ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2617 件中 2341~2360件目を表示中

気をつけても起こるメールでの"うっかりミス" - 「ZIP暗号化方式」を採用した誤送信対策ソリューション

【特別企画】気をつけても起こるメールでの"うっかりミス" - 「ZIP暗号化方式」を採用した誤送信対策ソリューション

業務を行う上で、メールのやりとりは欠かせない。 そしてその中には、非常に重要度の高い内容や機密情報などが含まれることも多々あるだろう。毎日何気なく利用するメールには、計り知れない被害を生むリスクが常に潜んでいる。しかし、どんなに気をつけていても、うっかりミスを0にするのは難しい。そんな課題を解決するために生まれたのが、メール利用での"ミス"を防ぐソリューションが...

セキュリティ

乳代精算に関わる業務効率アップを実現する酪農業組合向けパッケージ製品の条件とは?

【特別企画】乳代精算に関わる業務効率アップを実現する酪農業組合向けパッケージ製品の条件とは?

酪農業組合向けのシステムは各地方の組合ごとに業務計算の方法が異なるなど、どの組合でも使えるような共通機能を備えた総合パッケージ製品はなかなか存在しなかった。しかし業務効率を向上させていくには、部門ごとの業務をひとまとめにして関連づけて操作できるシステムが必要になる。こうした世界を実現するIT製品とはどんなものがあるだろうか。

業務アプリケーション

「アソビゴコロとテクノロジー」を駆使し、かかわる人すべてに「楽しい」を届ける

【特別企画】「アソビゴコロとテクノロジー」を駆使し、かかわる人すべてに「楽しい」を届ける

「アソビゴコロとテクノロジー」を駆使し、かかわる人すべてに「楽しい」を届ける―― そんなモットーを掲げるクリエイティブカンパニー「ソノリテ」では、マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」のコンサルティングサービス「テラスク365」を展開している。

ソリューション

社員のモバイル端末は安全か? モバイルセキュリティ対策5つの落とし穴とは?

【特別企画】社員のモバイル端末は安全か? モバイルセキュリティ対策5つの落とし穴とは?

2015年9月に発生した、公式AppStore経由でのiOSマルウェアのアウトブレイクについてはまだ耳に新しいのではないか。Androidだけでなく、iOSを狙ったモバイル脅威が増加している中、モバイルセキュリティ対策はMDM(デバイスマネジメント)だけで十分だろうか? そこには5つの落とし穴が存在する。

セキュリティ

「オバマケア」をきっかけに大盛況! - 米国で導入が進む「BRMS」とは

【特別企画】「オバマケア」をきっかけに大盛況! - 米国で導入が進む「BRMS」とは

ビジネスには何らかのルールが必ず存在する。急激に変化を続ける近年のビジネス環境では、ビジネスルールについても柔軟な対応が求められる。 一方で、企業が利用しているITシステムは、これらの変化について行けずビジネスが滞るという課題も存在している。 昨今、この課題を解決する手段として注目されている開発手法が「BRMS(Business Rule Management System)」である。

業務アプリケーション

もはや「待ったなし」。マイナンバー制度へのセキュリティ対策

【特別企画】もはや「待ったなし」。マイナンバー制度へのセキュリティ対策

もはや「待ったなし」の状態になっているマイナンバー制度への対応。施行開始を前にあらゆる企業は準備に余念がないというのが現実だろう。しかし、実際には既存のシステムや組織体制にとって、どれほどの影響があるのかわからない部分もある。

セキュリティ

2015年12月1日から実施スタート - 従業員のストレスチェック義務化対策、していますか? -

【特別企画】2015年12月1日から実施スタート - 従業員のストレスチェック義務化対策、していますか? -

2015年12月1日から改正された労働安全衛生法の実施がスタートする。これにより、事業者は医師・保健師などによる心理的な負担を把握する検査(ストレスチェック)を年1回以上行うことが義務となった。本制度に対応するために、事業者は果たしてどんな業務を行う必要があるのだろうか?

業務アプリケーション

作業効率が6倍に!? 映画「ゼロ・グラビティ」のVFX制作の作業効率をあげた「Avere FXT」

【特別企画】作業効率が6倍に!? 映画「ゼロ・グラビティ」のVFX制作の作業効率をあげた「Avere FXT」

増え続けるデータ格納先としてNASの導入が進んでいる。しかし、NASを用いたとしても、扱うデータ量が膨大すぎることによる運用負荷を避けられない企業が増えているのが実情だ。このような、「ビッグデータ」を管理する煩雑さや、コスト問題の解決を手助けしてくれるのが、ハイブリッドクラウドNAS「Avere FXT」だ。

サーバ/ストレージ

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

スマートデバイス、クラウドサービス、ソーシャルメディア、さらにはIoTやスマートマシンなど、企業に新たな技術が次々と浸透していく中、これからの企業IT部門はどのように変わるべきなのか。また、それに向けた製品/サービス選定の際に必ず抑えるべきポイントはどこにあるのか、ガートナー ジャパン 鈴木雅喜氏に話を聞いた。

クラウド

データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

事業継続

会社のメールと予定表を個人のスマホで共有

【特別企画】会社のメールと予定表を個人のスマホで共有

Microsoft Exchange Server に取って代わる高機能・低価格メッセージングサーバーソフトウェアとして人気なのが「MDaemon Messaging Server」だ。MDaemonには、スマートフォンからアクセスするためのオプション製品「ActiveSync for MDaemon」が用意されているなど、簡単そして安全にモバイルワークを支援する機能も充実している。およそ20年で世界約90カ国以上での導入実績があるMDaemonは、日本国内でも、現在約1,000 の企業で稼働しているという。

セキュリティ

セキュリティ機器の盲点となる暗号化トラフィックを可視化する「SSL インサイト」

【特別企画】セキュリティ機器の盲点となる暗号化トラフィックを可視化する「SSL インサイト」

SSLを利用したデータ通信の暗号化を採用するウェブサイトが増加する一方で、暗号化した通信を悪用し、セキュリティ製品の監視を回避するサイバー攻撃が現れている。A10ネットワークスの次世代アプリケーションデリバリーコントローラー「ThunderADC」に搭載された「SSLインサイト」ソリューションは、暗号化トラフィックを可視化することで、SSL通信に潜む脅威から企業を守ることができる。

セキュリティ

分散環境下でシステムの一貫性とシステム高速化を同時に実現

【特別企画】分散環境下でシステムの一貫性とシステム高速化を同時に実現

多数のサーバを並列して構成する大規模分散環境では、サーバの故障を前提としつつ、各サーバでのデータの一貫性やサービスの継続性を維持することが課題だ。それを手軽に、かつ信頼性の高い大規模分散環境で実現する手法があるという。その手法とは?

サーバ/ストレージ

証憑管理が簡単に! 会計経理の負担を軽減する「e文書法 スキャナ保存の規制緩和」とは

【特別企画】証憑管理が簡単に! 会計経理の負担を軽減する「e文書法 スキャナ保存の規制緩和」とは

2015年1月、企業にとって重要な電子帳簿保存法に関する規制緩和が発表されたのをご存じだろうか? 「電子帳簿保存法」が1998年7月に制定され、2005年3月に改正、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存する「スキャナ保存制度」が改正された。

業務アプリケーション

ユーザーの興味分野を85%の精度で推定可能 - テキストマイニング(分析)の可能性を知る

【特別企画】ユーザーの興味分野を85%の精度で推定可能 - テキストマイニング(分析)の可能性を知る

ユーザーの行動を分析し、従来業務の効率化と顧客満足度を向上させることで売上げにつなげる行動をテキストマイニング(分析)という。ワケは行動と動機を組み合わせて分析すれば、より深い顧客・市場の理解が得られるということになる。これらを行うための手法をお伝えする。

データ分析

負荷分散だけじゃないクラウド時代のADC活用術 - Webサービスにおけるパフォーマンスチューニング

【特別企画】負荷分散だけじゃないクラウド時代のADC活用術 - Webサービスにおけるパフォーマンスチューニング

2015年9月8日(火)に開催された「アプリケーション・パフォーマンス 2015」。会場の一角ではWebアプリケーションのパフォーマンス向上の一環として、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラ)でできること、やっておくべきことについてセッションが行われた。

ネットワーク機器

インフラ改革に成功したNTTぷららが選んだストレージ - 決め手はサービスレベルの維持

【特別企画】インフラ改革に成功したNTTぷららが選んだストレージ - 決め手はサービスレベルの維持

インターネット接続サービス「ぷらら」を事業の中心として創業したNTTぷらら。事業展開の中で課題となっていたのは、データベース規模が拡大し、ライセンス費用やITインフラの運用コスト負担などが増大したことだ。これからのビジネス拡大、サービスの高度化、将来のコストの肥大化を防ぐためにも、新たなITアーキテクチャへの変革が必須となるだろう。その1つとして、NTTぷららが大きな成果を上げたIT改革が、データベースの集約である。

サーバ/ストレージ

認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

データ分析

企業が陥りやすい悪循環...チャレンジと無謀は紙一重! - 有言実行に至るプロジェクト管理法とは

【特別企画】企業が陥りやすい悪循環...チャレンジと無謀は紙一重! - 有言実行に至るプロジェクト管理法とは

近年製造業界を取り巻く環境は、下降傾向にあったものの、円安などの影響により、現在は盛り返しを見せているという。多くの企業は、この機を活かして今まで以上に利益を上げたいと考えているだろう。そのためにはまず、「より高い目標を早く実現できるプロセスへの革新が求められる」と、日本能率協会コンサルティング プロセス・デザイン革新センター長の角田賢司氏は語る。

ソリューション

100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

事業継続

2617 件中 2341~2360件目を表示中

2617 件中 2341~2360件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る