ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3414 件中 61~80件目を表示中

Spring WebFluxとは

【連載】マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門 [1] Spring WebFluxとは

昨今、マイクロサービスアーキテクチャによるアプケーション開発が注目を集めています。文字通り小さなサービスを組み合わせて1つのアプリケーションを構成するため、個々のサービスには高いリソース効率が求められます。また、サービス間通信が多く発生することから、高い処理能力も必要です。これらの条件を満たすアプリケーションをJavaで開発するためのフレームワークの一つが「Spring WebFlux」です。

開発ソフトウェア

Vimを使う - 効率アップのビジュアル選択テクニック

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [259] Vimを使う - 効率アップのビジュアル選択テクニック

これまでに紹介したビジュアル選択では、範囲を選択する際はカーソルを移動させる必要があった。今回紹介する方法は選択する範囲がすでに決まっており、カーソルの移動は発生しない。身につけると編集速度を高速化することができるので、ぜひとも覚えていただきたい操作方法だ。

サーバ/ストレージ

多層構造を備えたセキュリティ対策で考慮すべきポイントとは?

【特別企画】多層構造を備えたセキュリティ対策で考慮すべきポイントとは?

今日のセキュリティ対策は、境界型防御に依存せず「予防・事前対策」から「検知・対処」に至る全フェーズをカバーした多層的な対策が求められている。ただ、「社外を含むさまざまな端末とそこで生じるアクセス」を監視する上で、管理者には膨大な時間と負担がのしかかる。多層構造を備えた全ての対策が一元的に管理でき、運用監視の自動化も図ることができる――そういった仕組みなしには、たとえセキュリティシステムを導入してもそれを機能させることは難しい。企業はどのようにして、一元管理が可能で多層構造も備えたセキュリティシステムを整備すればよいか。

セキュリティ

ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

【特別企画】ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

データセンターのもつ多様な接続性は、「内を向いたシステム」を外に向ける力をもっている。クラウド化が叫ばれる今日だが、データセンターとクラウドが持つ強み、システムの特性、この双方を踏まえながら基盤整備を進めなければ、ニューノーマル時代に求められるIT基盤は整備が困難だ。本稿ではニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦を解説する。

データセンター

IT人材不足の中でもできる、リモートワーク環境のセキュリティ術

【特別企画】IT人材不足の中でもできる、リモートワーク環境のセキュリティ術

テレワークの中で社員は、職場以外のあらゆる場所から、様々なデバイスを介して業務を行う。セキュリティを担保するにはファイアウォールの内側だけでなく外側も監視せねばならないし、高リスクなイベントがある場合には即座に対処する必要がある。IT人材不足が深刻化する中、独力でこうした体制を用意するには限界があるだろう。企業はどのようにして、今あるリソースの中でセキュリティを担保すればよいか。

セキュリティ

ニューノーマル時代に人事労務が最初に取り組むべき9つの「コト」

【特別企画】ニューノーマル時代に人事労務が最初に取り組むべき9つの「コト」

新型コロナ感染症の拡大を受け、企業は今、ビジネスの在り方を大きく変える必要性に迫られている。企業はどんなアクションを行いどう変わっていけばよいのか。本稿では富士通Japanがまとめたホワイトペーパーから、企業の中でも特に人事労務部門に焦点を当て、ニューノーマル時代で最初に取り組むべき9つの「コト」を解説する。

業務アプリケーション

モニター戦略に幅広い選択肢を。デル・テクノロジーズの提供するモニターソリューション

【特別企画】モニター戦略に幅広い選択肢を。デル・テクノロジーズの提供するモニターソリューション

戦略的なモニターへの投資が従業員の生産性に好影響を及ぼすことが調査から明らかになっている。PCやモバイルデバイスと同様にモニターも、戦略的に選定を進めるべきだ。多様な人材に合わせた業務環境を構築するには、幅広い選択肢から、各社員の業務に合うモニターを選定する必要がある。本稿では、7年連続でモニター出荷台数世界No.1を達成するデル・テクノロジーズに焦点を当て、同社がビジネス向けにラインナップするモニターをみていきたい。

ソリューション

2年間の猶予をどう活かす? ガートナーが示すSAPの「2027年問題」の処方箋

2年間の猶予をどう活かす? ガートナーが示すSAPの「2027年問題」の処方箋

2020年2月、SAPは「SAP ERP 6.0」の標準保守期間を2年延長し、2027年までとすることを発表した。だが、2年間の猶予ができたからと言って、決断を先延ばしにすることはできない。11月17日~19日に行われた「Gartner IT Symposium/Xpo 2020 in Japan」では、ガートナー バイス プレジデント アナリスト 本好宏次氏が「SAPの『2027年問題』を乗り越えるには」と題した講演を行った。

業務アプリケーション

手軽にテレワークPCの健全性が可視化できる、「セキュリティポリシー判定」という選択肢

【特別企画】手軽にテレワークPCの健全性が可視化できる、「セキュリティポリシー判定」という選択肢

「セキュリティポリシー」の運用が社員に委ねられているというケースは少なくない。たとえポリシーを守るよう教育しても、社員が常に順守しなければ、企業はセキュリティリスクを抱えたままだ。テレワークが当たり前となりつつある今、「社員が利用するPCの健全性を可視化する」「違反がある場合には速やかに社員へ通達する」、こういった仕組みは不可欠と言える。本稿では社員が利用するPCの健全性を簡単・手軽に可視化する方法として、「セキュリティポリシー判定」を紹介したい。

IT資産管理

PowerShell 7.1がMicrosoft Storeに登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [126] PowerShell 7.1がMicrosoft Storeに登場

前回はWindowsとMacでPowerShellをインストール/アップデートする方法を取り上げた。現在利用するバージョンをアンインストールした後、GitHub.comからダウンロードしたパッケージをインストールする方法だ。実は、PowerShell 7.1からはMicrosoft Storeからもllがインストールできるようになった。その場合、自動アップデートが可能になる。今回は、この方法について説明しよう。

サーバ/ストレージ

レシピサイトからの大転換! 「AJINOMOTO PARK」が示すオウンドメディアの価値

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [2] レシピサイトからの大転換! 「AJINOMOTO PARK」が示すオウンドメディアの価値

味の素が運営する「AJINOMOTO PARK」は、料理レシピサイトを核に「生活者とのつながりを重視したコミュニティサイト」として誕生。2020年7月のリニューアルによって「食の体験価値を伝えるメディア」へと進化を遂げた。AJINOMOTO PARKは、いかにしてオウンドメディアとしての価値を生み出し続けてきたのか。

ソリューション

AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(4)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [11] AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(4)

前回は、X-Rayデーモンへトレースデータを送信するためのフロントエンドのWebアプリケーションの設定を個別に実装しました。今回は、バックエンドのマイクロサービスにおけるX-Rayの設定実装について解説していきます。

開発ソフトウェア

Vimを使う - 日本語の「一文」を選択する方法(visへの統合)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [258] Vimを使う - 日本語の「一文」を選択する方法(visへの統合)

前回、一文をビジュアル選択する方法として「vis」と入力する方法を紹介した。ただし、この機能は英文に対しては機能するものの、日本文に対しては期待通りに動作しない。これを解消するために「viS」というショートカットキーで動作する日本文向けの設定を作成して見せた。今回は「vis」のまま、日本文も英文も選択できるようにする方法を取り上げる。

サーバ/ストレージ

サブスクビジネスの成功には「継続的なサービス改善」が不可欠。改善で見るべきポイントとは?

【特別企画】サブスクビジネスの成功には「継続的なサービス改善」が不可欠。改善で見るべきポイントとは?

「モノ売り」から「コト売り」へのビジネスシフトが進む中、商品そのものではなく「商品を利用する権利」を対価として提供するサブスクリプション(以下、サブスク)が注目を集めてきている。サブスクビジネスにあたっては、顧客提供価値を中心とした設計と継続的なサービス改善が鍵となるが、どんな視点を持ってサービス改善は行っていくべきなのか。改善で見るべきポイントを探っていきたい。

ソリューション

重要なのは「メディアとしての意思」- KAKEAIはオウンドメディアで何を目指すのか

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [1] 重要なのは「メディアとしての意思」- KAKEAIはオウンドメディアで何を目指すのか

上司と部下とのコミュニケーションにおける"掛け違い"をなくしたい――そうした想いから生まれたクラウドAIプラットフォーム「KAKEAI」。その開発/運営を行うKAKEAIが2020年4月から運営するオウンドメディアが「BELLWETHER(ベルウェザー)」だ。

ソリューション

[エレクトロニクス] オシロスコープをリモートで利用する方法

【特別企画】[エレクトロニクス] オシロスコープをリモートで利用する方法

オシロスコープは高額なため、一般的には共用装置として研究所やラボに設置されるものだ。リモート・ワークが推奨される今日だが、共用装置であること、測定に際して観測対象とのケーブル・プローブ接続が必要なことを理由に、"出社を強いられる装置" と捉えられることが多い。だが、果たしてそうなのだろうか。本稿では、オシロスコープをリモートで利用する方法について解説したい。

ソリューション

ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

【特別企画】ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

「ハードウェアの管理負荷を無くしたい。」「容量不足を何とかしたい。」こうした思いからファイルサーバのクラウド化を検討する企業が増えている。ただ、クラウドでは運用の在り方が変わるケースが多く、これを理由に移行を躊躇することも少なくない。オンプレミスの管理性を維持したままクラウドへ移行したい。そんな希望を叶えるサービスとして、本稿では「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を紹介しよう。

クラウド

Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(1)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [9] Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(1)

第5~8回では、チュートリアルを使って「Amazon SageMaker」の基本的な使い方を紹介しました。今回からは数回に分け、昨年「AWS re:Invent 2019」で発表された新機能「Amazon SageMaker Studio」について解説していきます。

開発ソフトウェア

データと市場を徹底重視! SHOWROOMが実践するプロダクト開発

データと市場を徹底重視! SHOWROOMが実践するプロダクト開発

App Annie Japanは11月10日~11月12日の3日間、オンラインカンファレンス「Mobile Leaders Summit」を開催した。本稿では、SHOWROOM 代表取締役社長 前田裕二氏が登壇した基調講演「ニューノーマル時代を見据えた、SHOWROOMが実践するファクトベースのプロダクト開発と事業戦略」の模様をレポートする。

ソリューション

PowerShell 7.1へアップデートする方法

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [125] PowerShell 7.1へアップデートする方法

PowerShell 7系の初のメジャーアップデートバージョンとなる「PowerShell 7.1.0」が公開された。今回は、Windows、Mac、LinuxでPowerShell 7.1にアップデートする方法について説明していこう。

サーバ/ストレージ

3414 件中 61~80件目を表示中

3414 件中 61~80件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る