ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3180 件中 21~40件目を表示中

Vimを使う - CSVを使いこなす(閲覧編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [240] Vimを使う - CSVを使いこなす(閲覧編)

前々回、いろいろなプログラミング言語やファイルフォーマットに対応できるメタプラグイン「vim-polyglot」を紹介し、前回はvim-polyglotによってインストールされるCSVフォーマット用のプラグイン「chrisbra/csv.vim」について取り上げた。chrisbra/csv.vimは数回に分けて取り上げたいほど便利だということも説明した。今回はこのプラグインを使ったCSVの閲覧方法を紹介する。

サーバ/ストレージ

目指すは「成果の出し方改革」! ウィズコロナ時代にあるべき企業の姿とは

目指すは「成果の出し方改革」! ウィズコロナ時代にあるべき企業の姿とは

6月10日に開催された「マイナビニュースフォーラム 働き方改革 Day 2020 Jun. 変化する社会で躍進できる組織へ」に明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授 野田稔氏が登壇。ウィズコロナとアフターコロナの時代を見据えた「真の働き方改革」について語った。

ソリューション

検索を使いこなす

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [29] 検索を使いこなす

Windows Terminalには検索機能が付属している。同機能では、過去に表示したテキストのバッファから、指定されたキーワードを検索して強調表示することができる。画面に表示されている内容から特定のファイル名を探したり、過去に使用したコマンドを探したりする場合に便利な機能だ。今回は、この検索機能の使い方について取り上げる。

開発ソフトウェア

セキュリティ人材不足に悩む方に朗報 - ファイアウォール内外の通信をセキュアに保つ方法

【特別企画】セキュリティ人材不足に悩む方に朗報 - ファイアウォール内外の通信をセキュアに保つ方法

テレワークの普及は、セキュリティ担当者にとって大きな悩みの種となっている。テレワークの中で、社員は職場以外のあらゆる場所から、様々なデバイスを介して業務を行う。これに伴い、ファイアウォールの内側に注視してきた従来型の対策では、セキュリティを保てなくなっているのだ。セキュリティ人材の不足が叫ばれるなか、どのようにしてファイアウォールの外側も監視していけばよいか。

セキュリティ

ECSタスクロール定義の構築

【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [38] ECSタスクロール定義の構築

前回は、ECSタスク定義を行うCloudFormationテンプレートを実装しました。今回はタスク定義したコンテナで実行されるアプリケーションが使用するAWSリソースへのアクセスポリシーを定義し、前回作成したECSタスクのIAMロールへアタッチするCloudFormationテンプレートを作成します。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす「chrisbra/csv.vim」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [239] Vimを使う - CSVを使いこなす「chrisbra/csv.vim」

前回、vim-polyglotのインストール効果の例としてCSVの表示が見やすくなることを紹介した。CSVの表示が変わったのは、実際にはvim-polyglot経由でインストールされた「chrisbra/csv.vim」というプラグインの効果によるものだ。実はこのプラグインはほかにも多くの便利な機能を備えている。そこで、今回からは数回に分けて、chrisbra/csv.vimの活用方法を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

実装していくアーキテクチャの概要

【連載】AWSで作るマイクロサービス [2] 実装していくアーキテクチャの概要

今回からは、AWS上でマイクロサービスアプリケーションを構築するための具体的なアーキテクチャの概要と、そのアーキテクチャを実現する上で、難しいハードルの一つとなる認証/認可処理の全体像や考え方を解説していきます。

開発ソフトウェア

1日240件も発生するインシデントに滞りなく対応する――清水建設にみるインシデント対応の勘所

【特別企画】1日240件も発生するインシデントに滞りなく対応する――清水建設にみるインシデント対応の勘所

社員が利用するITサービスを、滞りなく運用し続ける。そのためのポイントは、リアルタイムにインシデントの対応状況を可視化すること、そして対応履歴を蓄積・分析してサポート体制やシステム改善に活かすことの2点である。本稿では、1.5万人以上の社員が利用するITサービスを滞りなく運用し続けている清水建設の取り組みから、上に挙げた2つのポイントを細かくみていきたい。

ソリューション

ムダな作業を一掃させたい企業に朗報!集計作業やデータ入力を、ロボットで簡単に自動化する方法

【特別企画】ムダな作業を一掃させたい企業に朗報!集計作業やデータ入力を、ロボットで簡単に自動化する方法

RPA導入において課題の一つとなっているのが、操作できる人材の不足だ。一般的にRPAツールでロボットを開発する場合、変数や引数、条件分岐といった、プログラミングの基礎的な知見が必要となる。また、RPAツールを使いこなすには一定の学習も求められるため、一般のビジネスパーソンがRPA開発者を兼ねて、自身の作業を自動化するにはなかなかハードルが高い。本稿ではそれとは全く別のアプローチとして、ビジネスパーソンが現場で個人の作業を自動化する方法を紹介したい。

業務アプリケーション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 関数で短縮入力

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [108] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 関数で短縮入力

PowerShellのエイリアスは名前だけを置き換えるものだ。エイリアスにオプションを含ませたり、引数を持たせるといったことはできない。しかし、実際にはオプションや引数も含めて別のコマンド(エイリアス)に割り当てたい。そんな場合には「関数」を使おう。

サーバ/ストレージ

ウィズコロナ時代に顧客エンゲージメントを築くための5つの方針

【特別企画】ウィズコロナ時代に顧客エンゲージメントを築くための5つの方針

新型コロナウイルスの影響で、人々の中にある不安感が膨らんできている。この不安は、多くが、間違った情報と様々な憶測から生まれたものだ。コロナ渦でも事業を継続するために、企業はあの手この手で顧客とのコミュニケーションを図っている。しかし、受け手側は先述の不安感から、情報に対してセンシティブになっている。人々が情報に対していっそう敏感になりつつある今日、企業はどのように顧客とコンタクトを取って信頼関係を築いていけばよいか。

マーケティング

あの会社は、やむなしのテレワークをどう最善に近づけたのか

【特別企画】あの会社は、やむなしのテレワークをどう最善に近づけたのか

新型コロナウイルス感染症は、企業に対して働き方の変革を迫った。「一時的にテレワークを導入したが今は平時の勤務体系に戻している」そんな企業が多いかもしれないが、感染第2波の到来が懸念されるなかではいつ同じような事が起きても不思議ではない。経験を "学び" にして、今のうちから業務環境の対応力を引き上げておくべきだ。企業にとっての有益な "学び" として、本稿では通信事業者のTOKAIコミュニケーションズが行った新型コロナ対応を紹介したい。

クラウド

正式版で再確認 - ショートカットを使いこなせ

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [28] 正式版で再確認 - ショートカットを使いこなせ

ターミナルを使った作業においては、キーボードショートカットを使いこなすことが極めて重要となる。マウスやトラックパッドを使うためにキーボードから手を離す必要がなくなり、結果として大幅に作業効率を上げることにつながるからだ。そこで今回は、キーボードショートカットを自分なりにカスタマイズする方法について解説しよう。

開発ソフトウェア

3つのユースケースから紐解く、まだまだある!タワー型サーバーの活用方法

【特別企画】3つのユースケースから紐解く、まだまだある!タワー型サーバーの活用方法

アジリティの高さから、クラウドは、システム改修が頻繁に発生したりアクセスの見通しが立ちにくいシステムにおいて、メリットを発揮する。一方、急激なアクセス増がない、構成変更が少ない、ネットワークに起因した性能減が許されないような場合は、オンプレミスが有力な選択肢になる。具体的にはファイルサーバーや(オンプレミスのシステムで利用する)データベースサーバーなどがイメージしやすいだろう。Windows Server 2019は今述べた用途に有効な機能を備えており、オンプレミスのサーバーOSに選ばれることが多い。では、その場合サーバー機種は何を選べばよいのか。

サーバ/ストレージ

Zoomへのネットワーク接続を最適化する方法

【特別企画】Zoomへのネットワーク接続を最適化する方法

円滑なコラボレーションが妨げられては、生産性が低下しかねない。コラボレーションプラットフォームが必須になりつつある今こそ、安定してこれを提供する方法を探るべきだ。本稿ではZoomに焦点を当て、Zoomトラフィックに最適なパフォーマンスを提供可能にするVMware SD-WANを紹介したい。

ネットワーク機器

「Build 2020」で発表されたAzure Stack Hubの最新情報(Part 2)

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [40] 「Build 2020」で発表されたAzure Stack Hubの最新情報(Part 2)

前回、Azure Stack Hubの最新情報のなかからFleet ManagementやKubernetes関連の情報をお伝えしました。今回も引き続きAzure Stack Hubの最新情報をお届けします。

クラウド

5の事例が証明する、VDI×ピュア・ストレージの高い親和性

【特別企画】5の事例が証明する、VDI×ピュア・ストレージの高い親和性

VDI導入における失敗要因は、「性能」「コスト」「管理性」「拡張性」の4つに分類できる。そして、実はこれらの要因は、ほとんどがストレージの性能不足に起因している。本稿ではピュア・ストレージ社のホワイトペーパー「フラッシュ・ストレージで構築する実用的なVDI」から、それぞれの失敗要因を解説。その上で、VDI環境にフラッシュ・ストレージを導入する意義について5つの成功例から紐解いていきたい。

ストレージ

最大300%のROI達成も。RPAの対象に財務・経理業務が最適な理由

【特別企画】最大300%のROI達成も。RPAの対象に財務・経理業務が最適な理由

事業を滞りなく運営するだけでなく、より大きな企業成長を果たす意味でも、バックオフィス業務を自動化することは重要といえよう。本稿では、特に財務・経理における受発注業務に注目。オートメーション・エニウェアのホワイトペーパー「RPAとO2C」「RPAとP2P」から、同業務の自動化が企業にどのような好影響をもたらすのかを解説したい。

業務アプリケーション

もう失敗させない、機械学習プロジェクト成功のコツ

もう失敗させない、機械学習プロジェクト成功のコツ

日本マイクロソフトが6月17日~7月17日に開催している開発者向けオンラインイベント「de:code 2020」では、同社 デジタルトランスフォーメーション事業本部 クラウドソリューションアーキテクトの望月美由紀氏が「さくっとプチ成功する機械学習プロジェクトのコツ」と題し、機械学習プロジェクトの心得や進め方、必要なチーム体制などについて解説した。

開発ソフトウェア

Vimを使う - 多様なファイル形式に対応する「vim-polyglot」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [238] Vimを使う - 多様なファイル形式に対応する「vim-polyglot」

Vimはもともと多様なファイル形式に対応している。シンタックスを有効化(「syntax enable」または「syntax on」)しておけば、ファイルの拡張子に応じて対応するハイライトが行われる。今回はこの機能をさらに強化するプラグイン「sheerun/vim-polyglot」を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

3180 件中 21~40件目を表示中

3180 件中 21~40件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る