ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3341 件中 61~80件目を表示中

ITRアナリストが語る、「テックネイティブ」なビジネスのつくり方

ITRアナリストが語る、「テックネイティブ」なビジネスのつくり方

イノベーティブなビジネスを創出するには、新しいテクノロジーを起点として将来的にどのようなことが可能になるかを想像し、今現在は存在しない商品/サービスをつくり出していかなければならない。10月6日にアイ・ティ・アールが開催した「IT Trend 2020」では、このようなニーズ志向/シーズ志向を超えた「テックネイティブ」なビジネスの創成方法について、同社プリンシパル・アナリストの甲元宏明氏が解説した。

ソリューション

Vimを使う - デリミタのマージンや詰めを調整する

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [252] Vimを使う - デリミタのマージンや詰めを調整する

今回はjunegunn/vim-easy-alignプラグインで表作成の調整を行う方法としてデリミタの左マージン、右マージン、デリミタの左寄せ、右寄せ、デリミタの左右詰め、の仕方を取り上げる。細かい操作なので、ひとまずどのような指定が可能なのかを押さえ、後は設定ファイルで設定して使えるようになればよいだろう。

サーバ/ストレージ

経営層にサイバーセキュリティチームのビジネス貢献度を正しく伝えるには?

【特別企画】経営層にサイバーセキュリティチームのビジネス貢献度を正しく伝えるには?

企業を狙ったサイバー攻撃の進化が加速する昨今、多くのセキュリティチームが人員不足や予算不足に頭を悩ませている。その一因となっているのが、セキュリティプログラムの「価値」を評価する立場にある経営層の理解不足だ。ビジネスに対するセキュリティチームの貢献度を適正に評価してもらうには、どうすればよいのだろうか。

セキュリティ

クルマのサブスク「KINTO」は、いかにしてサービスを構築してきたか

クルマのサブスク「KINTO」は、いかにしてサービスを構築してきたか

「所有から利用へ」という動きがあらゆる業界に押し寄せる昨今、トヨタグループと住友グループの各社によるジョイントベンチャー KINTOが2019年1月に立ち上がった。このKINTOで副社長 執行役員 CSOを務める本條聡氏が、9月16日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「新時代におけるコンシューマーとの関係構築」に登壇。KINTOのサービス改善のポイントやその根底にあるサブスクリプションビジネスに対する考え方などについて紹介した。

マーケティング

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - lessをLinuxネイティブへ変更

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [120] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - lessをLinuxネイティブへ変更

前々回、WSLで動作するlessコマンドはパイプラインで接続するとPowerShellからはうまく使えないことを取り上げた。今回は、パイプラインを使う場合もLinuxのlessコマンドが利用できるように変更してみよう。

サーバ/ストレージ

バックエンドマイクロサービスの実装

【連載】AWSで作るマイクロサービス [5] バックエンドマイクロサービスの実装

前回はSpringSecutiyを使ったさまざまなカスタム設定を行ってWebアプリケーションのログインページを実装し、実際にアプリケーションを起動してみました。今回は、バックエンドにユーザー情報をリソースとして取り扱うマイクロサービスを作成します。

開発ソフトウェア

セキュリティ事故にも「保険」を――ラックが提供する革新的なサービスに迫る

【特別企画】セキュリティ事故にも「保険」を――ラックが提供する革新的なサービスに迫る

ラックが提供を開始した「サイバー保険付きWebアプリケーション診断 "ファースト"」は、同社が診断したWebアプリケーションに「保険」を付帯するという革新的なサービスだ。万が一の事故発生時にも調査や対策などの費用が200万円まで補償されるため、被害企業は実対応までのリードタイムを短期化することができる。本稿で簡単にその概要を紹介したい。

セキュリティ

WSL 2を導入する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [39] WSL 2を導入する

今回はWindows Terminal本体の機能から少し離れて、WSL 2(Windows Subsystem for Linux 2)を導入する方法について取り上げたい。当初WSL 2はWindows 10のバージョン2004(Windows 10 May 2020 Update)以降でしか利用できなかったが、今年8月のアップデートでバージョン1093および1909までサポート対象が拡大され、多くのユーザーがWSLからWSL 2に以降できるようになった。

開発ソフトウェア

継続的インテグレーション環境の構築(3)

【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [42] 継続的インテグレーション環境の構築(3)

前回は、CloudFormationのカスタムリソースを使ってRDS構築後のデータベースにユーザーを追加する処理をLambdaファンクションとして実装し、S3バケットへアップロードしました。続く今回は、LambdaをデプロイするCloudFormationや前回実装したファンクションを実行するカスタムリソーステンプレートを作成します。

開発ソフトウェア

日本コカ・コーラ担当者が解説! 公式アプリ「Coke ON」はなぜ成功したのか?

日本コカ・コーラ担当者が解説! 公式アプリ「Coke ON」はなぜ成功したのか?

日本コカ・コーラの公式スマートフォンアプリ「Coke ON」が躍進を続けている。9月16日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「Digital Marketing Days Day1:[BtoC] 新時代におけるコンシューマーとの関係構築」では、日本コカ・コーラ マーケティング本部 CRM/Coke ON 事業部統括部長の豊浦洋祐氏が登壇。Coke ONアプリを成功に導いたデジタルマーケティングの取り組みについて語った。

マーケティング

Vimを使う - 列ごとにアラインを指定する

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [251] Vimを使う - 列ごとにアラインを指定する

junegunn/vim-easy-alignプラグインは、デリミタごとにデフォルト設定を行える。これにVimのファイル形式ごとの設定機能を結び付ければ、「あるファイルのあるデリミタに関してはこのルールで表を整える」といった設定を行うことができる。今回は特に多用することになるだろう「列ごとのアラインを指定する方法」を紹介する。

サーバ/ストレージ

データ時代だからこそ心に留めたい、セキュリティー運用のポイント

【特別企画】データ時代だからこそ心に留めたい、セキュリティー運用のポイント

企業にとって、自社で保有するデータは事業価値を高めるための大きな武器だ。ただ、取り扱いを少し誤ってしまうだけで、データは企業の信頼を失墜させる大きなリスクへと変わってしまう。どうすればもっと有効に、より安全にデータを活用できるのか。

セキュリティ

「サブスク、D2Cの本質はマーケティングの変化」- DX時代の顧客との関係構築方法

「サブスク、D2Cの本質はマーケティングの変化」- DX時代の顧客との関係構築方法

D2C、サブスク、DX......デジタルにまつわる用語が溢れかえる昨今、企業と顧客との関係はこれからどのように変わっていくのだろうか。長年にわたってデジタルマーケティングに取り組んできたシンクロ 代表取締役社長/オイシックス・ラ・大地 執行役員/GROOVE X CMO 西井敏恭氏は、「これらの本質を理解しなければ間違った解釈をしてしまう」と忠告する。

マーケティング

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 文字化けを解消

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [119] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 文字化けを解消

現在ではだいぶ減ってきているが、PowerShellとWSLを組み合わせて使っていると、ときどき文字化けが発生する。ASCIIの範囲内でしか使わない英語圏の方などはまるで問題にならないのだが、日本語の場合はそうもいかない。今回は文字化けが出る例を挙げ、それを解消するための設定方法について説明しよう。

サーバ/ストレージ

スターバックスの「モバイルオーダー&ペイ」はいかにして生まれたか?

スターバックスの「モバイルオーダー&ペイ」はいかにして生まれたか?

全国に1500店舗以上を展開するスターバックス コーヒージャパン。「スタバ」の愛称を持つ大手コーヒーチェーンとして知られるが、その裏側ではデジタル分野への積極的な投資を行う、飲食業界におけるDXの先駆者でもある。なかでも2019年にリリースされた事前注文決済サービス「モバイルオーダー&ペイ」は、その革新性が話題を呼んだ。オンラインセミナー「クラウド移行、成功と失敗の分岐点」では、同サービスの開発を指揮したスターバックス テクノロジー本部 部長 荒木理江氏が登壇。開発の舞台裏をテクノロジーの視点から解説した。

クラウド

Windows Terminal 1.3の新機能

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [38] Windows Terminal 1.3の新機能

Windows Terminalでは月1回のマイナーバージョンアップを繰り返すというリリースサイクルが採用されている。最新版であるWindows Terminal 1.3は2020年9月22日にリリースされた。前回、同バージョンの最も大きな変更であるコマンドパレットの拡張について紹介したので、今回はそれ以外の新機能や変更点について取り上げたい。

開発ソフトウェア

着実な改革を進めてきたJALが考えるニューノーマル時代の働き方

着実な改革を進めてきたJALが考えるニューノーマル時代の働き方

9月3日に開催されたマイナビニュース スペシャルセミナー「全体生産性から導く『働き方改革』主導法~バックオフィス部門から"新たな生産性を"~」に日本航空 執行役員 人財本部長の小田卓也氏が登壇。同社の改革の歩みと今後の展望について語った。

ソリューション

Vimを使う - コメントのテキストを整理する

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [250] Vimを使う - コメントのテキストを整理する

テキストデータをデリミタ区切りで表形式に整えるプラグイン「junegunn/vim-easy-align」では、対象範囲を制御することができる。デフォルトの設定ではコメントに対する整形処理が無効になっているが、これは便利なこともあり、逆に不便なこともある。今回は、用途に応じてこの設定を変更する方法を説明する。

サーバ/ストレージ

クラウドネイティブを推進し、DXの実現を目指す企業を強力に支援する「Dell Technologies Cloud Platform」

【特別企画】クラウドネイティブを推進し、DXの実現を目指す企業を強力に支援する「Dell Technologies Cloud Platform」

デジタル変革に向けて、コンテナやCI/CD、アジャイル、マイクロサービスなどの方法論やアプローチが注目を集めている。ただ、こうしたアプローチの実践は簡単ではない。そんな中、新たな「クラウドソリューション」を提供し始めたのがデル・テクノロジーズ株式会社だ。ここでは、同社キーマンに、その実力について伺った。

サーバ/ストレージ

第一生命はいかにしてRPA活用を推進してきたか - デジタル化の取り組みと構想

第一生命はいかにしてRPA活用を推進してきたか - デジタル化の取り組みと構想

RPAの展開やデジタル化を進めるには、社内の体制づくりや現場で働く社員の協力が不可欠だ。第一生命では2017年度からRPAの導入を開始し、年間約15万時間の定型業務の削減に成功しているという。9月3日に開催されたWebセミナー「全体生産性から導く『働き方改革』主導法」では、第一生命が推進してきたデジタル化の取り組みや将来の構想について、同社執行役員 拝田恭一氏が紹介した。

ソリューション

3341 件中 61~80件目を表示中

3341 件中 61~80件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る