ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2862 件中 2541~2560件目を表示中

【レポート】競合製品、新技術、留意点...注目企業が本音で討論! - 新興ストレージベンダー座談会 (1) 特性の異なる8社が集結! その顔ぶれは...

【レポート】競合製品、新技術、留意点...注目企業が本音で討論! - 新興ストレージベンダー座談会 (1) 特性の異なる8社が集結! その顔ぶれは...

ストレージ業界に新しい波が訪れている。革新的なコンセプトや機能を備えた製品を提供する新興ベンダーが次々と登場、これまで抱いていた"常識"が通用しなくなってきた。 そこで今回、新興ベンダー8社の担当者を招いた座談会を企画した。新興ベンダーはユーザーにどんなメリットを提供するのか、また、"ライバル"をどう考えているか。ときに熱く、ときに冷静な議論が交わされた座談会の模様を数回にわけてレポートする。

サーバ/ストレージ

多発するメールの"うっかりミス"による情報漏えい! マイナンバー対策は本当に大丈夫? - まずは自己診断でチェック

【特別企画】多発するメールの"うっかりミス"による情報漏えい! マイナンバー対策は本当に大丈夫? - まずは自己診断でチェック

2005年に全面施行された個人情報保護法では、中小企業の多くがその適用対象外となっていた。そのため、個人情報保護法の施行から個人情報保護対策について本格的に取り組んできた大手企業と比べると、大きく出遅れているというのが現状だ。

セキュリティ

日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

日本企業で使われる業務システムは、必要に応じて都度、導入・刷新されてきたものが多い。中堅以上の企業ともなれば、システム規模が大きくなることから、異なるシステム間のデータ・マスタを連携し、整合性を保つことが大きな課題となる。システムをシームレスに連携させ、真の意味で全体最適化を実現するには何が必要か?スーパーストリームの取締役 CTO(最高技術責任者) 山田誠氏に話を伺った。

ソリューション

いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

【特別企画】いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

調査会社Dynamic Marketsが行った調査レポートによれば、世界の経営者のうち約76%が、クラウド(SaaS)アプリケーション採用における一番の動機として「迅速かつ簡単に入手するため」と回答しているという。特に複数の事業や拠点(海外含む)、関連会社を持つ企業にとって、会計、人事給与、生産管理、物流管理、販売管理といった企業経営の基幹を担うシステムのクラウド化は、さらにその有効性を増すと言える。その理由について、本稿で紹介する日本オラクル提供のホワイトペーパー「最先端 ERP のグローバル会計」では、以下の4つの観点から解説している。

業務アプリケーション

月150円から導入できるグループウェア「J-MOTTO」 - 多様なデバイス対応(PC/スマホ/携帯)も魅力

【特別企画】月150円から導入できるグループウェア「J-MOTTO」 - 多様なデバイス対応(PC/スマホ/携帯)も魅力

各種業務を改善するグループウェアの問題点を解決! スピードを求められる現在ビジネスにおいて、情報共有と業務効率化は避けては通れない重要な課題である。それらの課題を解決する手段として各種スケジュール管理や情報共有、そして申請書などの各種業務フローまでも管理するグループウェアがあげられる。だが、ツールへの不安などから未だ導入に踏み切れていない企業もある、そこでその不安を解決するために資料としてまとめた。

業務アプリケーション

仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

【特別企画】仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

大企業はもちろん、中堅・中小企業のビジネスにとっても、ITのさらなる高度活用は大きなテーマとなっている。その前提となるのが、仮想化環境への移行だ。仮想化環境であれば、システム立ち上げが容易な上、ITをこれまで以上に柔軟かつ俊敏に使いこなしていくことができるようになる。

サーバ/ストレージ

全体の37%しか手段を講じていない - クライアントPCのデータ・バックアップを見直すべき3つの観点

【特別企画】全体の37%しか手段を講じていない - クライアントPCのデータ・バックアップを見直すべき3つの観点

米国の調査会社のレポートによれば、クライアントPCのデータ・バックアップのために有効な手段を用意している企業は、全体の37%でしかないという。なかなか手段が講じられないクライアントPCのデータ・バックアップだが、実はそれが多くのビジネスリスクを内包していることをご存知だろうか。

事業継続

CSやビジネスの向上は、システム基盤からアプローチできる - サーバとアプリケーションの統合監視ツール 「HPE SiteScope」

【特別企画】CSやビジネスの向上は、システム基盤からアプローチできる - サーバとアプリケーションの統合監視ツール 「HPE SiteScope」

本稿で紹介する日本ヒューレット・パッカードのソフトウェア「HPE SiteScope」は、システム基盤とアプリケーションの双方を不整合なく監視するツールで、企業ITの運用管理に携わる担当者にとって、決して少なくないメリットを提供する。

ソリューション

ビッグデータの活用企業は未だ6% - 関心はあるけど踏み出せないワケと、打開策の検討

【特別企画】ビッグデータの活用企業は未だ6% - 関心はあるけど踏み出せないワケと、打開策の検討

調査会社ガートナージャパンが2015年5月に公表した調査レポートによれば、日本企業の約9割が「ビッグデータ」を認知しており、約3割が関心を示しているという。ところが、実際にビッグデータを活用している動きは全体の6%でしかないようだ。なぜ、企業によるビッグデータ活用が進展しないのか。理由はいたってシンプルだ。

データ分析

マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

【特別企画】マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

標的型攻撃は完全防御が難しく、「多層防御」と呼ばれる複合的なセキュリティへの取組みが何よりも大切だと言われている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、この標的型攻撃の防御に対する取組みとして"着実"な前進を促すであろうセキュリティにおける2つのサービスを提供する。

セキュリティ

BIツール選定のための知っておくべき3つの基準

【特別企画】BIツール選定のための知っておくべき3つの基準

定着しないビジネスインテリジェンス(BI)とは。BIはデータ分析と同じくデータを可視化し業務改善などに役立てるものだが、現場ではビジネスインテリジェンスが導入定義通りに活用されているケースは多くない。そこで、BIツールの現状と選定する為に大切な3つのポイントを資料としてまとめた。

データ分析

クラウドが当たり前になりつつある今、BYODを効果的に運用できるサービスはどれ?

【特別企画】クラウドが当たり前になりつつある今、BYODを効果的に運用できるサービスはどれ?

個人端末を業務で利用するBYOD(Bring Your Own Device)の実現には、情報漏えいを防ぐためのセキュリティーとコスト、そして効果的に運用するための仕組みを考える必要がある。その仕組み作りを実現するため、株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは3つのスマートデバイスサービスを提供している。

セキュリティ

データの紛失は命取り! 散在するデータをまとめるクラウドサービス活用方法

【特別企画】データの紛失は命取り! 散在するデータをまとめるクラウドサービス活用方法

データの流出により企業存続の危機に陥る時代に必要なのは確かなバックアップを行うこと、そしてしっかりとした管理を行うこと。その手助けをするのが株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトが提供する「AQStage クラウドデータバックアップ by Druva」だ。

事業継続

仮想デスクトップのメリットを物理PCで実現! 国内初のクラウドサービス化「AQStage デスクトップ統合管理 by VMware Mirage」

【特別企画】仮想デスクトップのメリットを物理PCで実現! 国内初のクラウドサービス化「AQStage デスクトップ統合管理 by VMware Mirage」

物理PCのための次世代イメージ管理(next-generation image management for physical desktops)として登場したVMware Mirageを株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、2015年7月に国内初のクラウドサービスとして全国展開している。

仮想化

NTT西日本グループで開発・運用されるワークスタイル変革ソリューション

【特別企画】NTT西日本グループで開発・運用されるワークスタイル変革ソリューション

マイナンバー制度の話題や相次ぐ漏えい事件の報道。セキュリティーの重要性は、いやが応にも意識せざるを得ない。肝心なのは「自由と管理のバランス」。自らの運用経験によって、納得性のある解答を提案しているツールが、「NTTネオメイトのAQStage 仮想デスクトップ」だ。

仮想化

"初期投資削減"でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

【特別企画】"初期投資削減"でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

コールセンター業務の利用範囲が広がりを見せている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、このコールセンターのニーズに応えるため手軽にはじめられるクラウド型コールセンター「AQStage IPコールセンタサービス」を市場に投入した。

マーケティング

消費者と食品メーカーの大きな溝 - 食への不信感、原因の1つはSNS!?

【特別企画】消費者と食品メーカーの大きな溝 - 食への不信感、原因の1つはSNS!?

2000年代に入ってから多発する「食品安全」の不祥事。これによって生じた不信感が、消費者の「食の安心・安全」に対する意識を高めている。ただ、下記のグラフを見ていただくと分かる通り、食品に関する事件や不祥事の報道件数は2008年をピークに大きく減少を続けている。

ソリューション

【インタビュー】Windows 10は日本企業にインパクト大! 2020年のクライアント環境はこうなる - ガートナー針生氏

【インタビュー】Windows 10は日本企業にインパクト大! 2020年のクライアント環境はこうなる - ガートナー針生氏

ここ数年、モバイルやウェアラブル、さらにはクラウドとの連携が一気に加速したこともあり、クライアントコンピューティング(エンドユーザーコンピューティング)は企業ITにおける一大テーマとなっている。このような動向を踏まえて、ガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティの主席アナリスト、針生恵理氏は、「2020年には、モビリティによる変革はもはや止められない域に達していることでしょう。今までの常識は通用しない、新たな時代への備えが必要です」と強調する。

クラウド

【インタビュー】クラウド&モバイルがネットワークインフラの世界を変えていく - ガートナー池田氏

【インタビュー】クラウド&モバイルがネットワークインフラの世界を変えていく - ガートナー池田氏

クラウドやモバイルがITの世界に激変をもたらしているなか、ネットワークインフラについてはさほど大きな変化は起きていないと考えている人も多いかもしれない。「しかし、そんなことはありません」と強く語るのが、ガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティのリサーチ ディレクター、池田武史氏だ。

ネットワーク機器

より簡単に、さらにわかりやすく"実行管理""ERP"の一体化で企業全体の効率を改善

【特別企画】より簡単に、さらにわかりやすく"実行管理""ERP"の一体化で企業全体の効率を改善

「業務部門の入力不可が高いと言われる」、「間違いが多くてデータを信用できない」といった声がよく現場から寄せられることからもわかるように、工場とERPのギャップに悩む企業は多い。そうしたなか、あらゆるメーカーや販売企業が、業務の生産性を高めるとともに変化に迅速に対応できるように支援し、そして販売から調達、生産、納品に至るまで全社のプロセスを可視化できる強固なERPソリューションが、インフォアジャパンが提供する「Infor SyteLine」である。

業務アプリケーション

2862 件中 2541~2560件目を表示中

2862 件中 2541~2560件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る