ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2699 件中 2261~2280件目を表示中

[講演資料提供] データの声を聞け! Googleアナリティクス入門 セミナー資料

[講演資料提供] データの声を聞け! Googleアナリティクス入門 セミナー資料

4月13日(水)、マイナビニュース スペシャルセミナー 第6回「データの声を聞け! Googleアナリティクス入門」を開催。Googleアナリティクスのブロガーとして活躍する日比野 ななえ氏が、Googleアナリティクスの用語や、基本操作法、コンテンツ改善に活かせる重要指標などを解説した。本稿では、その講演資料を無償でご提供する。

データ分析

[講演資料提供] OSS脆弱性の"裏事情" - OpenSSL等の脆弱性はなぜ収束しないのか?

[講演資料提供] OSS脆弱性の"裏事情" - OpenSSL等の脆弱性はなぜ収束しないのか?

3月30日に開催したマイナビニュース・スペシャルセミナー『OSS重大セキュリティホールの"裏事情"』の講演資料を無料でダウンロードしていただけます。OpenSSLをはじめとする重要プロダクトになぜ脆弱性がなくならないのか。開発コミュニティ側から解説しています。

セキュリティ

実践! CRMアプリケーション比較(その2)

【連載】失敗しない! CRMアプリケーションの選び方 [4] 実践! CRMアプリケーション比較(その2)

前回、具体的な製品やサービスを紹介しながら、自社のニーズにマッチしたCRMアプリケーションを選ぶためのポイントを整理しました。今回は、「どのように購入するか」といった視点から、引き続きCRMアプリケーションの選び方について考えてみましょう。

業務アプリケーション

モバイルアイアン、企業向けクラウド対応セキュリティ製品を発表

モバイルアイアン、企業向けクラウド対応セキュリティ製品を発表

米MobileIronの日本法人であるモバイルアイアン・ジャパンは4月12日、企業向けクラウド対応モバイルセキュリティ製品「MobileIron Access」を発表した。

セキュリティ

ベライゾン、データ漏洩/侵害調査の業種別事例集を公開

ベライゾン、データ漏洩/侵害調査の業種別事例集を公開

米通信大手の日本法人ベライゾンジャパンは4月12日、サイバー攻撃の発生状況や使用された手法、推奨される対応策などをまとめたレポート「Data Breach Digest(データ漏洩/侵害概要)」を発表した。同レポートは、過去3年間に発生した事例から、手口の巧妙さや検知の難しさ、損害の大きさなどの観点から代表的な18件をまとめたものだ。

セキュリティ

テラスカイ、グループウェアmitocoを発表 - IoT連携で会議室のムダ予約排除も

テラスカイ、グループウェアmitocoを発表 - IoT連携で会議室のムダ予約排除も

テラスカイは4月12日、同社が開発したSaaS型の次世代グループウェア「mitoco」(ミトコ)を発表した。名付け親は、「厚切りジェイソン」の芸名でも活躍するジェイソン・ダニエルソン氏。同社はmitocoに対し、ソーシャルウェアというコンセプトを打ち出している。

業務アプリケーション

Azure Stackとは何か? - パブリッククラウドAzureとの違い

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [1] Azure Stackとは何か? - パブリッククラウドAzureとの違い

「Azure Stack」とは、マイクロソフトが現在開発中の、「Microsoft Azure」を自社内に展開できるクラウド基盤のことです。企業内のプライベートクラウドとして、もしくは国内のクラウド事業者が提供するクラウド基盤として注目されています。第1回目となる今回は、Azure Stackの概要とAzureとの違いについて解説します。

クラウド

Microsoftが提供する"Linux on Windows"(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [18] Microsoftが提供する"Linux on Windows"(その1)

米国Microsoftは今年3月30日から4月1日にかけて米国サンフランシスコで開催した「Build 2016」において「夏ごろには、Windows上でUbuntuを利用できるようになる」と発表した。予想のだいぶ斜め上から鋭角に切り込んできた感があるが、Linuxサーバ管理者としては歓迎できる発表である。今回からは数回に渡り、この"Linux on Windows"について現段階でわかっていることを紹介していく。

サーバ/ストレージ

Androidの父が語るAIとロボット工学がもたらす近未来-新経済サミット2016

Androidの父が語るAIとロボット工学がもたらす近未来-新経済サミット2016

新経済連盟は4月7日、8日、グローバルカンファレンス「新経済サミット2016」を開催した。2013年の初開催から数え、3回目の開催となる同カンファレンスには、今年も世界の新経済/産業を牽引する多くの起業家やイノベーターが集結し、金融やIT、医療などさまざまなテーマで活発な議論を交わした。本稿では、8日に行われた"Androidの父"アンディ・ルービン氏による基調講演の模様をお届けする。

クラウド

"ソーシャルICT革命"を目指し、組織体制を強化 - NICTが新中長期計画を発表

"ソーシャルICT革命"を目指し、組織体制を強化 - NICTが新中長期計画を発表

NICT(情報通信研究機構)は4月6日、第4期中長期計画を発表した。新計画は、平成28年度から5年間を視野に入れた活動方針をまとめたもので「戦略的研究開発の強化」、「オープンイノベーションの拠点機能強化」、「グローバル展開の強化」の3つの柱で構成される。

ソリューション

シスコ、Cisco StartにSMBマーケットプレイスやSaaSを追加 - Web会議も破格提供

シスコ、Cisco StartにSMBマーケットプレイスやSaaSを追加 - Web会議も破格提供

シスコシステムズは4月6日、中小企業向けソリューションブランド「Cisco Start」の新たな取り組みを発表した。格安ライセンスでWeb会議システムを提供するなど、さまざまな施策が組み込まれている。

クラウド

MIJSが"日本版シリコンバレー構想"を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(後編)

MIJSが"日本版シリコンバレー構想"を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(後編)

MIJS(Made In Japan Software & Service)コンソーシアムは4月4日、第1回MIJS Japan Tech Valley Summitを開催した。同イベントでは、新理事長に就任したWEIC代表取締役社長 内山雄輝氏が日本版シリコンバレー構想「JAPAN Tech Valleyプロジェクト」を発表したほか、MIJSの常務理事らによるパネルディスカッションなどが行われた。本稿では、パネルディスカッションの後半で語られた、JAPAN Tech Valleyプロジェクトに対する理事たちの率直な想いと、意気込みについてレポートする。

業務アプリケーション

MIJSが"日本版シリコンバレー構想"を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(前編)

MIJSが"日本版シリコンバレー構想"を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(前編)

MIJS(Made In Japan Software & Service)コンソーシアムは4月4日、第1回MIJS Japan Tech Valley Summitを開催した。同イベントでは、新理事長に就任したWEIC代表取締役社長 内山雄輝氏が掲げる日本版シリコンバレー「JAPAN Tech Valleyプロジェクト」の構想について語られたほか、MIJSの常務理事らによるパネルディスカッションなどが繰り広げられ、満席となった会場はあふれんばかりの熱気に包まれた。

業務アプリケーション

Azureのエッセンスが詰まったアプライアンス「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」 - 国内初お披露目

Azureのエッセンスが詰まったアプライアンス「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」 - 国内初お披露目

デルは4月5日、マイクロソフトと提携して開発したハイブリッドクラウド向けアプライアンス「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」の国内販売を開始すると発表した。本稿では、マイクロソフトンの戦略と併せて、同製品の特徴を紹介していく。

サーバ/ストレージ

成功事例に学ぶ! 業務アプリ開発に立ちはだかる"4つの課題"を乗り越えた4社とは!?

【特別企画】成功事例に学ぶ! 業務アプリ開発に立ちはだかる"4つの課題"を乗り越えた4社とは!?

社内での情報共有、顧客とのコミュニケーション、ビジネスプロセスの合理化や自動化・・・・・・。事業の加速に向け、業務アプリの活用はいまや不可欠となっている。またタブレットやスマホのビジネス活用によりモバイル対応も必須となりつつあるのが現状である。 しかし、開発を行う情報システム担当者の前には、下記4点をはじめとした多くの課題が立ちはだかる。

業務アプリケーション

lsコマンドを使う(その8)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [17] lsコマンドを使う(その8)

今回は、知っておくと便利な出力の整列に関するオプションと、表示の単位に関するオプションを取り上げる。この辺りのオプションはOSごとに異なるものも多いのだが、いくつかは共通するものもあり、覚えておくと便利だ。

サーバ/ストレージ

「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(後編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [2] 「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(後編)

前回、ハナちゃんから「『ビッグデータ』とは、他の普通のデータと同じ処理方式では扱いきれないデータのこと」と聞き、少しビッグデータのことがわかりかけてきたまさこさん。でも今度は、新しい疑問が湧いてきたようです。

ソリューション

実践! CRMアプリケーション比較(その1)

【連載】失敗しない! CRMアプリケーションの選び方 [3] 実践! CRMアプリケーション比較(その1)

前回、製品選定・購入する前に検討すべきことについて説明しました。それを踏まえ、今回と次回は、具体的な製品名を交えながら、自社にあった最適なアプリケーションを選ぶためのポイントを見ていきます。

業務アプリケーション

【レポート】シマンテック、中小企業向け/一般消費者向けのセキュリティ ハンドブックを公開。日常に潜むネット犯罪のリスクと対策とは?

【レポート】シマンテック、中小企業向け/一般消費者向けのセキュリティ ハンドブックを公開。日常に潜むネット犯罪のリスクと対策とは?

シマンテックは3月30日、中小企業向けの「ネットセキュリティ インシデント ハンドブック」および一般消費者向けの「インターネット犯罪対策ハンドブック」を同社のWebサイトで無料公開した。同ハンドブックでは、新社会人や大学1年生などこれからPCを本格的に使い始める人を対象に、インターネット上で起こりうるセキュリティ・トラブルとその対策についてまとめられている。

セキュリティ

営業組織のボトルネックは、デジタル活用で見える化できる - いまこそ属人営業から組織営業への脱却の時

【特別企画】営業組織のボトルネックは、デジタル活用で見える化できる - いまこそ属人営業から組織営業への脱却の時

あなたの会社の営業組織では、「購買担当者に対して、営業担当者がビジネス価値を訴求できていない」といった悩みを抱えていないだろうか。2015年11月27日~12月3日にかけて、18業種2033社(年商10億円~1000億円)を対象に行ったインターネット調査「日本国内でのCRM・SFA活用実態調査」では、営業上でもっとも課題と思われることとして「顧客ニーズの理解、提案力」がトップを占めている。以下、「新規顧客開拓、見込み顧客の増加」「活動管理・案件管理」「社内の顧客情報共有(チーム間、複数部門間)」の順で続いているが、ここでの調査結果を踏まえてわかることは、以下の2点といえる。

データ分析

2699 件中 2261~2280件目を表示中

2699 件中 2261~2280件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る