ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2600 件中 2501~2520件目を表示中

WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

【特別企画】WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

BtoCや社内の業務システムにWebサイトを活用しているノーリツでは、サイトの構築時期によってセキュリティレベルが異なる事などからWebサーバの脆弱性を危惧し、2009年1月に「Barracuda Web Application Firewall(以下「Barracuda WAF」)」を導入した。WAFアプライアンス自体が高価であった当時、ノーリツは価格・運用面での効果も期待して「Barracuda WAF」を選定。導入後4年以上を経過した現在、セキュリティレベルの統一化のみならず、運用管理のコスト、手間、時間までも大幅に低減することに成功している。

セキュリティ

仮想環境のバックアップを「集中管理」「遠隔化」そして「コスト削減」

【特別企画】仮想環境のバックアップを「集中管理」「遠隔化」そして「コスト削減」

ソフトクリエイトホールディングスでは、2012年の本社移転に伴い、数十台あるすべての物理サーバを仮想化することに成功した。このプロジェクトで浮き彫りになったのが、バックアップにまつわる問題だった。それまで同社の物理サーバはすべてNASによるディスクベースのバックアップを利用しており、サーバ毎にバックアップ用のNASが乱立。バックアップはすべて個別管理されている状態だったのである。

事業継続

クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

【特別企画】クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

「Salesforce.com」に代表されるSaaS型のクラウドアプリケーションは、今やすっかりビジネスの現場に根付いた感がある。しかし一方で、クラウドの利用が広まるにつれ、その運用上の課題も露呈しつつあるようだ。その最たるものの1つが、基幹システムとの連携という問題だ。

ソリューション

専門知識がなくとも顧客の将来の購買行動を予測する方法とは

【特別企画】専門知識がなくとも顧客の将来の購買行動を予測する方法とは

「ビッグデータ」というキーワードを頻繁に耳にするようになって久しいが、では実際にビッグデータの恩恵を受けている企業が、果たしてどれだけあるのだろうか?ビッグデータ分析で華々しい成果を挙げた企業の事例が大々的に紹介される一方で、多くの企業は初歩的なデータ分析にすら着手できていないか、もしくは着手したものの、思ったほどの効果を上げられずにいるのが実情ではないだろうか。

データ分析

モバイルアプリ開発の切実な問題...マルチデバイス/マルチOS対応の開発で解決

【特別企画】モバイルアプリ開発の切実な問題...マルチデバイス/マルチOS対応の開発で解決

クライアント端末の主役は、PCからスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスへと急速にシフトしている。これに伴い、今後のモバイルアプリケーション需要は爆発的に伸びると考えられる。社内システムへのリモートアクセスやB2Bの限定的な利用ではなく、一般消費者を対象としたB2Cのサービス領域でも、"モバイルありき"のアプリケーション戦略を策定することが急務になっている。

開発ソフトウェア

管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

【特別企画】管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

事業継続

貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

【特別企画】貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

サイバー攻撃は活発になる一方だ。セキュリティ関連の製品/サービスを手がける三和コムテックのソリューション営業部Webセキュリティグループ副部長、岡山大氏は「Webを設置している企業はすべてサイバー攻撃に備える必要があります」と警告する。岡山氏は続けてこう言い放つ。「あなたの会社のWebサイトが、1年も前に侵入されてしまったのに、今もそれに気がついていない可能性があるのです」

セキュリティ

ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

【特別企画】ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

昨今のビッグデータ活用への機運の高まりから注目されるようになったのが、「データ・サイエンティスト」と呼ばれる人材だ。明確な定義があるわけではないが、数理統計に基づいた分析センスとスキルに加え、ビジネスやITに関する知識も持ち合わせ、戦略的なデータ活用を主導していくリーダーというのが、大まかなイメージだ。

データ分析

中堅・中小企業にとってのビッグデータ活用は、競争力強化に有効!?

【特別企画】中堅・中小企業にとってのビッグデータ活用は、競争力強化に有効!?

ITのメガトレンドの象徴として"ビッグデータ"というキーワードは広く企業に浸透した。だが、大規模な基幹システムやデータウェアハウスなどのデータ基盤を運用している大企業はさておき、中堅・中小企業にとっては、データソースや分析の実装という観点でまだまだ実感が乏しいというのが率直なところではないだろうか。「そもそも我が社にビッグデータと言えるような情報はあるのか?」「まともに分析もやったことのない我々の手に負えるものではない」と、検討以前の段階で立ち止まっている企業は少なくない。

データ分析

24時間365日業務システムを止めない上での共有ストレージの問題点とは?

【特別企画】24時間365日業務システムを止めない上での共有ストレージの問題点とは?

あらゆるビジネスがインターネットに結び付いている現在、情報システムが止まってしまった場合のリスクは日増しに拡大している。ビジネスにおける機会損失の防止や、顧客および取引先企業との信頼関係の維持など、さまざまな観点から高い可用性が情報システムには必要だ。特に日本は、海外と比較してもサ ービス・レベル要求が厳しいと言われ、金融機関や通信事業者などのミッションクリティカルな分野に限らず、あらゆる業種のITシステムに対して高度な可用性、安定性が求められている。

事業継続

プリンターメーカー自らが「印刷物を削減」するソリューションを提供

【特別企画】プリンターメーカー自らが「印刷物を削減」するソリューションを提供

1991年に設立されたレックスマークは、主にコンシューマー向けのインクジェットプリンターで実績を積み上げ、2003年には全世界におけるシェアの19%を獲得するまでに至った。しかし2012年、レックスマークはインクジェットプリンター部門からの撤退を発表することとなる。

ソリューション

次世代のテレビ会議システムとは? 7年連続テレビ会議シェアNo.1の秘密に迫る

【特別企画】次世代のテレビ会議システムとは? 7年連続テレビ会議シェアNo.1の秘密に迫る

現在の企業に強く求められている"変化への対応力"の鍵を握るのが、企業内での円滑なコミュニケーションである。刻一刻と変わっていくビジネスシーンのなかで、お互いの距離にかかわらず、必要な時に必要とするメンバー間でリアルタイムにコミュニケーションを図ることは、もはや必須とも言っていいだろう。

業務アプリケーション

IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

【特別企画】IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

「まいきゃびWorkflow」は、IBM Notes/Domino 6~9までと連携できるワークフロー管理製品である。「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」といえば、言うまでもなく世界中で5万以上の組織が活用するグループウェアの代名詞的な存在だ。そして「まいきゃびWorkflow」開発・販売元のキーウェアグループは、Notesが登場した翌年の1994年と早い時期からNotes関連のビジネスを手がけてきた実績を持つ(当時の社名は日本電子開発)。

業務アプリケーション

経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

【特別企画】経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

2013年4月に設立されたばかりのPLCパートナーズは、「IBM BusinessProcess Manager(以下、IBM BPM)」ソフトウェアを活用することで企業の業務改革を支援するプロフェッショナルサービス集団である。BPMとの出会いを、代表取締役である人見正徳氏は次のように振り返る。

ソリューション

IBM Notes/Dominoが輝きを取り戻す!? グループカレンダー機能強化の全貌とは

【特別企画】IBM Notes/Dominoが輝きを取り戻す!? グループカレンダー機能強化の全貌とは

1989年にクライアント/サーバー対応のグループウェアとして登場した「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」。製品のリリースから20年以上を経た現在でも、社員数が数人の会社から数万人の大企業まで、あらゆる規模の組織で圧倒的な人気を誇る。Notes/Dominoについて、アクセルの代表取締役である岡本敏弘氏はこう語る。

業務アプリケーション

標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

【特別企画】標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る! ネットワーク次世代技術総覧セミナー」と題したそのセミナーでは「標的型攻撃の現状と必要な対策」について、次世代セキュリティ技術の専門メーカーであるファイア・アイ株式会社の橋本賢一郎氏が、実際の標的型攻撃をデモで紹介しながら、その対策を熱く語った。

セキュリティ

クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

【特別企画】クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

グループウェアの選定時に抑えるべきポイントは「コスト×機能」! 競争の激しい現在のビジネス環境を勝ち抜くために欠かせないのが、社内での円滑な情報連携だ。必要な情報を、必要とする社員の全てが共有できるようにすることで、あらゆる業務の効率性や柔軟性が増し、ひいては全社的な競争力の向上へとつながるのである。

業務アプリケーション

次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

【特別企画】次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る!ネットワーク次世代技術総覧セミナー」において行われた、A10ネットワークスによる「次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション」では、最新のADC技術を検証することによって、次世代ADCが目指す方向性を浮き彫りにした。

ネットワーク機器

諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

【特別企画】諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

国産汎用機からの脱却、レガシーマイグレーションを滞りなく成功させるには、もちろん綿密な計画や準備が欠かせない。異なるプラットフォームへと移行するのだから、これは当然のことだ。

ソリューション

「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

【特別企画】「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

女性向けインナーウェアを中心に、その高いブランド力を武器に事業を展開するワコール。最近ではアンチエイジングをモチーフとした中高年女性向けのインナーウェア「マイナス5歳」シリーズがヒットしたほか、同社の人間科学研究所が開発した汗がたまりにくいブラジャー、「風と谷間のブラ」も今年の春夏商品として話題を呼んだ。そんな同社では、非常勤者に2012年9月よりiPadを配布。強固なセキュリティのもとで......

マーケティング

2600 件中 2501~2520件目を表示中

2600 件中 2501~2520件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る