マイナビニュースマイナビ

ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3546 件中 121~140件目を表示中

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 移動と削除のショートカットキー

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [134] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 移動と削除のショートカットキー

PowerShellが提供しているインタラクティブ機能はかなり少ないのだが、それでもいくつかのショートカットキーは最初から用意されている。今回は、この辺りの機能を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

リフト&シフトをシンプルに実現する「Azure VMware Solution」

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [21] リフト&シフトをシンプルに実現する「Azure VMware Solution」

今回は、昨年11月、「Azure VMware Solution」をメインテーマに据えて開催した勉強会の様子をお届けします。

クラウド

無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

【特別企画】無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

NTTコミュニケーションズが提供するエンドポイントマネージメントソリューションは、Taniumと呼ばれるツールを用いることで企業が持つすべてのエンドポイントの可視化および制御を可能にするソリューションだ。本稿では、企業が抱えるエンドポイントセキュリティの課題について、同ソリューションを活用してどう解決できるのか、紹介していきたい。

セキュリティ

課題解決アプローチ(1):変革ロードマップと改革推進チーム

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [8] 課題解決アプローチ(1):変革ロードマップと改革推進チーム

今回から、第1回で整理した「DXを進める企業/組織が直面する課題」をSAFeでどのように解決するのかご紹介していきます。解説の都合上、第1回で挙げた課題の順番通りではないことはご了承ください。

ソリューション

急務となるコンタクトセンターのテレワーク推進。成功の秘訣は "オペレーターの感情分析" にあり

【特別企画】急務となるコンタクトセンターのテレワーク推進。成功の秘訣は "オペレーターの感情分析" にあり

NTTコミュニケーションズが提供する「コンタクトセンターKPI管理ソリューション」は、コンタクトセンターのKPI管理とオペレーターの感情分析を行えるツールだ。KPIを管理、分析することによって顧客満足度(CS)の向上につながるだけでなく、オペレーターの感情分析を活用してオペレーターに対する迅速なケアを可能にすることで、定着率といった従業員満足度(ES)も引き上げられる。

データ分析

Vimを使う - 折り畳みを使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [266] Vimを使う - 折り畳みを使う

Vimの折り畳み機能は、文字通り選択した行の表示を折り畳んで隠してくれる。特に、データファイルを編集/分析する際や、プログラミングの際には便利だろう。今回は、この機能の使い方を紹介する。

サーバ/ストレージ

AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

【特別企画】AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

NTTコミュニケーションズではAIを活用してセキュリティリスクと業務負担を軽減するマネージドソリューションを提供している。機能の一つとして組み込まれているDarktrace社のEnterprise Immune System(EIS)は、AIアノマリー検知が可能な画期的なシステムだ。本稿ではAIアノマリー検知の概要を中心に、NTTコミュニケーションズの提供するマネージドソリューションについて紹介する。

セキュリティ

Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(2)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [13] Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(2)

前回は、現在の実装状況や今後実現するOAuth2 Loginをベースとしたアーキテクチャを、以下のイメージのように整理しました。今回からは、OAuth2 Loginを実現するための認証/認可サーバとなる「Amazon Cognito」について概説し、環境を構築していきます。

開発ソフトウェア

インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane Persistent Memory編

【特別企画】インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane Persistent Memory編

インテルが2017年に発表したインテル® Optane™ テクノロジー(以下、Optane テクノロジー)が、2020年のラインナップ拡充を経て大きな注目を集めている。ただ、新しい不揮発性メモリーの技術を採用していることから、Optane テクノロジーがどんな有用性を持つのかが分からないという方も多いだろう。本稿ではインテルとデル・テクノロジーズの対談ウェビナーの模様から、Optane テクノロジーの実力と、ここへデル・テクノロジーズのHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail(以下、VxRail)」を組み合わせることで得られる効果を、Optane Persistent Memory編として紹介したい。

サーバ/ストレージ

インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane SSD編

【特別企画】インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane SSD編

インテルが2017年に発表したインテル® Optane™ テクノロジー(以下、Optane テクノロジー)が、2020年のラインナップ拡充を経て大きな注目を集めている。ただ、新しい不揮発性メモリーの技術を採用していることから、Optane テクノロジーがどんな有用性を持つのかが分からないという方も多いだろう。本稿ではインテルとデル・テクノロジーズの対談ウェビナーの模様から、Optane テクノロジーの実力と、ここへデル・テクノロジーズのHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail(以下、VxRail)」を組み合わせることで得られる効果を、Optane SSD編として紹介したい。

サーバ/ストレージ

デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

【特別企画】デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

デジタル技術が発展したことで、対象ごとにパーソナライズされたコンテンツを届けられるようになった。これは一方で、マーケティング担当者が生成しなければならないコンテンツの量、種類が爆発的に拡大したことを意味する。従来体制ではコンテンツの量産が間に合わない、......そんな事態が発生しているのだ。どんな体制を整備すれば、高品質なコンテンツが量産できるのか。1つの鍵は、「適切なコンテンツ管理」にある。

マーケティング

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - コマンドの短縮

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [133] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - コマンドの短縮

UNIX系のインタラクティブシェルでは、エイリアスでコマンドのショートカット利用のような設定を行う。PowerShellにもエイリアスの機能はあるが、UNIX系インタラクティブシェルのエイリアスとは機能が異なるため、同じような使い方をすることはできない。PowerShellで同様の処理を行いたい場合は、関数で実装できる。今回はそうした使い方のサンプルを紹介する。

サーバ/ストレージ

「SAFe」とは(その6):SAFeのイベント

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [7] 「SAFe」とは(その6):SAFeのイベント

今回は、SAFeの概要解説の締めくくりとして、SAFeで定義されている「イベント」について、最も特徴的で重要なイベントである「PIプランニング」を交えて説明します。SAFeがどのようにして複数のチームでアジリティを保ったまま開発を行うのか、組織全体の「Alignment(ベクトル合わせ)」を行うのかを見ていきましょう。

ソリューション

データの適切な管理・運用を実現する「Dell EMC PowerScale」

【特別企画】データの適切な管理・運用を実現する「Dell EMC PowerScale」

データはDXやビジネスに不可欠なものだが、昨今のデータ管理は、「非構造化データの増加」「データの分散化」「データの分析への対応」など、IT管理者を悩ませる課題が山積みとなっている。データの適切な管理・運用ができていないと業務に支障をきたすほか、不正アクセスによる情報漏えいといったセキュリティインシデントにもつながりかねない。こうした課題を解決するためにデル・テクノロジーズが提案しているのが「Dell EMC PowerScale」である。

サーバ/ストレージ

Vimを使う - テキスト貼付け時のイラ立ちを解消する「Ctrl」+「u」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [265] Vimを使う - テキスト貼付け時のイラ立ちを解消する「Ctrl」+「u」

Vimは便利な機能をたくさん提供している。しかし、多機能だからこそ逆に不便なこともある。その一つが、オートインデントだ。特にテキストデータを貼り付けるときに自動的にインデントされると、イラ立ちを感じやすい。今回はこのイラ立ちを軽減するショートカット「Ctrl」+「u」について取り上げる。

サーバ/ストレージ

ものづくりの俊敏性と持続可能性を、「pSeven × Dell EMC PowerStore X」が支える

【特別企画】ものづくりの俊敏性と持続可能性を、「pSeven × Dell EMC PowerStore X」が支える

少量多品種ニーズの高まりから、製造業各社には従来以上のスピードで製品を開発するための俊敏性が製造現場に求められるようになっている。どのようにして俊敏性を備えた開発環境を整備すればよいか。この春にSCSKとデル・テクノロジーズが共同パッケージとして提供を開始する「pSeven × Dell EMC PowerStore X (仮称)」は、今述べた課題に応え得るソリューションだ。

ソリューション

コールセンターをコンタクトセンターへ進化!最新ICTを活用し、"顧客の声"から新たなビジネスを創出する

【特別企画】コールセンターをコンタクトセンターへ進化!最新ICTを活用し、"顧客の声"から新たなビジネスを創出する

ビジネスにおいて極めて重要な顧客との接点(チャネル)は、ICTの普及に伴い大きな変化を遂げた。電話対応業務を担うコールセンターは、メールやチャット、Webサイト、SNSなど複数チャネルに対応したコンタクトセンターへと進化し、多くの企業・組織で、より高いパフォーマンスのコンタクトセンターを構築・運用したいというニーズが高まっている。

ソリューション

Spinnakerを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [19] Spinnakerを使ってKubernetesでDevOps

今回紹介する「Spinnaker」は、継続的デリバリ(CD:Continuous Delivery)ツールです。もともとNetflixで開発され、その後Googleと共同開発されるようになり、2015年11月にOSSとして公開されました。

開発ソフトウェア

[実店舗向け]従業員の業務効率化と顧客満足度の向上を実現するデジタル手法とは?

【特別企画】[実店舗向け]従業員の業務効率化と顧客満足度の向上を実現するデジタル手法とは?

店舗従業員の業務を効率化して、顧客満足度も高めたい――もしこんな課題を抱えているならば、スキャンディットが公開している資料「デジタル、フィジカル、そしてヒト」をご覧になることをおすすめしたい。同資料の紹介するデジタル手法を導入することで、課題を解決できる可能性があるからだ。本稿では同資料が解説している事項の一部を紹介したい。

ソリューション

急増するECや会員サイトを狙ったBot攻撃。いち早く被害を止める最新のBot対策とは?

【特別企画】急増するECや会員サイトを狙ったBot攻撃。いち早く被害を止める最新のBot対策とは?

ECやオンライン決済といった「消費者に向けて提供するWebサービス」の需要が伸びる一方、実はサイバー攻撃による被害が相次いでいる。実際、小売業や家電量販店のオンラインショップを狙ったパスワードリスト型攻撃など実被害も急増しており、消費者の重要な情報を取り扱う以上、Webサービス事業社には適切な対策をサービスに施すことが求められている。

セキュリティ

3546 件中 121~140件目を表示中

3546 件中 121~140件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る