ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3408 件中 3321~3340件目を表示中

IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

【特別企画】IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

「まいきゃびWorkflow」は、IBM Notes/Domino 6~9までと連携できるワークフロー管理製品である。「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」といえば、言うまでもなく世界中で5万以上の組織が活用するグループウェアの代名詞的な存在だ。そして「まいきゃびWorkflow」開発・販売元のキーウェアグループは、Notesが登場した翌年の1994年と早い時期からNotes関連のビジネスを手がけてきた実績を持つ(当時の社名は日本電子開発)。

業務アプリケーション

経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

【特別企画】経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

2013年4月に設立されたばかりのPLCパートナーズは、「IBM BusinessProcess Manager(以下、IBM BPM)」ソフトウェアを活用することで企業の業務改革を支援するプロフェッショナルサービス集団である。BPMとの出会いを、代表取締役である人見正徳氏は次のように振り返る。

ソリューション

IBM Notes/Dominoが輝きを取り戻す!? グループカレンダー機能強化の全貌とは

【特別企画】IBM Notes/Dominoが輝きを取り戻す!? グループカレンダー機能強化の全貌とは

1989年にクライアント/サーバー対応のグループウェアとして登場した「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」。製品のリリースから20年以上を経た現在でも、社員数が数人の会社から数万人の大企業まで、あらゆる規模の組織で圧倒的な人気を誇る。Notes/Dominoについて、アクセルの代表取締役である岡本敏弘氏はこう語る。

業務アプリケーション

標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

【特別企画】標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る! ネットワーク次世代技術総覧セミナー」と題したそのセミナーでは「標的型攻撃の現状と必要な対策」について、次世代セキュリティ技術の専門メーカーであるファイア・アイ株式会社の橋本賢一郎氏が、実際の標的型攻撃をデモで紹介しながら、その対策を熱く語った。

セキュリティ

クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

【特別企画】クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

グループウェアの選定時に抑えるべきポイントは「コスト×機能」! 競争の激しい現在のビジネス環境を勝ち抜くために欠かせないのが、社内での円滑な情報連携だ。必要な情報を、必要とする社員の全てが共有できるようにすることで、あらゆる業務の効率性や柔軟性が増し、ひいては全社的な競争力の向上へとつながるのである。

業務アプリケーション

次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

【特別企画】次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る!ネットワーク次世代技術総覧セミナー」において行われた、A10ネットワークスによる「次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション」では、最新のADC技術を検証することによって、次世代ADCが目指す方向性を浮き彫りにした。

ネットワーク機器

諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

【特別企画】諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

国産汎用機からの脱却、レガシーマイグレーションを滞りなく成功させるには、もちろん綿密な計画や準備が欠かせない。異なるプラットフォームへと移行するのだから、これは当然のことだ。

ソリューション

「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

【特別企画】「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

女性向けインナーウェアを中心に、その高いブランド力を武器に事業を展開するワコール。最近ではアンチエイジングをモチーフとした中高年女性向けのインナーウェア「マイナス5歳」シリーズがヒットしたほか、同社の人間科学研究所が開発した汗がたまりにくいブラジャー、「風と谷間のブラ」も今年の春夏商品として話題を呼んだ。そんな同社では、非常勤者に2012年9月よりiPadを配布。強固なセキュリティのもとで......

マーケティング

ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

【特別企画】ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

長野県の白樺湖を中心に、ホテル、温泉施設、遊園地、スキー場、ドライブインなどを展開する池の平ホテル。戦後の創業から60年あまりの歴史を有するこの老舗ホテルは、TVのCMをはじめとする各種広告や口コミなどで抜群の知名度を有するが、昨今ではWebサイトを訪れた宿泊客からの申し込みが急激に増えてきており、そうしたネットからの誘客をいかに効果的に促進するかが課題となっていた......

ソリューション

これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

【特別企画】これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

場当たり的に導入したセキュリティ製品。これらのポイントソリューションが、セキュリティ製品の導入コスト、IT管理者の管理コストなどを増加させていることをご存知だろうか? IT 管理者が不在、あるいは社員による兼任の場合、コストの増加だけでなく、セキュリティのリスクも出てくるかもしれない。複雑になった ITインフラはこのままではどんどん "浪費家" になっていくだろう。

セキュリティ

レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

【特別企画】レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

国産汎用機をなかなか手放せないという真情はわかるが、その「レガシー」をいつまでも使い続けていられるだろうか。まさか「オープンプラットフォームの時代と言われるようになってからも久しく使い続けてこられたのだから、今後もまだ大丈夫」などと楽観的な希望を抱き、そこに安住してはいないだろうか。

ソリューション

HONDAの研究開発機関である本田技術研究所はエキスパートと若手の経験差をどうやって埋めたのか!?

【特別企画】HONDAの研究開発機関である本田技術研究所はエキスパートと若手の経験差をどうやって埋めたのか!?

HONDAの研究開発機関である本田技術研究所では、1台のクルマを構成する多様なコンポーネントやモジュールの設計およびテストを担うとともに、完成したクルマに対して第三者視点から最終チェックを行う「実車検証」を手掛けている。

データ分析

レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

【特別企画】レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

オープンプラットフォームが企業の基幹系にも採用されるようになったのは、もう10年以上も前のことだ。しかし、日本国内のITユーザーを見渡せば、少なからぬ数の企業が国産汎用機を「レガシー」として今でも使い続けている。このレガシーシステムに対して、エンドユーザーはどのように考えているのだろうか。

ソリューション

実店舗の強みを生かしたECで、書店の未来を切り拓く──HON、工藤氏

【特別企画】実店舗の強みを生かしたECで、書店の未来を切り拓く──HON、工藤氏

10月24日に都内で開催されたセミナー「実践企業トップが語る! O2O最前線セミナー」の基調講演に登壇したのは、HONの代表取締役社長、工藤淳也氏だ。同氏は、「Amazonの一人勝ちにはさせない、ジュンク堂のネット戦略と書店の未来」というテーマを掲げ、Eコマース、店舗、物流といった小売のインフラすべてを改革し、新しいO2Oのかたちを生み出した丸善&ジュンク堂ネットストアの取り組みを紹介。実店舗を持つことの強みを生かしたECの可能性を示した。

Webサイト構築

リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

【特別企画】リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の検知・軽減を専業とするセキュリティベンダーNSFOCUS社。同社はNSFOCUSクラウドセキュリティセンターのデータに基づいたDDoS攻撃の動向と流行を、「2013年上半期のDDoS脅威レポート」としてまとめており、そこでは興味深い情報が見て取れる。

セキュリティ

電子ブックで「ログ解析」? ビジネスマンに必須の新たなスマートデバイス活用法

【特別企画】電子ブックで「ログ解析」? ビジネスマンに必須の新たなスマートデバイス活用法

企業でスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを導入した場合、その有効な活用方法として多くの人がまず思い描くのが紙の書類を電子化して持ち歩くことだろう。実際、数多くの営業担当者が、製品カタログやパンフレットなど紙の資料を鞄にぎっしりと詰め込んで取引先を訪問している。もし、持参する資料を絞って軽量化を図ろうとすれば、取引先が別の製品についても知りたがった時に、その場ですぐに説明することができなくなる。こうしたこともあって、資料の量が自然と増えてしまうのである。

業務アプリケーション

セルフBIをiPadで極める! まずはツール選定から...ポイントはいつでも / どこでも / ほしいデータを / わかりやすく

【特別企画】セルフBIをiPadで極める! まずはツール選定から...ポイントはいつでも / どこでも / ほしいデータを / わかりやすく

ITの発達により、企業のデータベースには様々なデータが毎日のように集まってくる。昨今、ビッグデータが注目を集めているように、これからは大量のデータを、如何に有効活用するかが重要になっていくことだろう。その為には、必要な時に、必要な場所で、必要なデータにアクセスできる必要がある。それも、一目で分かりやすいものとして。インフラジスティックス・ジャパンが送る「ReportPlus」は、それらを可能にする優れたソリューションである。

データ分析

今後のインフラ整備に避けては通れない、VDIを快適に利用するための処方箋

【特別企画】今後のインフラ整備に避けては通れない、VDIを快適に利用するための処方箋

コストの削減やリスクの軽減を求めて、IT資産をデータセンターに集約し、統合的にコントロールしたいというニーズが増えている。実際、仮想化技術の発展により、サーバやアプリケーションを1つのデータセンターにまとめる動きが活発になっている。ところが、ITを完全にセンターへ統合することができないケースが多い。なぜならアプリケーションのパフォーマンスが悪化したり......

仮想化

国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

【特別企画】国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、ウルシステムズ 主席コンサルタント、桜井賢一氏が「まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界」と題してセッションを行った。そこでは、同社が手がけたリアルタイム・ビッグデータの取り組み事例を踏まえ、その成功のポイントとともに今後のさまざまな可能性が示された。

データ分析

BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

【特別企画】BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

スマートフォンを含めた携帯電話の普及は、仕事のあり方を大きく変えつつある。今やいつでもどこにいても業務上のコミュニケーションが可能となっており、ワークスタイルにも変革をもたらしているのである。しかし、携帯電話やスマートフォンを業務で使用するには大きなリスクも伴う。なかでも多大な被害につながりかねないのが情報漏洩だ。本稿ではそんなセキュリティ上の企業が抱える悩みを、XePhion コールスマートセキュリティがどのようにして解消できるのかを見てみることにしよう。

業務アプリケーション

3408 件中 3321~3340件目を表示中

3408 件中 3321~3340件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る