ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

46 件中 1~20件目を表示中

データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

【特別企画】データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

バックアップや災害対策(DR)を中心としたデータ保護環境が大きく変化している。背景にあるのは、ビジネスとITプラットフォームで起こっている変化だ。伝統的なITプラットフォームはサーバー、ネットワーク、ストレージの3階層モデルで構成し、オンプレミスで運用することが基本だった。しかし、近年はビジネスのニーズに対応できるように仮想化技術やクラウドサービスが発達した。それにともない、従来とは異なるバックアップやDRのアプローチが求められるようになってきたのだ。

バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

「2020~2021年には、デジタルジャイアント7社のうち5社が自己破壊を起こし、ECにおける検索作業の30%が画像/音声検索になり、アプリ開発の半数以上がボットの開発になる」――全世界で2000人以上のアナリストを抱えるGartnerにおいて、その最高責任者を務めるピーター・ソンダーガード氏の展望である。

ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

【特別企画】ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

業界・業種にかかわらずデジタル技術によるイノベーションが加速し、「データ」が企業競争力の源泉となる今の時代において、IT部門の役割はいっそう重要さを増している。ITシステムの「体幹」とも言うべきなのはデータであり、その「体幹強化」のために、IT部門が最初に着手すべきことは何なのだろうか。

IT Search+、2017年人気記事ランキング

IT Search+、2017年人気記事ランキング

2017年もあとわずか。テクノロジー業界もこの一年、いろんなことがありました。本稿では、2017年の年間人気記事ランキングを紹介しながら、この1年を振り返ってみます。

中小規模の製造業でもBCP対策を実現! 少ない投資で設計データを守るには

【特別企画】中小規模の製造業でもBCP対策を実現! 少ない投資で設計データを守るには

本稿からダウンロードできる資料では、中小規模の製造業でもBCP対策を実現できる「Manufacturing-Space」について詳細に紹介している。具体的なユースケースも絡めて解説しているので、興味をもたれた方は、ぜひ内容をご確認いただきたい。

VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

ラトビアのエンジニアに驚嘆! Zabbixは経営層も対象へ - Zabbix Conference Japan 2016

ラトビアのエンジニアに驚嘆! Zabbixは経営層も対象へ - Zabbix Conference Japan 2016

東京都港区で開催された「Zabbix Conference Japan 2016」には、Zabbixの生みの親アレクセイ ウラジシェフ氏が登壇。最新版の機能と、次期バージョンの方向性を紹介した。また、日本法人代表の寺島 広大氏は、ラトビア本社で仕事を共にしたスーパーエンジニア達のエピソードを披露した。

8割の企業が「していない」 - エンドポイントのバックアップ事情

【特別企画】8割の企業が「していない」 - エンドポイントのバックアップ事情

メールシステムやファイルサーバーに格納されたデータのバックアップは大多数のIT組織で実施されている。しかし、クライアントのすべてのデータをバックアップしている企業は少なく、エンドポイントデータのバックアップについては、まだ対策が不十分なのが現状だ。

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

アイ・ティ・アールは10月19日、『国内IT投資動向調査2017』の調査結果概要を発表した。今回の調査では、IoT・AIといった新テクノロジーへの投資意欲が明確に伸びていること、セキュリティ対策予算が過去最高を更新していること、グローバルITガバナンスの主導権を海外に移す傾向にあることなどが、見て取れたという。

0.1秒未満で修復!? 「Webサイト改ざん」の脅威と対処法

【特別企画】0.1秒未満で修復!? 「Webサイト改ざん」の脅威と対処法

近年、情報漏えいや標的型攻撃、ネットバンキング不正送金といった事件が多発している。これらの多くが、「Webサイト改ざん」によるものだ。JPCERT/CCによると、2012年中頃から増加しはじめたWebサイトの改ざん報告数は、2013年には6,000件を超え、今でもWebサイト改ざんによる事件は絶えない。

過去6年間16,094件の相談数、揺らぐ「食の安心・安全」に光明を見出す

【特別企画】過去6年間16,094件の相談数、揺らぐ「食の安心・安全」に光明を見出す

近年食品メーカーや大手外食チェーン、産業廃棄物商品の流用など消費者の「食の安心・安全」に対する関心は急速に高まりつつある。それに応えるために、コンビニエンスストアをはじめとする小売側は製品に対して厳しい条件を課し、食品メーカー側はその要求に応えていくことが求められる。

仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

【特別企画】仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

大企業はもちろん、中堅・中小企業のビジネスにとっても、ITのさらなる高度活用は大きなテーマとなっている。その前提となるのが、仮想化環境への移行だ。仮想化環境であれば、システム立ち上げが容易な上、ITをこれまで以上に柔軟かつ俊敏に使いこなしていくことができるようになる。

全体の37%しか手段を講じていない - クライアントPCのデータ・バックアップを見直すべき3つの観点

【特別企画】全体の37%しか手段を講じていない - クライアントPCのデータ・バックアップを見直すべき3つの観点

米国の調査会社のレポートによれば、クライアントPCのデータ・バックアップのために有効な手段を用意している企業は、全体の37%でしかないという。なかなか手段が講じられないクライアントPCのデータ・バックアップだが、実はそれが多くのビジネスリスクを内包していることをご存知だろうか。

データの紛失は命取り! 散在するデータをまとめるクラウドサービス活用方法

【特別企画】データの紛失は命取り! 散在するデータをまとめるクラウドサービス活用方法

データの流出により企業存続の危機に陥る時代に必要なのは確かなバックアップを行うこと、そしてしっかりとした管理を行うこと。その手助けをするのが株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトが提供する「AQStage クラウドデータバックアップ by Druva」だ。

"初期投資削減"でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

【特別企画】"初期投資削減"でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

コールセンター業務の利用範囲が広がりを見せている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、このコールセンターのニーズに応えるため手軽にはじめられるクラウド型コールセンター「AQStage IPコールセンタサービス」を市場に投入した。

46 件中 1~20件目を表示中

46 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る