ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

531 件中 61~80件目を表示中

Vimを使う - テキスト選択

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [217] Vimを使う - テキスト選択

VimのベースとなっているViでは「何行目から何行目までに○○を処理」といった方法で範囲処理を行うことができる。慣れればこれでもよいのだが、この方法は正直結構めんどくさい。そこでVimのテキスト選択機能だ。Vimにおけるテキスト選択の方法はいくつも用意されている。組み合わせでいけば数限りないのだが、ここでは基本中の基本である行選択、文字選択、矩形選択を取り上げておく。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - プリンタとゴミ箱

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [86] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - プリンタとゴミ箱

MicrosoftはPowerShell 7をWindows PowerShellの正式な後継プロダクトと位置付けた。このため、PowerShell Core 6としてオープンソース化する段階でそげ落とした機能の復活が続けられている。今回はそうした機能の1つとして印刷機能とゴミ箱のクリア機能を取り上げる。

Vimを使う - カーソル移動

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [216] Vimを使う - カーソル移動

今回はVimでカーソルを移動する方法を紹介する。基本的にはカーソルキーを押せばカーソルは移動するのだが、これでは移動距離が稼げない。ここは、ショートカットキーを使ってサクサク移動させるのが効率化の第一歩だ。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - GUIサポート

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [85] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - GUIサポート

Windows PowerShellにはもともとGUI系のコマンドレットが存在している。これは.NETがWPFをサポートしているためだ。しかし、.NET CoreからはWPFのサポートが廃止された。そのため、PowerShell CoreからもGUI系のコマンドレット機能が削除されている。今回、.NET Core 3.0にWPFのサポートが戻ってきた。今回はこれによって復活した機能について紹介する。

Vimを使う - 起動、入力、削除、保存、終了

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [215] Vimを使う - 起動、入力、削除、保存、終了

テキストエディタ「Vim」には実に豊富な機能が用意されている。今回は「ファイルを開く」「文字を入力する」「文字を削除する」「ファイルへ保存する」「Vimを終了する」という最も基本となる操作方法を紹介しよう。

Dell TechnologiesグローバルCTOがみる、半導体/EDA分野で起きている課題

【特別企画】Dell TechnologiesグローバルCTOがみる、半導体/EDA分野で起きている課題

今日の半導体製造では、数千人ものエンジニアが総出となって数年の月日をかけることで、1つのチップが開発されている。製造プロセスがますます複雑化し、IoTや5G、ADASなどのトレンドを受けて汎用チップのみならずカスタムチップの開発も活発化している昨今、半導体製造にかかわる企業には「市場に投入するまでのリードタイムを短期化するための仕組み」を整備することが求められている。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - パフォーマンスカウンター

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [84] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - パフォーマンスカウンター

パフォーマンスモニターが表示するデータはWindows PowerShellからも取得することができるのだが、PowerShell CoreというOSSになった段階で利用することができなくなった。しかし、PowerShell 7.0.0 Preview6から、このWindowsのパフォーマンスカウンター情報に再度アクセスできるようになった。今回はこのデータを取得する方法を紹介する。

Vimを使う - カラースキーマ設定

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [214] Vimを使う - カラースキーマ設定

最近のLinuxディストリビューションには「nano」というエディタが最初からインストールされていることが多い。あまりエディタの使い方を覚える気がないならばそれを使っておけばよいと思う。一方、ファイルの編集速度を高速化して作業の時短を図りたいのであれば、Vimを使いこなせるようになったほうがよい。今回は最初も最初、カラースキーマの設定方法を取り上げる。

不測の事態で業務を止めないために――BCP/DR対策と業務改善、コスト削減を同時に実現するバックアップソリューション

【特別企画】不測の事態で業務を止めないために――BCP/DR対策と業務改善、コスト削減を同時に実現するバックアップソリューション

データ損失や業務システムの停止は、業務自体の停止につながりかねない。これは言うまでもなく事業者にとって大きなリスクであり、そのリスクを解消するためにもバックアップ運用はきわめて重要だ。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - Clipboardコマンドレット

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [83] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - Clipboardコマンドレット

PowerShell 7.0.0 Preview 6には、PowerShell Coreとして公開された段階で削除されたコマンドレットのいくつかが復活している。そのなかから今回は、クリップボートとデータのやり取りを行うGet-ClipboardコマンドレットとSet-Clipboardコマンドレットを取り上げる。

Powerlineでカッコよく - ターミナル編(tmux)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [213] Powerlineでカッコよく - ターミナル編(tmux)

ターミナル多重接続ソフトウエアを使いこなすには、ある程度ショートカットキーを覚える必要がある。そのため、少々ハードルが高いものの、使い慣れれば抜け出せないソフトウェアでもある。今回は、ターミナル多重接続ソフトウエア「tmux」でPowerlineを使う方法を取り上げておこう。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - LinuxとmacOSでファイルシステム情報改善

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [82] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - LinuxとmacOSでファイルシステム情報改善

PowerShellがもともとWindowsプラットフォームで開発されているためか、UNIX系ファイルシステムのアクセス保護/リソース保護の情報がうまく扱われていなかった。例えばdir (Get-ChildItem)でLinuxのファイルやディレクトリの情報を表示させると、Windows風のファイルシステム情報が表示されてしまう。これはLinuxやmacOS側からすると、管理向けのシェルとして使うには結構な問題だ。PowerShell 7.0.0 Preview 6ではこの部分が改善されている。

AIの開発を変革し、お客様のサービスの付加価値を高める

【特別企画】AIの開発を変革し、お客様のサービスの付加価値を高める

AIの開発工程では「仮説立案」「データ収集」「データ読み込み」「データ成型」「AIモデル実装」「パラメーター調整」「学習の実行」「学習精度検証」と幾つもの手順を踏む。なかでも「学習の実行」における待ち時間を課題としている企業も少なくなく、そこを解決しなければ、AI開発に要する期間の短縮は難しいといえる。本稿では、今挙げた課題を抱えていた富士ソフトがあるソリューションを導入したことで、顧客への価値提供のスピードを向上させた事例を紹介する。

Powerlineでカッコよく - エディタ編(Neovim)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [212] Powerlineでカッコよく - エディタ編(Neovim)

Linuxディストリビューションの多くがデフォルトエディタとして「Vim」をインストールしているため、Vimを使っているユーザーは多いと思う。さらにVim好きのなかには、実装系としてVimではなくNeovimを使っている方もいるだろう。今回はこのNeovimでPowerline風ステータスラインを実現する方法を紹介する。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - ヌル条件演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [81] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - ヌル条件演算子

PowerShell 7.0.0 Preview6にヌル系の機能として新しく「ヌル条件演算子」という機能が取り込まれた。現段階ではまだ実験的な機能として導入されているが、このままいくとそう遠くない段階で正式な機能として有効化されることが見込まれる。今、このタイミングで取り上げておくのはよい頃合いだろう。

Powerlineでカッコよく - エディタ編(Vim)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [211] Powerlineでカッコよく - エディタ編(Vim)

LinuxではVimがデフォルトのエディタに設定されていることが多い。Vimでは下部のステータスラインをカスタマイズできるのだが、この部分はPowerlineでクールな設定が可能だ。Cascadia Code PLフォントやCascadia Mono PLフォントが使えるようになったので、VimでもPowerlineを使ってみよう。

PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - Webコマンドレットにおけるエラーチェック回避機能

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [80] PowerShell 7.0.0 Preview6新機能 - Webコマンドレットにおけるエラーチェック回避機能

PowerShell 7.0.0 Preview6の新機能を紹介する前にPowerShell 7.0.0 RCが公開されてしまったため、順序が逆になってしまったが、PowerShell 7.0.0 Preview6で導入された新機能を順次紹介していこうと思う。PowerShell 7.0.0 RCはすでにリリースへ向けたバグ修正などしか行われていないので、正式版がリリースされるまではPreview6で導入された機能を紹介したほうがよいだろう。

Powerlineでカッコよく - シェル編(bash、zsh、fish)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [210] Powerlineでカッコよく - シェル編(bash、zsh、fish)

PowerlineはLinuxでは数年前から一部のユーザーや開発者の間で注目されており、すでに利用している方も多いと思う。しかし、WindowsやmacOSではそれほど使われていないようだ。今回、Cascadia CodeにPowerlineグリフ版が登場したことは、この機能を利用する良い機会になるだろう。今回は、このPowerlineをシェルで使う方法を取り上げる。

PowerShell 7.0.0 リリース候補登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [79] PowerShell 7.0.0 リリース候補登場

Microsoftは2019年12月16日(米国時間)、「Announcing the PowerShell 7.0 Release Candidate | PowerShell」において、PowerShell 7の最新リリース候補版(RC: Release Candidate)となる「PowerShell 7.0.0 Release Candidate」の公開を伝えた。このバージョンは『Go Live』リリースとされており、2020年1月に一般公開版(GA: General Availability)が公開されるまで、正式に運用環境がサポートされることになる。

進むWindowsのLinux化 - Cascadia CodeのPLフォントを使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [209] 進むWindowsのLinux化 - Cascadia CodeのPLフォントを使う

Powerlineのクールな出力を実現するには、それを実現するためのグリフを含んだフォントが必要になる。これまでは既存のフォントにPowerline用のグリフを追加したフォントを使っていたのだが、Cascadia Codeには最初からPowerline用のグリフが追加されたフォントが用意された。これらのフォントの存在はPowerline機能が使われるシーンを増やす可能性がある。今回はこの機能に取り組んでみよう。

531 件中 61~80件目を表示中

531 件中 61~80件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る