ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3404 件中 301~320件目を表示中

ミッドレンジストレージの新時代を担う――「Dell EMC PowerStore」が遂にリリース

【特別企画】ミッドレンジストレージの新時代を担う――「Dell EMC PowerStore」が遂にリリース

2016年9月に行われたDellとEMCの経営統合は、業界を大いに賑わせた。それから約4年が経過した2020年5月、Dell Technologiesとして初めて開発されたストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore(以下、PowerStore)」がリリースされた。PowerStoreはどのような設計思想を持ち、どんなメリットをユーザーにもたらすのか。業界からの注目度が高い同製品の詳細について、Dell Technologiesの担当者とβ検証に携わったノックスのエンジニアのインタビューから紐解いていきたい。

ストレージ

「生き残る」ではなく「勝ち残る」- ウィズコロナ時代のマーケティング戦略

「生き残る」ではなく「勝ち残る」- ウィズコロナ時代のマーケティング戦略

このウィズコロナ時代、マーケターはどうあるべきか。BtoB分野で長くマーケティングに携わり、国内最大級となるクラウドコミュニティ「JAWS-UG」を立ち上げたことでも知られるStill Day Oneの小島英揮氏が5月28日、マイナビニューススペシャルセミナー「顧客と深くつながるために―― BtoBマーケティング最新手法と先進事例」に登壇。これからのBtoBマーケティングに求められるメソッドについて話した。

マーケティング

ECSクラスタの構築

【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [36] ECSクラスタの構築

今回からは実装したアプリケーションを実行するためのECSクラスタ、タスク定義、サービスと、順次CloudFormationテンプレートを作成して実行していきます。

開発ソフトウェア

日本マイクロソフト、年次イベント「de:code 2020」を明日からデジタル開催

日本マイクロソフト、年次イベント「de:code 2020」を明日からデジタル開催

日本マイクロソフトは6月16日、6月17日~30日に開催する開発者向け年次カンファレンス「de:code 2020」のメディア向け内覧会を実施した。同内覧会では、COVID-19対策として今回初めてバーチャルイベントとして開催されるde:code 2020の概要とともに、同社のAzure認定パートナーであるFIXERが協力開発したバーチャルイベントプラットフォーム「virtual event」が紹介された。

開発ソフトウェア

AmazonS3へダイレクトアクセスするアプリケーション実装(その2)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [2] AmazonS3へダイレクトアクセスするアプリケーション実装(その2)

今回は、署名付きURLを使ってS3にあるファイルをダイレクトダウンロードするアプリケーションを実装していきます。

開発ソフトウェア

Vimを使う - 開発者向けプラグイン「vim-commentary」「vim-fugitive」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [234] Vimを使う - 開発者向けプラグイン「vim-commentary」「vim-fugitive」

本連載の目的は、Linuxサーバを管理する手間を建設的に削減していくことだ。そのため、プログラミングに関しては範疇外なのだが、サーバ管理上、ちょっとしたスクリプトを書いたり、設定ファイルを編集したりすることはあるだろう。そこで今回は、Vimのプラグインのうちプログラミングに関するものを2つ紹介しておきたい。

サーバ/ストレージ

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [103] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う

多くの方が、時代的にはPowerShellへ移行するべきなのだろうと理解しつつも、結局使い慣れたコマンドプロンプトを使っているというのが実情だろう。だが、Windows Terminal 1.0もリリースされた今こそ、新しい環境へ移行する好機である。しばらくは「PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う」という視点から連載を進めていく。

サーバ/ストレージ

Fessのクラスタ化

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [27] Fessのクラスタ化

Fessで大量のドキュメントを検索したい場合、サーバのスペックを上げて対応する方法以外に、複数台のサーバを用意して対応することも可能です。今回は複数サーバ上にFessを構築する方法をご紹介します。

開発ソフトウェア

設定を見直してみよう

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [23] 設定を見直してみよう

今回は、正式版に向けて開発プロジェクトが行った設定周りの変更点と設定ファイルの再セットアップ方法を紹介したい。すでにWindows Terminal 1.0がリリースされており、アップデート済みという方も多いだろう。正式版が登場したのを機に、これまで加筆し続けてきたであろう設定ファイルを見直してみる価値はあるはずだ。

開発ソフトウェア

テレワークにより脆弱化したセキュリティをAIで守る

【特別企画】テレワークにより脆弱化したセキュリティをAIで守る

ハッキングに端を発するサイバー攻撃の被害は日本企業にも拡大しており、後を絶たない状況にある。そして深刻なのは、多くの被害をもたらしている最新の攻撃手法は、従来型のアンチウイルスソフトが用いるシグネチャーファイル(定義ファイル)による検知では防御することはほぼ不可能であるという点だ。

セキュリティ

MLサービスの全体像を把握する

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [4] MLサービスの全体像を把握する

前回は、AIサービスの全体像についてご説明しました。今回はMLサービスの全体像を見ていきたいと思います。

開発ソフトウェア

Vimを使う - NERDTreeプラグイン

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [233] Vimを使う - NERDTreeプラグイン

前回はファイルオープンのUI/UXをリッチにするプラグインとして「Denite」を取り上げた。ファイルを開く際の操作をGUIのファイルオープンに近い感覚で行えるようになるというものだ。今回は、それとはまた違ったファイルオープンのアプローチとして「NERDTree」を取り上げる。最近の開発者はこちらのUI/UXに慣れている方のほうが多いのではないだろうか。

サーバ/ストレージ

「SAFe」とは(その3)- SAFeの階層構造とConfiguration

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [4] 「SAFe」とは(その3)- SAFeの階層構造とConfiguration

前回、前々回ではSAFeの概要をお伝えしましたが、今回からは4回に渡り、SAFeの組織構造とロール、イベント、成果物に着目して、SAFeの詳細を紐解いていきます。今回のテーマは、「SAFeの階層構造とConfiguration」です。

ソリューション

Azure Stackがファミリーネームになった!

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [38] Azure Stackがファミリーネームになった!

前々回、前回とマイクロソフトが提供するハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)に「Azure Stack HCI」という名前が付いたことや、その特徴などについて解説しました。その後、時間が経っていくなかでさらにアップデートされた「Azure Stack」について、改めて2020年6月時点で最新の情報を解説します。

クラウド

PowerShell 7.1開発:PSScriptAnalyzerモジュール

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [102] PowerShell 7.1開発:PSScriptAnalyzerモジュール

PowerShell 7.1 Preview 3はプレビュー版としてリリースされたにもかかわらず、変更内容は小粒だ。実はPowerShell 7.1の開発はPowerShell 7.1本体よりも、外部モジュールに対して行われている。外部モジュールで行われている開発はまだ本体にはマージされていない(または同梱されていない)のだ。今回はそうした機能の1つとして「PSScriptAnalyzer」を取り上げる。

サーバ/ストレージ

正式版に向けた取組み

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [22] 正式版に向けた取組み

2020年5月19日(現地時間)、「Windows Terminal 1.0」がリリースされた。昨年春に一般公開が始まったMicrosoft公式のこのターミナルアプリケーションは着々と機能強化や改善が行われ、Windows Terminalプロジェクトの示したロードマップ通りに正式版が公開された。今回はこのWindows Terminal 1.0を紹介する前にプロジェクトが正式版に向けて行った取り組みについてフォーカスしたい。

開発ソフトウェア

Frontend Webアプリケーションにおけるスタック情報の取得/設定

【連載】AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 [35] Frontend Webアプリケーションにおけるスタック情報の取得/設定

今回は、ALB/ElastiCache/S3といったリソースへのアクセスやSQSへのキュー送信を行うFrontend Webアプリケーションで、Spring Cloud AWSを用いて取得したスタック情報を使ったアプリケーションの設定/実装を紹介します。

開発ソフトウェア

攻撃者は4つのレイヤーを狙ってくる! DDoS対策で知るべき基礎

【特別企画】攻撃者は4つのレイヤーを狙ってくる! DDoS対策で知るべき基礎

攻撃者はDDoS攻撃を通じて、インフラやアプリケーションなど、さまざまなレイヤーの機能不能を図ってくる。ネットワーク帯域だけに目を向けた対策では、DDoS攻撃全体のおよそ4分の1しかカバーできない。本稿では、A10ネットワークス社のホワイトペーパー「今こそ始めたいDDoS対策 ~DDoS対策の基礎やトレンドが明らかに~」から、DDoS攻撃の種類と実態、適切な対策法について解説していく。

セキュリティ

Vimを使う - Deniteプラグイン

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [232] Vimを使う - Deniteプラグイン

前回、前々回ではVimのプラグインの例としてカラーテーマを扱う「seoul256」とパワーラインを表示する「vim-airline」を取り上げた。どちらも見た目に関するもので、直接的に操作に関わるものではなかった。そこで今回は、機能性を追加するプラグインとして「Denite」を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

「安全性を高めるための技術」のSSL/TLS暗号化を悪用した攻撃が増加。その対応策とは?

【特別企画】「安全性を高めるための技術」のSSL/TLS暗号化を悪用した攻撃が増加。その対応策とは?

近年、「安全性を高めるための技術」のSSL/TLS暗号化を悪用した攻撃が増加してきている。そして厄介なことにこの攻撃は、SSLトラフィックを復号化してから予兆を検知しなければ、脅威侵入を防ぐことも感染に気付くことも難しい。本稿ではこの "ネットワーク環境の変化に応じて生まれた新たな脅威" について解説するとともに、対策案として、トレンドマイクロとA10ネットワークスの複合ソリューションの「Deep Discover Inspector with A10 Thunder CFW」を紹介する。

セキュリティ

3404 件中 301~320件目を表示中

3404 件中 301~320件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る