マイナビニュースマイナビ

マーケティング 新着記事一覧

マーケティング 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2021年2月の記事

横河電機CMOが語る、VUCA時代のデジタルセールス&マーケティングの在り方

横河電機CMOが語る、VUCA時代のデジタルセールス&マーケティングの在り方

VUCAの時代に新型コロナウィルス感染症の影響が加わり変化が加速するなか、BtoBビジネスにおいても営業スタイルやマーケティングの在り方が大きな変曲点を迎えている。特に日本固有の商習慣やモノ作りに最適化した組織で事業を続けている企業は、この変化を受け入れるための改革が急務だ。そのためにやるべきは、「マーケティングの重要性を認知し、強化すること」だと横河電機 マーケティング本部 常務執行役員 マーケティング本部 本部長兼 CMO 阿部剛士氏はいう。

2021年1月の記事

デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

【特別企画】デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

デジタル技術が発展したことで、対象ごとにパーソナライズされたコンテンツを届けられるようになった。これは一方で、マーケティング担当者が生成しなければならないコンテンツの量、種類が爆発的に拡大したことを意味する。従来体制ではコンテンツの量産が間に合わない、......そんな事態が発生しているのだ。どんな体制を整備すれば、高品質なコンテンツが量産できるのか。1つの鍵は、「適切なコンテンツ管理」にある。

アルコール市場をデータマーケティングで立て直す! サントリーのRaaS戦略

アルコール市場をデータマーケティングで立て直す! サントリーのRaaS戦略

若者のアルコール離れが進む昨今、酒類メーカーが岐路に立たされている。そもそも日本は人口自体が減少傾向にあり、そうした中で売上を回復するには抜本的にマーケティング戦略を変革する必要がある。12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」に登壇したサントリー酒類 広域営業本部兼推進本部 部長の中村直人氏は、サントリーが今まさに取り組むデータを活用したマーケティング変革について語った。

2020年12月の記事

LINE公式アカウントを使って顧客獲得数とリピート率を最大化する方法

【特別企画】LINE公式アカウントを使って顧客獲得数とリピート率を最大化する方法

LINE公式アカウントの運用には一定の難易度と工数が存在する。また、LINE社の提供する管理画面では、できることに限界も。「LINE公式アカウントを運用すれば上手くいく」わけでは決してない。LINEというプラットフォームの持つ可能性をビジネスに最大限活かす――そのための1つの方法として、この記事では "LINE×マーケティングツール" を謳う「AURA(アウラ)」を紹介したい。

[DX成功例] クラウドを最大限に活用し、見込み客の数を7.1倍にまで伸長させた、未来工業

【特別企画】[DX成功例] クラウドを最大限に活用し、見込み客の数を7.1倍にまで伸長させた、未来工業

未来工業では、問い合わせ履歴を分析することで7,000パターンにものぼる「質問とそこへの回答」を用意。このうち3,000件をWebサイトへ公開し、新規見込み客の獲得や既存顧客に対するサポートに活用することで、問い合わせ数を大幅に増やすことに成功している。

ハウツー人気で過去最高視聴者数! 2020年YouTube視聴動向&広告パターン

ハウツー人気で過去最高視聴者数! 2020年YouTube視聴動向&広告パターン

新型コロナウィルス感染症の影響により、さまざまなシーンで「ニューノーマル」が生まれた2020年。オンライン動画メディアの最大手「YouTube」にはどんな変化があったのか――。YouTubeの国内利用実態および広告動向をGoogleがまとめているので簡単に紹介する。

2020年11月の記事

B2B市場で良質なリードを獲得するには? - KDDIのマーケ担当者が解説

B2B市場で良質なリードを獲得するには? - KDDIのマーケ担当者が解説

B2Bマーケターはとにかくリードの獲得に躍起になることが多い。しかし、そのリードが良質なものでなければ最終的にビジネスゴールに至ることはない。9月17日に開催されたマイナビニュースセミナー「-BtoB- Digital Marketing Days」にKDDI ソリューション事業企画本部 マーケティング部 課長補佐 森本祐吏氏が登壇。パラレルマーケター/Still Day One 代表社員の小島英揮氏との対談形式で、マーケターが実践すべきデジタルマーケティングの手法について解説を繰り広げた。

『THE MODEL』の著者が解説! B2Bマーケティング/営業プロセスの勘所

『THE MODEL』の著者が解説! B2Bマーケティング/営業プロセスの勘所

9月17日に開催されたオンラインセミナー「Digital Marketing DaysDay2:[BtoB] 営業スタイル変革の第一歩を」では、書籍『THE MODEL』の著者であるジャパン・クラウド・コンピューティング パートナー/ジャパン・クラウド・コンサルティング 代表取締役社長 福田康隆氏が登壇。「分業から共業へ。自社の営業・マーケティングプロセス確立に向けて」と題し、パラレルマーケター/Still Day One 代表社員 小島英揮氏が聞き手を務めるかたちで対談が実施された。

B2Bマーケターはセールスを理解せよ! - 成功の法則とキャリアの作り方

B2Bマーケターはセールスを理解せよ! - 成功の法則とキャリアの作り方

コロナ禍を受けて業務のオンライン化が進んだことで、マーケティングにおいてもデジタル施策が重要性が一層高まりつつある。しかし一方で、マーケティングツールの導入自体が目的化してしまい、使いこなせていないケースも多々見られるのが実情だ。どうすればそうした事態を回避し、真にビジネスに貢献するツールの選定や運用ができるのだろうか。

2020年10月の記事

クルマのサブスク「KINTO」は、いかにしてサービスを構築してきたか

クルマのサブスク「KINTO」は、いかにしてサービスを構築してきたか

「所有から利用へ」という動きがあらゆる業界に押し寄せる昨今、トヨタグループと住友グループの各社によるジョイントベンチャー KINTOが2019年1月に立ち上がった。このKINTOで副社長 執行役員 CSOを務める本條聡氏が、9月16日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「新時代におけるコンシューマーとの関係構築」に登壇。KINTOのサービス改善のポイントやその根底にあるサブスクリプションビジネスに対する考え方などについて紹介した。

日本コカ・コーラ担当者が解説! 公式アプリ「Coke ON」はなぜ成功したのか?

日本コカ・コーラ担当者が解説! 公式アプリ「Coke ON」はなぜ成功したのか?

日本コカ・コーラの公式スマートフォンアプリ「Coke ON」が躍進を続けている。9月16日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「Digital Marketing Days Day1:[BtoC] 新時代におけるコンシューマーとの関係構築」では、日本コカ・コーラ マーケティング本部 CRM/Coke ON 事業部統括部長の豊浦洋祐氏が登壇。Coke ONアプリを成功に導いたデジタルマーケティングの取り組みについて語った。

「サブスク、D2Cの本質はマーケティングの変化」- DX時代の顧客との関係構築方法

「サブスク、D2Cの本質はマーケティングの変化」- DX時代の顧客との関係構築方法

D2C、サブスク、DX......デジタルにまつわる用語が溢れかえる昨今、企業と顧客との関係はこれからどのように変わっていくのだろうか。長年にわたってデジタルマーケティングに取り組んできたシンクロ 代表取締役社長/オイシックス・ラ・大地 執行役員/GROOVE X CMO 西井敏恭氏は、「これらの本質を理解しなければ間違った解釈をしてしまう」と忠告する。

2020年9月の記事

デジタル上の存在感を高めよ! ビジネスにつながる企業Webサイトとは?

【特別企画】デジタル上の存在感を高めよ! ビジネスにつながる企業Webサイトとは?

8月6日に配信されたWebセミナー「デジタル・プレゼンス向上の第一歩は企業Webサイトから!」では、サイトコア マーケティング本部 シニアマーケティングディレクター 安部知雄氏と、富士通 CRMビジネス部 平野早紀氏が登壇。事例を交えながら、デジタル・プレゼンスを向上させるためのポイントについて解説を繰り広げた。

「リアルはデジタルの中に」- PARCOが目指す新たなショッピング体験とは

「リアルはデジタルの中に」- PARCOが目指す新たなショッピング体験とは

7月9日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 for データ活用」にパルコ 執行役員 CRM推進部兼デジタル推進部担当/パルコデジタルマーケティング 取締役 林直孝氏が登壇。同社のDXを牽引する立場からウィズコロナ時代におけるショッピングセンターの在り方とPARCOの取り組みについて語った。

2020年8月の記事

蔦屋家電+が体現する「店舗のメディア化」とは? - これからの小売の在り方を考える

蔦屋家電+が体現する「店舗のメディア化」とは? - これからの小売の在り方を考える

7月9日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用」では、蔦屋家電+のプロデューサーである蔦屋家電エンタープライズ 商品企画部 新規事業チームLeader 木崎大佑氏が、これからのリアルマーケティングの可能性や蔦屋家電+のビジネスモデルについて、詳しく紹介した。

顧客を理解しファンを増やす! ソニーの「高付加価値戦略」を支えるデータ活用

顧客を理解しファンを増やす! ソニーの「高付加価値戦略」を支えるデータ活用

7月9日にオンライン開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用」には、ソニーマーケティング コミュニケーションデザイン部 大原 知子氏が登壇。データを生かした同社のマーケティング戦略について解説した。

「ネクストノーマル時代」に小売業が成長するには?

【特別企画】「ネクストノーマル時代」に小売業が成長するには?

世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大は、あらゆる業界のビジネスに大きなインパクトを与えている。店舗販売を中心とする小売業は、その最たるものの一つだ。いずれコロナ禍が終息したとしても、長期に渡り、さまざまな体験を経て変わっていった消費者の行動は決して元通りにはならないだろう。従来の価値観が一変した「ネクストノーマル時代」を勝ち抜くために、小売業は今、何を考え、どのような行動をとるべきなのか。

2021年の消費者をどう捉えるか? マーケティングに迫られる変化

2021年の消費者をどう捉えるか? マーケティングに迫られる変化

7月9日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Summer for データ活用」では、特別講演にクー・マーケティング・カンパニーで代表取締役を務める音部大輔氏が登壇。「コロナ禍で変化する顧客体験 - 顧客の心をつかむブランドはこう作る」と題し、マーケティング担当者とマネジメント層の双方にアドバイスを送った。

顧客が真に求めるものは何なのか? ライオンのデータ活用アプローチ

顧客が真に求めるものは何なのか? ライオンのデータ活用アプローチ

7月9日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用」では、特別講演にライオン ビジネス開発センター エクスペリエンスデザイン デジタルコミュニケーション開発チーム ディレクター 比留間徹氏が登壇。同社の事例を基に、体験価値に焦点を当てた顧客コミュニケーションについて解説した。

2020年7月の記事

ウィズコロナ時代に顧客エンゲージメントを築くための5つの方針

【特別企画】ウィズコロナ時代に顧客エンゲージメントを築くための5つの方針

新型コロナウイルスの影響で、人々の中にある不安感が膨らんできている。この不安は、多くが、間違った情報と様々な憶測から生まれたものだ。コロナ禍でも事業を継続するために、企業はあの手この手で顧客とのコミュニケーションを図っている。しかし、受け手側は先述の不安感から、情報に対してセンシティブになっている。人々が情報に対していっそう敏感になりつつある今日、企業はどのように顧客とコンタクトを取って信頼関係を築いていけばよいか。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る