マイナビニュースマイナビ

ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

3606 件中 1~20件目を表示中

サイバーセキュリティのプラットフォーマーを目指すマカフィーの事業戦略

サイバーセキュリティのプラットフォーマーを目指すマカフィーの事業戦略

マカフィーは5月12日、オンラインで法人向けビジネスに関する戦略説明会を開催した。

セキュリティ

海外ビジネスの要は「正しい情報に基づく意思決定」――情報基盤を見直し経営判断を迅速化した2社の取り組みに迫る

【特別企画】海外ビジネスの要は「正しい情報に基づく意思決定」――情報基盤を見直し経営判断を迅速化した2社の取り組みに迫る

人口減少や少子高齢化を理由に、国内市場は縮小に拍車がかかるばかりだ。国外に目を向けた海外ビジネスの推進なしに、企業は持続可能性を保つことが困難になってきている。これは大企業のみならず、中堅中小企業にとっても重大な課題となっている。本稿では「正しい情報に基づく意思決定」をテーマにして海外ビジネスを推進する2社を取り上げ、当該テーマの重要性について解説したい。

業務アプリケーション

Kustomizeを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [22] Kustomizeを使ってKubernetesでDevOps

「Kustomize」はマニフェストの差分管理を可能にするコマンドラインツールです。冗長になりがちなマニフェストの共通化を可能にし、DRY(Don't Repeat Yourself)の原則を簡単に適用することができます。例えば、ベース(base)とカスタマイズ部分(devやprodなど)に分け、開発環境と本番環境の環境差分を効率的に管理するといった具合です。今回は、このKustomizeについて解説します。

開発ソフトウェア

「Google Meet」を使ってビデオ会議を始めてみよう

【連載】Google Workspaceをビジネスで活用する [8] 「Google Meet」を使ってビデオ会議を始めてみよう

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介します。

業務アプリケーション

ハイブリッドクラウドとAIが組織の成功を左右する - IBM Think 2021を開催

ハイブリッドクラウドとAIが組織の成功を左右する - IBM Think 2021を開催

米IBMは5月12日、オンラインによる年次イベント「IBM Think 2021」を開催した。

クラウド

PowerShell 7をシェルスクリプトとして使う - パラメータを使う

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [148] PowerShell 7をシェルスクリプトとして使う - パラメータを使う

今回はこれまで作ってきたスクリプトを、PowerShellの提供機能を使ってPowerShell風に整理していく。無理やりUNIX系のシェルスクリプトのように書くこともできるが、まずはその言語が提供している機能で書いておくほうが無難だ。今回は、引数としてパラメータを使う場合の処理を書いていく。

サーバ/ストレージ

bashを使う - キーボードマクロ

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [281] bashを使う - キーボードマクロ

bashには「キーボードマクロ」という機能が用意されている。名前の通り、キー入力そのものを記録しておく機能だ。記録した処理は、ショートカットキーで呼び出して処理させることができる。エイリアスやコマンド履歴の応用で似たようなことができるものの、知っておきたい機能である。使いどころがやや難しいものの、キーボードマクロが便利なケースもあるからだ。

サーバ/ストレージ

ワークフローシステムは「申請・承認システム」ではない――成果に繋がるワークフロー構築の、3つのポイント

【特別企画】ワークフローシステムは「申請・承認システム」ではない――成果に繋がるワークフロー構築の、3つのポイント

ワークフローシステムを活用する最終的な目的は、現場にある様々な業務プロセスの効率化(QCDを向上)だ。ただ、実態としては、この本義が見落とされているケースが多い。現状のワークフローシステムは、社内の申請・承認業務に閉じた利用がされているからだ。事業部門、バックオフィス、情シス、......こうした様々な現場にある業務プロセスを効率化する場合、ワークフローシステムの用途は申請・承認業務に留まっておくべきではない。成果に繋がるワークフロー構築において重要な3つのポイントを解説する。

業務アプリケーション

ビジネス社会で本当に使える英語力とは?

【特別企画】ビジネス社会で本当に使える英語力とは?

海外の取引先と同じ言語を話すことで実務を円滑に遂行し、信頼も獲得する――事業成長においてこのことが不可欠なのはもはや自明である。ただ、大きな経済効果を生むためには、文化的なニュアンスをも理解して情報を伝達できる英語力が必要だ。ビジネス社会で本当に使える英語力は、どのようにすれば育むことができるのか。

ソリューション

Elastic Cloudの利用方法

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [36] Elastic Cloudの利用方法

今回は、Elastic社が提供しているサービスの中から、マネージドのElasticsearchやKibanaをAWS、Google Cloud、Microsoft Azure上で利用することができる「Elastic Cloud」でのFessの利用方法について説明します。

開発ソフトウェア

課題解決アプローチ(7):複数チームでのコミュニケーション統制化にするには

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [14] 課題解決アプローチ(7):複数チームでのコミュニケーション統制化にするには

今回は、複数チームで効果的にコミュニケーション統制を取るしくみについてご紹介していきます。

ソリューション

26%の企業は、IT-BCPが不十分? 事業活動を揺るがすデータ損失はどうすれば防げるか

【特別企画】26%の企業は、IT-BCPが不十分? 事業活動を揺るがすデータ損失はどうすれば防げるか

データを安全に保全・保護し、いざというときに速やかかつ確実に復元できる環境を整える――こうしたIT-BCP(情報システム運用継続計画)と呼ばれる概念は、事業活動の継続やDXを推進していく上で、いっそう重要度を増してきているといえよう。ただ、Veeam Software(以下、Veeam)が2020年に実施した調査では、IT-BCPが十分ではない企業が散見されるという結果が見て取れた。本稿では同調査をまとめたホワイトペーパーから、企業が抱えるデータ保護の課題を紐解いていく。

バックアップ

bashを使う - 補完

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [280] bashを使う - 補完

UNIX系の多機能インタラクティブシェルで特徴的なのが強力な補完機能だ。最近はPowerShellでも補完機能が使えるようになったが、それでもbashのようなUNIX系の多機能インタラクティブシェルのほうがまだ一枚上手かなという気がする(fish辺りまで来ると、補完機能が文脈を加味するようになるのでさらに便利になる)。今回は、bashで補完機能を使うためのショートカットキーを取り上げる。

サーバ/ストレージ

Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(5)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [16] Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(5)

前回は、OAuth2 Loginに必要なAmazon Congnitoの設定をAWS CloudFormationを使って構築しました。 今回からは、OAuth2 Loginアプリケーションを実装する事前準備として、ユーザープールへユーザーを追加したり、 構築したアプリクライアントからクライアントシークレットをParameter Storeへ設定するLambda関数を実装し、CloudFormationのカスタムリソースとして実行する方法を解説していきます。

開発ソフトウェア

「なぜ台風でポテトチップスが休売に?」- その質問からカルビーのオウンドメディアは生まれた

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [5] 「なぜ台風でポテトチップスが休売に?」- その質問からカルビーのオウンドメディアは生まれた

カルビーのポテトチップス。誰もが知っている企業の、誰もが知っている定番商品であり、もはやブランディングなど不要に思える。だが、有名な商品だからといって、そこに込められた企業の想いがユーザーに届いているかどうかは別問題だ。

ソリューション

PowerShell 7をシェルスクリプトとして使う - ストリームの使い分け

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [147] PowerShell 7をシェルスクリプトとして使う - ストリームの使い分け

前回までの取り組みでディレクトリについてそのパスが存在しているかどうかを確認できるようになった。今回は、前回追加したメッセージのストリームの調整を行う。エラーストリームとインフォメーションストリームにメッセージを出すようにするのだ。

サーバ/ストレージ

サーバセキュリティが劇的に変わる――Trend Micro Cloud One - Workload Security™ が支持を得る理由とは

【特別企画】サーバセキュリティが劇的に変わる――Trend Micro Cloud One - Workload Security™ が支持を得る理由とは

サードパーティー製品を組み合わせて多層防御の仕組みを用意したために、運用にかかる工数の多さに悩まされている企業は少なくない。オペレートも複雑になるため、設定ミスのようなヒューマンエラーを引き起こしやすいことも問題だ。過不足ないセキュリティ運用にあたっては、可能な限りシンプルな構成で多層防御の仕組みを用意することが求められる。本稿ではWorkload Securityが今述べた課題をどのように変えるのか、紹介する。

セキュリティ

パケット量が膨大になる中で浮き彫りになった、性能監視の落とし穴

【特別企画】パケット量が膨大になる中で浮き彫りになった、性能監視の落とし穴

ネットワークが混雑する状況下ではパケットロスや通信遅延といった問題が発生する。たとえネットワークや機器が正常に動作していても、通信そのものに潜む問題が要因となってユーザー体験は低下してしまう。「性能監視をしているから大丈夫」そう思うかもしれないが、TCP/IPネットワークに接続された通信機器の稼働状況を確認する従来手法では、ユーザー体験の低下に気づくことすら困難なのだ。本稿ではSCSKが公開する技術文書より、性能監視を3つの方式に分類して解説。その上で、いま取り入れるべき「パケットモニタリング」の重要性をお伝えする。

ネットワーク機器

AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(5)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [10] AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(5)

今回は、実際にCloudWatch Logsに出力されたログをサブスクリプションして、Mattermostへメッセージ通知する環境を構築します。

開発ソフトウェア

WSL2でLinux GUIアプリケーションが動く日も近い

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [279] WSL2でLinux GUIアプリケーションが動く日も近い

「WSL2でLinux GUIアプリケーションが動作するようになる」というニュースが飛び込んできた。その計画自体は、約1年前にMicrosoftが発表していたが、ついに実現されるというわけだ。これでWindowsにおけるLinuxは、新しいステージを迎えることになる。そこで今回もbashの解説は見送って、この新しい動きについて取り上げておきたい。

サーバ/ストレージ

3606 件中 1~20件目を表示中

3606 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る