マイナビニュースマイナビ

ネットワーク機器 新着記事一覧

ネットワーク機器 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2021年3月の記事

コスト削減と顧客体験向上を両立させるCDNが事業成功の鍵!ルーメン・テクノロジーズが日本市場に本格参入

【特別企画】コスト削減と顧客体験向上を両立させるCDNが事業成功の鍵!ルーメン・テクノロジーズが日本市場に本格参入

コスト削減と顧客体験向上を両立させるCDNを導入することが、事業成功の大きな鍵となってきている。このほど日本でCDNサービスの本格展開を開始したルーメン・テクノロジーズは、コンテンツ配信関連企業にとって検討の候補に入れるべきサービスプロバイダだ。同社の提供するホワイトペーパーをもとに、その理由を探っていきたい。

2020年11月の記事

いま実用が可能なAIで、ネットワークの運用管理を劇的に変える

【特別企画】いま実用が可能なAIで、ネットワークの運用管理を劇的に変える

AIと聞くと、まだまだ実用段階ではないと思う方が多いのではないだろうか。ただ、少なくともネットワーク管理の分野においては、実用可能なAIが既に登場している。本稿ではいま実用が可能なAIは何があるのか、どう使えばネットワークの運用管理を劇的に変えられるのかを紹介したい。

2020年10月の記事

「無線LANがつながり続ける」をもっと簡単・セキュアにする、「たよれーる らくらくWi-Fi for Aruba」

【特別企画】「無線LANがつながり続ける」をもっと簡単・セキュアにする、「たよれーる らくらくWi-Fi for Aruba」

有線LANにはない特有の難しさや専任の管理者が不在なことを理由に、無線LANの導入を見送っている、あるいは性能低下やセキュリティリスクに目をつぶってこれを利用しているという企業は少なくない。そうした企業に向けて、大塚商会は「たよれーる らくらくWi-Fi for Aruba」を提供。同ソリューションは、端的に言えば "簡単に無線LANの接続性とセキュリティが確保できるサービス" である。詳しく見ていこう。

2020年8月の記事

地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

【特別企画】地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

AIが一種のバズワードとして広がっている面は否定できない。メディアを中心にAIの壮大な可能性が喧伝され、成果のでないまま事例として紹介されるケースも増えている。また、「PoC疲れ」といった言葉が生まれるなど、AIの導入が検証で終わってしまい、本番稼働まで漕ぎ着けられないケースも少なくない。その結果、AIに対しては「実用段階ではない」「夢物語」「言葉だけが先行している」といった印象を持つIT担当者も増えてきているようだ。しかし、待ってほしい。実はAIが実用化され、すでに利用が進んでいる企業IT分野も確かに存在する。その1つがネットワーク運用管理の分野だ。

2020年7月の記事

Zoomへのネットワーク接続を最適化する方法

【特別企画】Zoomへのネットワーク接続を最適化する方法

円滑なコラボレーションが妨げられては、生産性が低下しかねない。コラボレーションプラットフォームが必須になりつつある今こそ、安定してこれを提供する方法を探るべきだ。本稿ではZoomに焦点を当て、Zoomトラフィックに最適なパフォーマンスを提供可能にするVMware SD-WANを紹介したい。

実例から学ぶ、テレワーク運用の落とし穴

【特別企画】実例から学ぶ、テレワーク運用の落とし穴

業務場所が事務所から自宅へと、会議体が対面からオンラインへと――新型コロナウイルスの影響で、企業活動の "当たり前" は大きく変わった。これを受けて多くのIT担当者が、テレワーク環境の構築に翻弄されたことだろう。ただ、苦労は構築だけに尽きない。業務環境に繋がらない、動作が遅い、利便性が悪い、......こういったリリース後の運用保守にも悩みを抱える担当者は、きっと多いはずだ。テレワーク運用にありがちなトラブルとその解消法を、実例と交えてみていきたい。

2020年4月の記事

中堅企業のビジネスに「セキュアでスマートなネットワーク」を――クラウド管理ネットワークのすすめ

【特別企画】中堅企業のビジネスに「セキュアでスマートなネットワーク」を――クラウド管理ネットワークのすすめ

企業のクラウド活用が加速している。これにともない、業務アプリケーションへアクセスするトラフィックは、オンプレミスとクラウドに分散されることとなった。ここで頭を悩ませるのが、性能やセキュリティの管理だ。スマートに性能、セキュリティを管理する方法として、本稿ではAruba Centralを用いたクラウド管理ネットワークを紹介したい。

SD-WAN移行に際して検討すべき要点

【特別企画】SD-WAN移行に際して検討すべき要点

SD-WANとは、「ネットワーク制御」と「データ転送」の仕組みを仮想化技術によって明確に分けることで、ハードに手を入れることなくCPE間(=WAN間)のネットワークを柔軟に制御するための技術である。本稿では、ネットワークカンパニーとしてグローバルで強い存在感を示すテルストラ社のホワイトペーパー「最適なSD-WANの導入ガイド ~SD-WANに置き換える際に検討すべき要点~」から、SD-WANのメリットと導入における留意事項を解説していく。

Cisco Merakiで広がる、ネットワークをクラウドで管理する世界

【特別企画】Cisco Merakiで広がる、ネットワークをクラウドで管理する世界

クラウドにある管理ポータルにアクセスするだけでどこからでもネットワークが一元管理できる。難しいコマンドを叩くことなくGUIベースで直感的にネットワークが制御できる。古くからネットワークに携わってきたエンジニアにとっては信じられないかもしれないが、今述べたような世界は、確実に広がってきている。クラウド管理型ソリューション「Cisco Meraki」を活用した多種多様の取り組み例から、この広がりをみていこう。

2020年3月の記事

拠点間通信を簡単に構築、効率的に管理する方法とは?

【特別企画】拠点間通信を簡単に構築、効率的に管理する方法とは?

クラウドサービスの利用拡大や、Wi-FiやNWカメラなどの普及による通信量の増大をはじめとして、企業の拠点間通信環境に求められる要件は大きく変化している。また、情報セキュリティ対策への意識も高まっており、セキュアで安心な通信環境の構築も求められている。しかしながら、ITスキルを有する人材不足は深刻さを増しており、効率的に拠点間ネットワークを構築、一元管理できる仕組み無しには、対応は困難だといえる。本稿では、その解決策の1つとして、NTT東日本が2019年11月に開始した「ギガらくVPN」と「ギガらくスイッチ」を紹介する。

2020年2月の記事

【教育事例】無線LANの利便性はどうすれば向上できるか

【特別企画】【教育事例】無線LANの利便性はどうすれば向上できるか

教育ICTの重要性が高まり各機関で教育現場のICT整備が進められているが、取り組みを阻害するボトルネックとして、"老朽化したネットワーク"という課題を耳にすることが多い。

2020年1月の記事

SD-WAN移行ガイド ~今、なぜSD-WANを考えるべきなのか~

【特別企画】SD-WAN移行ガイド ~今、なぜSD-WANを考えるべきなのか~

クラウド化の一層の普及を受け、企業には、サイト間のネットワークを大きく変えていくことが求められている。アクセス先のアプリケーションがオンプレミス、クラウドと分散する傾向にある今日において、データセンターにトラフィックを集中させるという従来の在り方が適合しなくなってきているのだ。本稿では、次世代のネットワークとして注目を集めているSD-WAN(Software Defined WAN)を取り上げ、その概要と、どのようにしてSD-WAN移行を進めていけばよいかを解説する。

2019年11月の記事

新たな発見につながる、システム監視の手引き

【特別企画】新たな発見につながる、システム監視の手引き

システム停止、性能ダウンの発生を、可能な限り排除する。ここにあたり、システム監視は欠かすことのできない業務だ。本稿では、システム監視に関わる考え方と基本的な技術、構成要素を解説し、その上で"過不足の無いシステム監視"を行うための方法と、ツール選定にあたって持つべき視点を提示する。

2019年9月の記事

フリーアドレスの実現を強力に支援! いま求められる無線LANソリューションの姿とは

【特別企画】フリーアドレスの実現を強力に支援! いま求められる無線LANソリューションの姿とは

働き方改革を実現する取り組みとして、オフィスの好きな場所で自由に仕事ができる「フリーアドレス」が注目されている。その実現には無線LANの役割が大きいが、フリーアドレス環境に求められるオフィス内のネットワーク品質とは、どのようなものだろうか。

2019年8月の記事

【事例】無線LANの課題は、アクセスポイントで解決

【特別企画】【事例】無線LANの課題は、アクセスポイントで解決

ネットワーク環境をより便利にするために、無線LAN環境を構築することは有効な一手と言える。有線に縛られずにインターネットにつなげられるのは、ビジネスだけでなくさまざまな場面で効率化が期待できるだろう。しかし、ただ無線LANを導入したとしても、うまくいくとは限らない。いくつかの壁を乗り越えなくてはならないケースもある。

2019年4月の記事

「ニュータニックス×ジュニパー」の新たな連携ソリューションとは

【特別企画】「ニュータニックス×ジュニパー」の新たな連携ソリューションとは

サーバーからネットワーク、ストレージ、ハイパーバイザーまでを統合した「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」は、いまや当たり前のものとなりつつある。日商エレクトロニクスでは、その概念が浸透する以前の2012年からこうした製品をソリューションとして提供しており、同社がHCIの概念を最初に確立したニュータニックスと国内初の代理店契約を結んだのも自然な流れといえるだろう。ニュータニックスの代理店として、日商エレクトロニクスの実績は国内トップ。これまで同社が販売したニュータニックス社のソフトウェアのインストールベースは累計1,700ノードにのぼる。

2019年3月の記事

進化し続けるAI技術に最適なITインフラとは?

【特別企画】進化し続けるAI技術に最適なITインフラとは?

現代のビジネスを成功に導くカギは、データ分析・活用にあると言っても過言ではない。私たちは、ディープラーニングや機械学習といったAI技術の発展によって、高速かつ詳細に情報を分析する能力を得た。とは言え、これらの技術のメリットを最大限に活用するには、相応のITインフラが必要となる。本稿では、AIをビジネスに活用するためのインフラ選びについて解説している。

2019年2月の記事

導入が加速する学校向けタブレット端末は、教育ICTの課題をどう解決するのか?

【特別企画】導入が加速する学校向けタブレット端末は、教育ICTの課題をどう解決するのか?

いまや教育ICTの波が全国の学校、塾などの教育機関に押しよせており、特にタブレット端末は今後も教育の現場への導入が進んでいくことが予想されます。ここでは全生徒・全教員がタブレットを活用する瀧野川女子学園中学高等学校の事例を紹介しましょう。

2018年10月の記事

中堅企業の競争力を高める、モバイル向けに最適化されたネットワークとは

【特別企画】中堅企業の競争力を高める、モバイル向けに最適化されたネットワークとは

スマートフォン、タブレット、クラウドベースのアプリケーション、IoT (Internet of Things) などが急増したことで、仕事のあり方が変化している。この新しいモバイルファースト環境は、おおむね中堅企業にとって望ましいものだ。Forbesは、モバイルテクノロジーを採用する中堅企業は収益成長率が倍になり、モバイル対応が遅れている同業者の最高8倍の雇用を創出すると報告している。モバイルアプリ、タブレット、およびスマートフォンを利用することで、小規模企業だけで1年あたり670億ドル以上のコスト削減を実現している。実際、中堅企業の67%はビジネス目的にタブレットを使用しており、93%は従業員所有のスマートフォンを使用している。

2018年9月の記事

SD-WAN+αで実現するクラウド時代の次世代ネットワークインフラ

【特別企画】SD-WAN+αで実現するクラウド時代の次世代ネットワークインフラ

クラウドサービスの普及が加速度的に進み、企業は業務効率の改善やコストダウンなどを目的にこうしたサービスを積極的に採用しはじめている。しかしその半面、「期待していたメリットが十分に得られない」、もしくは「期待以下の結果を生んでいる」といったケースもよく耳にする。その原因の一つが、従来型のネットワーク環境によるものだ。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る