されている。どれを利用するべきかについて、これまでは今後の動向を推測して選択するしか方法がなかったが、Microsoftが公式にUbuntuアプリのアップグレードガイドラインを発表したことで選択しやすくなった。

デジタル変革の第一歩、なぜ企業ストレージの"最新化"が必要か

【特別企画】デジタル変革の第一歩、なぜ企業ストレージの"最新化"が必要か

「デジタル変革」に向けたIT基盤の構築において、ボトルネックとなりがちなのがストレージである。企業の財産とも言えるデータの格納庫を置き換える作業に不安を感じる担当者もいるかもしれないが、将来を見据えると不可欠な作業だ。ストレージの最新化によって、どのような効果が得られるのか、詳しく紹介する。

オブジェクトのプロパティを表示 Format-List

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [12] オブジェクトのプロパティを表示 Format-List

シェルの場合パイプラインを流れるのは見たままのデータなのだが、PowerShell Coreではパイプラインの間を移動していくのはオブジェクトで、表示されているデータそのものではないことはこれまで何度かふれてきた。そうなると、そもそもそのオブジェクトとは何だということになるわけだが、今回はそれを体感しやすくするコマンドレットとしてFormat-Listについて紹介しようと思う。

WSL機能: WSLコンソールとアプリ間のコピー&ペースト

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [134] WSL機能: WSLコンソールとアプリ間のコピー&ペースト

Windows 10 2018年春のアップデートでWSLコンソールにコピー&ペーストのショートカットキー機能とタブ機能の登場が予想されていたものの、結局この2つの機能は導入されなかった。このため、今回は現在のWSLコンソールに実装されているテキストのコピー&ペースト機能を利用する方法を紹介しておこう。

日付を演算 Get-Date

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [11] 日付を演算 Get-Date

Get-Dateコマンドレットで取得できる日付データ(日付オブジェクト)はデータ間で演算することができる。こうした機能を利用することで比較対象となったデータが指定した日時内に含まれてるかどうかといった判断を行うことができる。日付に関する処理は自動化することの多い部分なので、基本的な使い方はマスターしておきたい。

WSL新機能: ファイル名で大文字と小文字を区別して使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [133] WSL新機能: ファイル名で大文字と小文字を区別して使う

Windows 10ではパスの大文字と小文字を区別して扱う機能を備えているものの、デフォルトでは区別しない動作になっている部分が多い。これはWSLとの共存という点では問題があるのだが、2018年春のWindows 10アップデートでこの問題を解決する機能が導入された。

429 件中 161~180件目を表示中

429 件中 161~180件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る