ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

2783 件中 2141~2160件目を表示中

トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置

トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置

東京大学 大学院情報学環は7月22日、セキュリティ人材の育成などを目的に、東京・八重洲にセキュア情報化社会研究寄付講座(SiSOC-TOKYO)のオフィスを開設した。

セキュリティ

0.1秒未満で修復!? 「Webサイト改ざん」の脅威と対処法

【特別企画】0.1秒未満で修復!? 「Webサイト改ざん」の脅威と対処法

近年、情報漏えいや標的型攻撃、ネットバンキング不正送金といった事件が多発している。これらの多くが、「Webサイト改ざん」によるものだ。JPCERT/CCによると、2012年中頃から増加しはじめたWebサイトの改ざん報告数は、2013年には6,000件を超え、今でもWebサイト改ざんによる事件は絶えない。

セキュリティ

データビジュアライゼーションとセルフサービスBI

【連載】デジタルビジネスを加速するアナリティクス、技術動向と推進のポイント [4] データビジュアライゼーションとセルフサービスBI

本連載では、主に企業におけるIT部門の読者を念頭に、デジタルビジネスを加速するための全社・部門でのアナリティクスの検討・導入に役立つ視点を紹介していきます。今回は、アナリティクスの取り組みの中でも比較的敷居が低く、短期間・低予算で成果につながる事例も多い「データビジュアライゼーションとセルフサービスBI」について、その概要と導入のポイントを紹介します。

データ分析

日本企業もランサムウェア対策を! 7つのアプローチを紹介 - ガートナー セキュリティサミット

日本企業もランサムウェア対策を! 7つのアプローチを紹介 - ガートナー セキュリティサミット

7月11日~13日までの3日間にわたって東京・品川で開催された「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2016」の最終日、ガートナー リサーチ バイス プレジデントのエリック・アウレット氏が「ランサムウェア対策の重要な戦略」というテーマで講演を行った。本稿では、講演で語られたランサムウェアの動向と、その脅威に対抗するためのベストプラクティスについてレポートする。

セキュリティ

官民連携でサイバー犯罪を包囲せよ! - ガートナー セキュリティサミット

官民連携でサイバー犯罪を包囲せよ! - ガートナー セキュリティサミット

7月11日~13日までの3日間にわたって東京・品川で開催された「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2016」。11日のゲスト基調講演に登壇したのは、インターポール グローバルコンプレックス・フォー・イノベーション 総局長 中谷昇氏だ。「サイバーセキュリティ~グローバルな視点から見えてくること~」と題した氏の講演では、サイバー犯罪による被害は、組織のトップマネジメントが「経営上のリスク」と見なすべき問題であると提起。中谷氏が国際機関を指揮するなかでとらえた国際的なサイバー犯罪の傾向について、解説がなされた。

セキュリティ

シャドーIT対策もBYOD対応もこれで解決!「SME Enterprise」が選ばれる理由

【特別企画】シャドーIT対策もBYOD対応もこれで解決!「SME Enterprise」が選ばれる理由

「どうして今までなかったのか」......。仕事やプライベートで、複数のストレージサービスを利用している人は多いはず。しかし、たとえば会社では利用規定上「box」を、プライベートでは「Dropbox」などそのほかのサービスを、といったように複数のサービスにデータが散在して使い勝手が悪くなっている人も多いのではないだろうか。しかも、IT管理者としては"シャドーIT"をされてしまう危険もはらんでいる。もし、すべてのストレージサービスを一括かつ安全に利用できたら......。

クラウド

「事後」のセキュリティに着目せよ! - ガートナー セキュリティサミット

「事後」のセキュリティに着目せよ! - ガートナー セキュリティサミット

7月11日~13日までの3日間にわたって東京・品川で開催された「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2016」のオープニング基調講演では、ガートナー リサーチ マネージング バイス プレジデント エリック・ポーラック氏と、同社リサーチ リサーチ ディレクター ロブ・マクミラン氏、同社バイス プレジデント兼 ガートナー フェロー トム・ショルツ氏の3氏が登壇。ビジネス変化のスピードに合わせて信頼とレジリエンスを築く」と題し、実証済みのプラクティスと戦略を紹介しつつ、リスク・セキュリティリーダーが一貫してデジタルビジネスを支え、費用対効果の高いセキュリティ対策の牽引役になるためのアプローチが示された。

セキュリティ

日本の可能性は無限!? AI革命が握る企業の盛衰 - AUG FESTA TOKYO 2016

日本の可能性は無限!? AI革命が握る企業の盛衰 - AUG FESTA TOKYO 2016

インフォテリアは7月12日、同社が提供するデータ連携ミドルウェア「ASTERIA(アステリア)」シリーズのユーザー向けカンファレンス「AUG FESTA TOKYO 2016」を開催した。今回が初となる同カンファレンスの基調講演「IT革命の本質と新リーダーシップ論~時代の変化に対応できる企業へ」に登壇したのは、慶應義塾大学 政策・メディア研究科特別招聘教授 夏野剛氏だ。ここでは、講演の模様をダイジェストでお届けする。

ソリューション

アノ企業はなぜOpenStackを採用したのか? - OpenStack Days Tokyo

アノ企業はなぜOpenStackを採用したのか? - OpenStack Days Tokyo

7月6~7日、OpenStack Days Tokyo 2016 実行委員会が主催する年次カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2016」が東京都内で開催された。4回目の開催となる今回は、「10年先のプラットフォームへ」をテーマに掲げ、OpenStackの最新動向はもちろん、導入事例の紹介や活用のコツなど、さまざまなセッションが繰り広げられた。本稿では、2日目のキーノート講演「エンタープライズに聞くOpenStack活用の心得。なぜOpenStackの導入を決めたか」の模様をダイジェストでお届けする。

クラウド

ソフトバンクはARMでシンギュラリティを超える - SoftBank World 2016

ソフトバンクはARMでシンギュラリティを超える - SoftBank World 2016

7月18日に突如として英ARMの買収を発表したソフトバンク。21日、22日には同社の法人向けイベント「SoftBank World 2016」も行われ、孫正義氏がARM買収の理由や、そこから導き出される未来像について1時間30分に渡って語った。

ソリューション

なぜ今マイクロサービスなのか? マイクロサービスを開花させた技術要素

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [4] なぜ今マイクロサービスなのか? マイクロサービスを開花させた技術要素

各社製品がマイクロサービス対応をうたってきています。その中でも中核を成すのが、クラウド製品です。その他にも開発フレームワークとしてSpring Bootの存在も大きく、仮想化やCIの技術も見逃せません。今回は、これまでの技術との違いを踏まえ、マイクロサービスを開花させた技術要素を解説します。

開発ソフトウェア

サイバー攻撃に挑む! 富士通の着眼点 - ガートナー セキュリティサミット

サイバー攻撃に挑む! 富士通の着眼点 - ガートナー セキュリティサミット

ガートナー ジャパンは7月11日~13日、年次イベント「ガートナーセキュリティ&リスク・マネジメントサミット2016」を開催した。本稿では、2日目に行われた講演の中から、ソリューション・プロバイダー・セッション「サイバー攻撃に向き合う経営戦略と富士通の挑戦」をレポートする。

セキュリティ

Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)

前回、Azure Stackのポータルと、ハイブリッドな管理基盤「Azure Resource Manager」について説明しました。強力なライバルたちと戦うMicrosoft Azureのクラウドとしての進化を、手元で動かせるAzure Stackとしてどのように受け止め、どのように実装しているのか少しはイメージしていただけたのではないでしょうか。それらを踏まえ、今回は「Core Services」や「Foundational Services」について説明します。

クラウド

パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)

MacはiPhone/iPadアプリ開発以外にも、Web系のシステム開発やデザインなどに使われることが多く、最近ではLinux/*BSDの開発者が利用するプラットフォームとしてのニーズも高い。ユーザランドに初めからFreeBSDのコマンド群などがインストールされており、UNIX系のOSを利用するユーザーにとって、Macは何かと使いやすく感じるだろう。そこで今回は、Macのパッケージ管理システムについて取り上げる。

サーバ/ストレージ

OSレベルで個人/企業データを切り分け「Windows Information Protection」

【連載】MS ゆりか先生が教えるWindows 10 セキュリティのアレコレ [6] OSレベルで個人/企業データを切り分け「Windows Information Protection」

企業が取り扱う顧客情報や機密データは、ファイアウォールで守られた社内ネットワーク内にあり、「あらかじめ定めた業務PCからのみ利用できるようにする」といった情報保護対策が、多くの企業で運用されています。

セキュリティ

[講演レポート提供]悪意はなくとも炎上は起きる!? 事例から学ぶ企業SNS炎上の「三原則」

[講演レポート提供]悪意はなくとも炎上は起きる!? 事例から学ぶ企業SNS炎上の「三原則」

7月1日に開催した第15回マイナビニュース スペシャルセミナー「企業の炎上事例に学ぶ! Twitter/Facebookの運用方法」では、HASHコンサルティング代表取締役であり、Webセキュリティの目線からネット上の事件を追う徳丸浩氏と、ソーシャルメディアの話題に敏感で「サイバー戦争」(発行:マイナビ出版)などの著書を持つ山田井ユウキ氏が登壇。実際にソーシャルメディアで起きた炎上事例を挙げながら、忌憚ないトークセッションを繰り広げた。

ソリューション

企業にとってOpenStackは何を意味するのか? - OpenStack Days Tokyo

企業にとってOpenStackは何を意味するのか? - OpenStack Days Tokyo

7月6日、7日の2日間にわたって開催された「Open Stack Days Tokyo 2016」では、レッドハットのテクニカルセールス本部シニアソリューションアーキテクト 内藤聡氏が、「OpenStackがなぜ必要なのか?素朴な疑問にお答えします。 OpenStackを使って社内で一旗揚げてやろう」と題して講演。日本国内におけるOpenStackの検討/導入事例に触れながら、多くの人々が抱える疑問やモヤモヤに対する回答を示した。

クラウド

ブロックチェーンで世界はどう変わるのか? - THE NEW CONTEXT CONFERENCE

ブロックチェーンで世界はどう変わるのか? - THE NEW CONTEXT CONFERENCE

デジタルガレージとDG Labは7月5日~6日、ブロックチェーンとAI(人工知能)をテーマにしたカンファレンス「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2016 TOKYO」を開催した。本稿では、デジタルガレージ共同創業者でMIT メディアラボ所長の伊藤穰一氏による初日の挨拶と、続いて行われた基調講演の模様をダイジェストで紹介する。

ソリューション

Googleが提唱する新採用戦略とは? 想像とは真逆の就活実態も - ヒューマンキャピタル 2016

Googleが提唱する新採用戦略とは? 想像とは真逆の就活実態も - ヒューマンキャピタル 2016

WebサービスやSNSなど、企業が人材にダイレクトにアプローチできる手段が普及したことで、人材採用のあり方が変わりはじめた。一括採用という独特の慣習が続く新卒採用市場にも少しずつ変化の兆しが現れている。

ソリューション

マカフィーのセキュリティ対策は「ライフサイクル」がキーワードに

マカフィーのセキュリティ対策は「ライフサイクル」がキーワードに

マカフィーは7月20日、都内で新体制に関する記者説明会を開催した。5月末にマカフィーの代表取締役へ就任した山野 修氏が登壇し、今後の事業方針説明を行った。

セキュリティ

2783 件中 2141~2160件目を表示中

2783 件中 2141~2160件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る