ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3286 件中 81~100件目を表示中

SBIグループが取り組むAI×データ活用の8年の軌跡、その成果

SBIグループが取り組むAI×データ活用の8年の軌跡、その成果

DataRobot社が7月14日~8月31日に開催している年次イベント「AI Experience 2020」では、SBIホールディングスから社長室ビッグデータ担当 次長 佐藤市雄氏とマネージャー・データサイエンティスト 高山寛史氏が登壇。SBIグループにおけるビッグデータ運用とAI活用の8年の軌跡を語った。

ソリューション

SSH接続を利用する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [33] SSH接続を利用する

WSLやAzureサービスだけでなく、通常のSSH接続での作業にWindows Terminalを使うケースも少なくないだろう。日常的に利用するサーバへSSH接続するのに、わざわざPowerShellやWSL環境のLinuxからsshコマンドを入力するのはちょっと煩わしい。そんなときは、対象にサーバへのSSH接続用のプロファイルを作ってしまえばよい。

開発ソフトウェア

3Dプリント×CMFデザインで、製品デザインにさらなる磨きをかける

【特別企画】3Dプリント×CMFデザインで、製品デザインにさらなる磨きをかける

消費者にとって魅力的で人間工学にもかなうデザインとは、簡単に生まれるものではない。色と素材と加工方法。その膨大な組み合わせの中で設計と施策を繰り返すことで、ようやく優れたプロダクトは生まれる。こうしたデザインプロセスをシンプルかつ加速させるためのヒントとして、本稿ではストラタシス社のガイドブック「デザインに命を吹き込む Stratasys J55 3Dプリンタ」を紹介したい。

ソリューション

地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

【特別企画】地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

AIが一種のバズワードとして広がっている面は否定できない。メディアを中心にAIの壮大な可能性が喧伝され、成果のでないまま事例として紹介されるケースも増えている。また、「PoC疲れ」といった言葉が生まれるなど、AIの導入が検証で終わってしまい、本番稼働まで漕ぎ着けられないケースも少なくない。その結果、AIに対しては「実用段階ではない」「夢物語」「言葉だけが先行している」といった印象を持つIT担当者も増えてきているようだ。しかし、待ってほしい。実はAIが実用化され、すでに利用が進んでいる企業IT分野も確かに存在する。その1つがネットワーク運用管理の分野だ。

ネットワーク機器

蔦屋家電+が体現する「店舗のメディア化」とは? - これからの小売の在り方を考える

蔦屋家電+が体現する「店舗のメディア化」とは? - これからの小売の在り方を考える

7月9日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用」では、蔦屋家電+のプロデューサーである蔦屋家電エンタープライズ 商品企画部 新規事業チームLeader 木崎大佑氏が、これからのリアルマーケティングの可能性や蔦屋家電+のビジネスモデルについて、詳しく紹介した。

マーケティング

AWS Lambdaを使ったサーバレスアプリケーション(2)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [5] AWS Lambdaを使ったサーバレスアプリケーション(2)

前回は、S3へダイレクトアップロードした後の後続処理をAWS Lambdaファンクションを使ったサーバレスアプリケーションとして実装しました。続く今回は、実際にAWSに環境を構築してLambdaファンクションをデプロイして実行してみます。

開発ソフトウェア

ITとOTの融合を目指す、横河電機のDX推進アプローチとは

ITとOTの融合を目指す、横河電機のDX推進アプローチとは

全てのビジネスプロセスがデジタル化された状態を達成した"デジタルエンタープライズ"企業になるべく、DXへの取り組みを加速する横河電機。具体的にはどのようなアプローチでDXを推進しているのだろうか。7月29日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「失敗と挑戦から導くDX促進の方法論」で、同社執行役員 デジタル戦略本部長(CIO)兼デジタルエンタープライズ事業本部DXプラットフォームセンター長 舩生幸宏氏が紹介した。

ソリューション

Vimを使う - CSVを使いこなす(編集編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [244] Vimを使う - CSVを使いこなす(編集編)

今回はchrisbra/csv.vimの機能を使ったCSVファイルの編集方法を取り上げる。CSVファイルを自分で作成する場合、Vimで編集するよりもプログラミング言語を使うかスプレッドシートアプリケーションを使ったほうが便利なケースが多いかもしれないが、chrisbra/csv.vimも基本的な編集機能は用意されているので、知っておいて損はないだろう。

サーバ/ストレージ

「ニューノーマル時代」に求められるセキュリティ運用体制

【特別企画】「ニューノーマル時代」に求められるセキュリティ運用体制

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、世界中の企業に働き方の変革を迫った。社員が出社しなくても事業が継続できる――そのような姿とすべく、多くの企業が突発的なインフラ整備を進めたことだろう。ただ、予め計画建てされたものではなかったことを理由に、セキュリティに対するリスクが残っているケースは少なくない。第2波も懸念される中、COVID-19以前の社会に完全に戻ることは難しい。ポストコロナの「ニューノーマル時代」に適応したITのあり方にしていくことが急務だ。

セキュリティ

先行例から読み解く、DXを成功に導くためのヒント

【特別企画】先行例から読み解く、DXを成功に導くためのヒント

レガシーなシステム、業務の存在は、企業成長を滞らせる大きなボトルネックになる。経済産業省が「2025年の崖」の言葉の下でこの警鐘を鳴らしたことを受け、数多くの企業が、デジタルトランスフォーメーション(DX)の検討をスタートさせている。ただ、今ある風土や業務、システムは企業の長い歴史とともに形成されてきたものであり、容易に変えられるものではない。抜本的に変えるには何が必要なのか、どこから手を付ければよいのか。頭を悩ませる方はきっと多いはずだ。

業務アプリケーション

事例に学ぶ! 経営層×情シスで挑むべき「10大業務課題」と「対策」

【特別企画】事例に学ぶ! 経営層×情シスで挑むべき「10大業務課題」と「対策」

さまざまな課題の解決にあたっては、社内制度や仕組みの変革に加え、ITの活用が不可欠であることは言うまでもない。その成否は、経営層と情報システム部門がいかに密接に連携して取り組んでいくことができるかにかかっている。では今、両者が一体となって解決すべき業務課題にはどのようなものがあるのか。そして、それらの課題はどのような施策で解決し得るのか。

業務アプリケーション

レガシーからDX人材への変換には何が必要か? - 住友生命のDX人材育成術

レガシーからDX人材への変換には何が必要か? - 住友生命のDX人材育成術

DX型の保険商品「Vitality」の開発を通して、DX人材に必要な資質、能力、知識とは何かを知ることができた――住友生命保険 情報システム部担当部長 兼 代理店事業部担当部長 岸和良氏はこう語る。現在では、これらを数値化することで、DXプロジェクトに向く人を選抜し、育成する取り組みも行っているという。7月29日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「失敗と挑戦から導くDX促進の方法論」にて、岸氏がその詳細を明かした。

ソリューション

エンジニアリングの生産性を向上させる、「フロントローディング」導入のポイント

【特別企画】エンジニアリングの生産性を向上させる、「フロントローディング」導入のポイント

設計開発の過程で生じる設計変更は、発生すればするほどコストとなってはね返ってくる。どうすれば設計変更の数を減らし、開発プロセスを健全化することができるのか。その1つの解が、基本設計段階からCAEやCFDによる解析を行う「フロントローディング」の導入だ。フロントローディングには明らかな利点があるが、では、どうすればうまく導入できるのか。

ソリューション

おじさんはテレワークが苦手? サイボウズの事例で学ぶ働き方

おじさんはテレワークが苦手? サイボウズの事例で学ぶ働き方

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークを導入する企業も多いなか、昭和世代のマネジャーほど在宅勤務ができないという声もある。40代の"昭和マネジャー"はどのように価値観をアップデートし、ITを活用していくべきなのだろうか。8月4日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「在宅ワーク成功の手引き」にて、サイボウズ コーポレートブランディング部 部長の大槻幸夫氏が、社内事例を基にテレワークに必要な考え方や心構えを紹介した。

ソリューション

ゼロトラスト社会で真のデータセキュリティを具現化――暗号化技術の新機軸「秘密計算」とは?

【特別企画】ゼロトラスト社会で真のデータセキュリティを具現化――暗号化技術の新機軸「秘密計算」とは?

データセキュリティの厳格化が進む中、どうすればもっと安全にデータを取り扱うことができるのか。その解になる技術の一つが、暗号化技術の新機軸とも呼ぶべき「秘密計算」だ。本稿では秘密計算技術の概要とこれを実装したプロキシソフトウェア「DataArmor Gate DB (以下、GateDB)」を紹介したい。

セキュリティ

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - Linuxコマンドをまるごと関数化

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [112] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - Linuxコマンドをまるごと関数化

前回はLinuxコマンドを汎用的にWindows 10から利用できるようにする方法を取り上げた。しかし、人間とはどんどん堕落していくもので、新しくインストールしたコマンドも含めて自動的に利用できるようになってくれないかな、と思うようになる。今回はその思いをかなえる方法を取り上げよう。

サーバ/ストレージ

IT革新成功の鍵は? 元ヤンマーCIOが語る、新時代に向けたデジタル戦略

IT革新成功の鍵は? 元ヤンマーCIOが語る、新時代に向けたデジタル戦略

7月9日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用~不確実性の時代に求められるデータ戦略~」には、特定非営利活動法人CIO Lounge 理事長であり、元 ヤンマー 取締役 CIOとしても知られる矢島孝應氏が登壇。パナソニックや三洋電機、ヤンマーのIT革新を牽引した経験を元に、製造業が取り組むべきデジタル戦略について語った。

ソリューション

PowerShellでPowerlineを使う

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [32] PowerShellでPowerlineを使う

今回はPowerShell上でPowerlineを使って見た目をリッチにする方法を紹介する。ターミナルの見た目を整える方法についてはこれまでも何度か取り上げてきたが、Powerlineは特にプログラムのソースコードなどのリソース管理ツールである「Git」を使っている場合に威力を発揮するツールだ。

開発ソフトウェア

顧客を理解しファンを増やす! ソニーの「高付加価値戦略」を支えるデータ活用

顧客を理解しファンを増やす! ソニーの「高付加価値戦略」を支えるデータ活用

7月9日にオンライン開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用」には、ソニーマーケティング コミュニケーションデザイン部 大原 知子氏が登壇。データを生かした同社のマーケティング戦略について解説した。

マーケティング

「ネクストノーマル時代」に小売業が成長するには?

【特別企画】「ネクストノーマル時代」に小売業が成長するには?

世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大は、あらゆる業界のビジネスに大きなインパクトを与えている。店舗販売を中心とする小売業は、その最たるものの一つだ。いずれコロナ禍が終息したとしても、長期に渡り、さまざまな体験を経て変わっていった消費者の行動は決して元通りにはならないだろう。従来の価値観が一変した「ネクストノーマル時代」を勝ち抜くために、小売業は今、何を考え、どのような行動をとるべきなのか。

CRM/SFA

3286 件中 81~100件目を表示中

3286 件中 81~100件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る