ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2850 件中 2821~2840件目を表示中

会社でCc付きメールが氾濫していませんか? やってはいけない! 電子メールでの社内情報共有

【特別企画】会社でCc付きメールが氾濫していませんか? やってはいけない! 電子メールでの社内情報共有

メールを使った情報共有でよく使われる機能に"Cc"があるが、安易なCcの利用こそが業務効率化の阻害要因となっているのである。通常、業務上のメールは必ず目を通すものだが、「とりあえず」Ccを付けることが社内での習慣となってしまうと、自分の業務とは関係のないメールも大量に送りつけられるようになる。それらのメールにいちいち目を通していたのでは、本来すべき業務にまで支障をきたしてしまうのだ。本稿では、それら問題の解決につながる、業務の効率化のための22機能を標準搭載したグループウェアをご紹介する。

業務アプリケーション

ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

【特別企画】ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

iPhoneやiPadに代表されるスマートデバイスが猛烈な勢いで普及している昨今、ビジネスの世界でもこうしたスマートデバイスを積極的に活用することで"いつでも、どこでも、どのデバイスでも"業務を遂行できるようにし自社の競争力向上につなげようとする動きが活発化している。なかでも社員が私物として所有するスマートデバイスを業務でも使用するBYOD(Bring Your Own Device : 私物利用)に対する関心は、経営者側からも従業員側からも高まりをみせている。ではこの進むマルチデバイス時代に企業はどのようなセキュリティ対策を採るべきなのだろうか? ここではその具体例を解説する。

セキュリティ

30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

【特別企画】30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

FireEye MPS の名前を世に広く知らしめたのは、2009 ~2010 年にかけてIT 業界を狙った、通称「Operation Aurora」と呼ばれる大規模な標的型攻撃だ。この攻撃ではIE6 の脆弱性が突かれ、Googleをはじめ30社を超える企業でアカウント情報を盗まれるなどの被害が出た。Googleが中国からの全面撤退を発表したことでも記憶に残っている方は多いだろう。

セキュリティ

標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

【特別企画】標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

サイバー攻撃の中でも近年特に問題になっている「標的型攻撃」には、ステルス性(隠匿性)が非常に高いものが多い。そのため、攻撃の前段階はおろか、攻撃自体が終わっても気付かない企業も珍しくない。しかし現在は、ありとあらゆる情報がデータで記録されている時代である。何百億円と投資して得た研究成果や、数十億円規模に及ぶビッグプロジェクトの実予算もサーバ上に残されている。

セキュリティ

仮想化環境やクラウドのために開発されたリバーベッドのパフォーマンスソリューション

【特別企画】仮想化環境やクラウドのために開発されたリバーベッドのパフォーマンスソリューション

企業がビジネスのグローバル展開やアプリケーションのモビリティ化を進めるためには、データセンターにも大きな変化が求められる。米IDG Reseachが2013年1月に行った調査によれば、回答者であるIT管 理者の8割近くが「ビジネスを成功に導くためにはデータセンターの変革が非常に重要である」と答えたという。

ネットワーク機器

大規模化・複雑化するデータセンター運用管理の最適解

【特別企画】大規模化・複雑化するデータセンター運用管理の最適解

クラウド/仮想化時代の本格的な到来で、企業のIT運用管理者の負担はむしろ増している。仮想化を駆使した社内データセンターのプライベートクラウド環境は、運用管理対象となるIT機器の台数増加とITインフラの複雑化が進行し、管理工数の増大や、セキュリティ対策の不十分、エネルギーコストの増大を招いている。そうした様々な課題に対応するため、ATENジャパンが提供するデータセンター統合運用管理ソリューションをチェックしてみよう。

データセンター

サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

【特別企画】サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。

仮想化

ポイントは "安全かつ高速! "モバイル時代を追い風に変えるWebサイト配信基盤の秘訣

【特別企画】ポイントは "安全かつ高速! "モバイル時代を追い風に変えるWebサイト配信基盤の秘訣

企業にとってWebサイトは、事業を成功に導く最も重要なツールの1つである。商品やサービス、企業を紹介する第一歩の場であったり、ほかのメディアで興味を持ったユーザーが詳細な情報を得にくる場であったり、あるいは商品を手にしたユーザーがさらなる価値を求めて訪れる場であったりする。ユーザーと企業・サービスとを結ぶ、最も重要な窓口の1つである。

Webサイト構築

宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

事業継続

業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

【特別企画】業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

近年、企業におけるモバイルデバイス活用の需要が拡大しているが、その目的として一番大きいのがコミュニケーションの強化だろう。外出先で手軽にメールの送受信が可能なほか、グループウェアを活用すれば社内のデータの閲覧・編集、必要に応じての報告書の作成・提出までモバイルデバイスから行える。このように、今まで社内の端末に縛られていた作業が、外出先から済ませられるメリットは大きい。

業務アプリケーション

スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

【特別企画】スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

スマートフォンやタブレットなどは、外出が多い社員にとって大変便利なもの。しかし、高い利便性を持つからこそ紛失・盗難に遭った際のセキュリティリスクも増大する"諸刃の剣"といえる。そこで注目を集めているのが、モバイルデバイスを管理するための「MDM(Mobile Device Management)」である。

業務アプリケーション

セキュアで高信頼な有線/無線LANネットワーク - FutureNet WXR-250&FutureNet RAシリーズ

【特別企画】セキュアで高信頼な有線/無線LANネットワーク - FutureNet WXR-250&FutureNet RAシリーズ

店舗やパブリックスペース、生産現場、会議室など、さまざまなシーンにおいてフレキシブルなネットワークアクセスを実現する無線LAN。市場には低価格ながら高性能・多機能なルータ/AP製品が多数揃う中、企業のIT担当者は、セキュリティリスクの拡大や、ユーザーのアクセス形態の多様化といった昨今の課題にこたえながら要件を満たす製品を選定する必要があります。ここでは、既存の有線LAN環境とシームレスに統合しながら、セキュアでフレキシブルな無線LAN環境を構築する際の課題やポイントを、典型的なユースケースを示しながら紹介・解説いたします。

ネットワーク機器

新規開拓が進まない状況を打破する!? 営業の構造改革とは

【特別企画】新規開拓が進まない状況を打破する!? 営業の構造改革とは

企業を取り巻くビジネス環境は、刻々と変化を続けている。それは経営課題にも影響しており、1980~90年代にかけての成長期は技術力や新製品・新サービスが大きな課題だったのに対し、2000年以降の成熟期では売り上げ・シェアの拡大や収益性の向上、人材強化などが挙げられている。

マーケティング

『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

【特別企画】『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

今や一人の社員がデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、そしてスマートフォンというように複数のデバイスを使うことが普通になりつつある。年々増加するスマートデバイスの法人利用は、2015年には2010年の約5倍にまで拡大するとの予想だ。しかし、実際の声は少し違う。「経営者からトップダウンでスマートフォンを導入したものの、導入後これといった効果は出ていない。まだまだ活用までには至っておらず、ほとんどの社員が持つだけで満足している」と話す情報システム管理者は多い。

業務アプリケーション

モバイルを安全に! セキュリティと利便性を両立の本人認証へ - PassLogic

【特別企画】モバイルを安全に! セキュリティと利便性を両立の本人認証へ - PassLogic

企業のモバイルデバイス導入時、ウイルス対策や紛失対策と合わせて導入されるのは「端末認証」と「本人認証」といった認証システムだろう。端末認証は、企業ネットワークにあらかじめ登録された端末にのみ接続させるという考え方だ。人の出入りが制限されているオフィスでは非常に有効な方法だ。しかし、モバイルデバイスの場合は話が変わってくる。

セキュリティ

企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

【特別企画】企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

企業や団体のWebサイトへの不正アクセスや、なりすましによる個人情報漏えい事件が多発するなど、サイバー攻撃は日増しにその凶悪化の度合いを高めている。そうしたなか、公開鍵暗号技術と電子署名を使って高度な情報セキュリティ基盤を実現する技術として改めてPKI(Public Key Infrastructure)に注目が集まっている。

セキュリティ

企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

【特別企画】企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

3月12日に開催されたセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対処すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」では、企業が晒される脅威について各分野のエキスパートが解説。実践的な対処方法も紹介された。この中で、特にウェブサイトのセキュリティについて語ったのは、日本ベリサイン SSL製品本部 SSLプロダクトマーケティング部 上席部長である安達徹也氏だ。

セキュリティ

メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

【特別企画】メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

3月12日に開催されたセキュリティセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」において、サイバーソリューションズ 代表取締役社長である秋田健太郎氏は「現場が求める真のメールセキュリティは何だ!?」と題した講演を行った。企業が行うべきセキュリティ対策について各分野のエキスパートが語るセミナーにおいて、秋田氏は各種メールソリューションを企業に提供する立場から、セキュアなメール環境を構築するために本当に必要な心構えについて語った。

セキュリティ

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

【特別企画】便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

セキュリティ

次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

【特別企画】次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

「次の10年に必要な企業のIT基盤」を提供すべく日本IBMが2012年に発表したのが、同社がエキスパート・インテグレーテッド・システムと呼ぶ製品ファミリー「IBM PureSystems」である。ここではマルチハイパーバイザ環境に代表される高度な仮想化/クラウド活用を支えるIaaS基盤「IBM PureFlex System」の特徴とアドバンテージが示された。

サーバ/ストレージ

2850 件中 2821~2840件目を表示中

2850 件中 2821~2840件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る