ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2900 件中 101~120件目を表示中

HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

【特別企画】HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

サーバー、ネットワーク、ストレージの3層(Tier)から成る構成を統合して提供するHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)は、次世代の仮想化インフラとして注目を集めてきた。しかし、一体型故に生じるパフォーマンス面の課題を理由に、大規模システムやミッションクリティカルな用途ではまだ活用が進んでいない。そんな中、ITインフラベンダーの雄であるネットアップから、エンタープライズのコアITにも適用し得るHCIが登場した。

サーバ/ストレージ

[講演資料] 見てもらうにはどうすればいい? ここから始めるSEO - 日西愛氏

[講演資料] 見てもらうにはどうすればいい? ここから始めるSEO - 日西愛氏

第132回IT Search+スペシャルセミナーは、SEOやTwitter分析の分野に強いWebマーケターとして活躍する日西愛氏が登壇。「初めてでもトライできる! ウェブメディアのSEO、Twitter運用テクニック」と題し、メディアがこれからのSEOで意識したいことやTwitter運用の改善方法について、実際の改善事例や取り組みを交えた解説が繰り広げられた。

マーケティング

Peer Software CEOに聞く、データの量と価値が増え続ける時代の「データマネジメント」

【特別企画】Peer Software CEOに聞く、データの量と価値が増え続ける時代の「データマネジメント」

社会のデジタル化が進む中で、ITシステムが生み出し、蓄積するデータの総量は驚異的なスピードで増大を続け、データそのものが持つ価値も急速に高まっている。こうした背景のもと、企業がデータをどのように運用管理し、ビジネスに生かすかという「データマネジメント」の重要性も増している。その一方で、新旧のシステムが併存し、オンプレミスに加えクラウドの活用も進みつつある現在、ITインフラの複雑性は高まる一方だ。

ソリューション

DXに取り組むなら押さえるべき「7つのキーテクノロジー」- IT Trend 2019

DXに取り組むなら押さえるべき「7つのキーテクノロジー」- IT Trend 2019

10月3日、ITRの年次イベント「IT Trend 2019」が開催された。基調講演「2020年、そしてその先の未来を読む~最新テクノロジが変えるビジネスの最新動向~」には、登壇した同社チーフ・アナリストのマーク・アインシュタイン氏は、国内外の最新テクノロジー動向やデジタルイノベーションの事例を紹介し、先の時代を見据えて、日本企業がとるべきアクションについて提言を行った。

ソリューション

PowerShell 7.0.0 Preview5登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [71] PowerShell 7.0.0 Preview5登場

Microsoftは2019年10月23日(米国時間)、「PowerShell 7.0.0 Preview5」において、PowerShell 7.0.0へ向けた5つ目のプレビュー版となる「PowerShell 7.0.0 Preview5」の公開を伝えた。Microsoftは2019年11月に「PowerShell 7.0.0 Preview6」の公開を予定しており、2019年12月にはリリース候補版の提供が予定されている。

サーバ/ストレージ

変わりつつある「マーケティングの常識」- 今消費者に選ばれる企業とは?

変わりつつある「マーケティングの常識」- 今消費者に選ばれる企業とは?

9月25日に開催された第129回IT Search+スペシャルセミナー『デジタル時代の「売れない」を超えて ~生活者伴走時代への挑戦をはじめよう~』には、博報堂 買物研究所 上席研究員 山本泰士氏が登壇。デジタル時代に立ちはだかる「売れない」という"壁"を企業が乗り越えるために、いかなる変化を遂げればよいのかについて解説がなされた。

マーケティング

1人でも多くの命を守れ! 徳島県美波町が挑む"止まらない通信網"

1人でも多くの命を守れ! 徳島県美波町が挑む"止まらない通信網"

10月15日~18日に開催された「CEATEC 2019」では、地方版IoT推進選定地域より商品化/実用化などの成果を挙げている19地域が選抜され、合同ブースが出展された。府/県、または市といった地方公共団体の取り組みが紹介されるなか、「町」として唯一選ばれていたのが、徳島県の「美波町」だ。

ソリューション

デジタル活用で観客動員増! JリーグとDeNAベイスターズ、それぞれの戦略

デジタル活用で観客動員増! JリーグとDeNAベイスターズ、それぞれの戦略

第130回IT Search+スペシャルセミナーでは、Jリーグデジタル プラットフォーム戦略部の部長、笹田賢吾氏と、横浜DeNAベイスターズ 事業本部 経営・IT戦略部の部長、林裕幸氏が登壇。「観客動員数を伸ばし続ける、プロスポーツ組織のデジタルマーケティング」と題し、パネルディスカッションが繰り広げられた。

マーケティング

パイプラインの構築(その6)

【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [18] パイプラインの構築(その6)

今回は、AmazonSNSへのトピックの作成とパイプラインの一時停止を行い、ステージング環境で後続の性能テスト、セキュリティテスト、受入テストを実行した後、プロダクション環境へのリリースを承認するパイプラインを構築します。

開発ソフトウェア

災害対策の新たな選択肢を生み出すArcserve Business Continuity Cloud

【特別企画】災害対策の新たな選択肢を生み出すArcserve Business Continuity Cloud

バックアップ専業ベンダーのArcserveが事業継続のための新クラウドサービス「Arcserve Business Continuity Cloud」の提供を開始した。BaaSとDRaaSを提供し、コスト、運用、セキュリティ面での課題を解決した本サービスの魅力とは。

事業継続

部門独自のデータ活用を成功に導く方法

【特別企画】部門独自のデータ活用を成功に導く方法

データ活用にあたっては多くの場合、「データの統合」が壁として立ちはだかる。企業全体の取り組みならまだしも、LOB(事業部門)等が部門独自の取り組みとしてこれを進める場合、十分なITスキル、ITリソースが無い状況で今挙げた壁に臨まねばならない。本稿では、LOB(事業部門)におけるデータ活用をテーマにして、オラクルのクラウドサービスを用いた「データ活用の現実的な実践手法」を紹介する。

データ分析

データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

【特別企画】データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

組織内に散在するデータを統合、一元管理することで、業務効率は飛躍的に向上する。さらに、そのデータの分析結果から何かしらのインサイトが得られれば、他にはない事業価値の創造も可能となる。しかし実際は、「使いこなすのが大変」「運用できる人がいない」「コストがかかる」などの理由から導入に踏み切れていない企業も多いのではないだろうか。

データ分析

Amazon SQSを使ったSpringアプリケーション(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [28] Amazon SQSを使ったSpringアプリケーション(1)

今回からは数回に渡り、Spring Cloud AWSを用いてメッセージキューサービス「Amazon SQS(Simple Queue Service)」へアクセスするSpringアプリケーションの実装方法について解説していきます。

開発ソフトウェア

進むWindowsのLinux化 - 等幅フォントCascadia Code

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [201] 進むWindowsのLinux化 - 等幅フォントCascadia Code

MicrosoftがWindowsのLinux化を進める本気度の高さが伺える動きが最近あった。Microsoftが新しい等幅フォント「Cascadia Code」をOSSとして公開したのだ。このフォントはWindows Terminalでの採用が計画されている。Cascadia Codeの公開は、Microsoftがこうした環境の改善に本気で取り組んでいることを示すものだと言える。

サーバ/ストレージ

「サイバーレジリエンシー」の仕組みを構築するDell Technologiesのアプローチ

【特別企画】「サイバーレジリエンシー」の仕組みを構築するDell Technologiesのアプローチ

「サイバーレジリエンシー」という言葉をご存じだろうか。「レジリエンシー」とは、企業が何らかの被害を被った際、その被害を最小限に食い止め、製品・サービスの提供を維持し続ける能力のことを指す。

ストレージ

ITと業務の両面でサポートできるパートナーを選ばなければ、営業支援システムは失敗する!?

【特別企画】ITと業務の両面でサポートできるパートナーを選ばなければ、営業支援システムは失敗する!?

変わり続ける顧客をとらえるために、重要な役割を担うのが営業支援システム(SFA、Sales Force Automation)。しかし、営業支援システムは導入するだけでは不十分。「IT」だけでなく「業務」の面でもさまざまな取り組みが必要となる。取り組みをうまく進めるためにも営業支援システムのノウハウのあるベンダー選びは重要だ。

ソリューション

いつか受験はなくなる!? 教育系YouTuberがもたらすイノベーションとは

いつか受験はなくなる!? 教育系YouTuberがもたらすイノベーションとは

「教育系YouTuber」に注目が集まっている。その名のとおり、YouTubeで教育系のコンテンツを配信しているクリエイターを指す。Education(教育)とYouTuberをかけ合わせた造語で「Ed Tuber」と呼ばれることもある。そんな教育系YouTuberが9月8日、六本木のYouTube Space Tokyoに集った。

ソリューション

アドバンスト・メディア、AI音声認識による会議改革ソリューションを発表

アドバンスト・メディア、AI音声認識による会議改革ソリューションを発表

音声認識ベンダーのアドバンスト・メディアは10月18日、会議の活性化/効率化/分析/評価をワンストップで実現し、仕事のあり方を大きく変革することをコンセプトとする「AI音声認識 会議改革ソリューション」を発表した。

ソリューション

製造物責任は? 永続する学習データをどう考える? AIに潜むリスクの捉え方

製造物責任は? 永続する学習データをどう考える? AIに潜むリスクの捉え方

電化製品などの欠陥製品に対するメーカーの責任を定めた「製造物責任法」は、AIを用いたシステムも適用の対象となる場合がある。また、AIの学習用データは従来のデータ分析とは異なり、かたちを変えて永続することからも、商用システムにおけるAIの利用は、従来システムよりもさまざまなリスクを抱えていると言える。こうしたリスクについてどう考えていけばよいのだろうか。

ソリューション

デジタル変革を阻むのは技術的な問題ではなく「人の意識」- IT Trend 2019

デジタル変革を阻むのは技術的な問題ではなく「人の意識」- IT Trend 2019

ITRは10月3日、年次イベント「IT Trend 2019」を開催した。その基調講演には、ITR 取締役/シニア・アナリストの舘野真人氏が登壇。「デジタル時代への転換期の今こそ、求められる人材像とマインドセット」と題し、デジタル時代に向けてIT人材が備えるべきマインドセットのあり方について提言を行った。

ソリューション

2900 件中 101~120件目を表示中

2900 件中 101~120件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る