マーケティング 新着記事一覧

マーケティング 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2020年8月の記事

顧客が真に求めるものは何なのか? ライオンのデータ活用アプローチ

顧客が真に求めるものは何なのか? ライオンのデータ活用アプローチ

7月9日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用」では、特別講演にライオン ビジネス開発センター エクスペリエンスデザイン デジタルコミュニケーション開発チーム ディレクター 比留間徹氏が登壇。同社の事例を基に、体験価値に焦点を当てた顧客コミュニケーションについて解説した。

2020年7月の記事

ウィズコロナ時代に顧客エンゲージメントを築くための5つの方針

【特別企画】ウィズコロナ時代に顧客エンゲージメントを築くための5つの方針

新型コロナウイルスの影響で、人々の中にある不安感が膨らんできている。この不安は、多くが、間違った情報と様々な憶測から生まれたものだ。コロナ渦でも事業を継続するために、企業はあの手この手で顧客とのコミュニケーションを図っている。しかし、受け手側は先述の不安感から、情報に対してセンシティブになっている。人々が情報に対していっそう敏感になりつつある今日、企業はどのように顧客とコンタクトを取って信頼関係を築いていけばよいか。

2020年6月の記事

富士フイルムが明かす、破壊的イノベーションとBtoBマーケティングのあるべき姿

富士フイルムが明かす、破壊的イノベーションとBtoBマーケティングのあるべき姿

富士フイルムは2000年代前半、かつて中核事業であった写真フィルムによるビジネスの売上のほとんどを失った。だが、写真で培った独自技術を他分野に展開することで、現在も成長を続けている。同社は、いかにして破壊的イノベーションの時代に立ち向かってきたのだろうか。5月28日に行われた「顧客と深くつながるために - BtoBマーケティング最新手法と先進事例」では、富士フイルム デジタルマーケティング戦略推進室長 板橋祐一氏が、同社のデジタルマーケティング戦略を踏まえて語った。

テレワーク時代の「今」やるべきBtoB営業/マーケティングとは?

テレワーク時代の「今」やるべきBtoB営業/マーケティングとは?

昨今のコロナ禍によってテレワークが急速に普及するなど、人々のワークスタイルは大きく変わりつつある。特に、BtoB営業/マーケティング領域においては、顧客開拓手段の抜本的な見直しが急務だ。テレワーク時代の今、BtoB営業/マーケティングにはどのように取り組めばよいのだろうか。5月28日に行われたマイナビニューススペシャルセミナー「顧客と深くつながるために - BtoBマーケティング最新手法と先進事例」で、才流 代表取締役社長 栗原康太氏が解説した。

「生き残る」ではなく「勝ち残る」- ウィズコロナ時代のマーケティング戦略

「生き残る」ではなく「勝ち残る」- ウィズコロナ時代のマーケティング戦略

このウィズコロナ時代、マーケターはどうあるべきか。BtoB分野で長くマーケティングに携わり、国内最大級となるクラウドコミュニティ「JAWS-UG」を立ち上げたことでも知られるStill Day Oneの小島英揮氏が5月28日、マイナビニューススペシャルセミナー「顧客と深くつながるために―― BtoBマーケティング最新手法と先進事例」に登壇。これからのBtoBマーケティングに求められるメソッドについて話した。

2020年5月の記事

「社内を巻き込むデジタルマーケティング」成功の理由は? - Marketoチャンピオン座談会

「社内を巻き込むデジタルマーケティング」成功の理由は? - Marketoチャンピオン座談会

アドビシステムズは5月13日、Webセミナー「MAをテコに社内を巻き込み顧客と深くつながれ」を開催した。同セミナーには、「2019年度 Marketo Champion Team of the Year」に選出された日立製作所、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ、LINE Payが登壇。Championたちがどのような課題感を持ってデジタルマーケティングに挑み、壁を乗り越えて成功に導いたのかについて語られた。

リアルとデジタルの融合で新たな「場」づくりを目指す三井不動産の挑戦

リアルとデジタルの融合で新たな「場」づくりを目指す三井不動産の挑戦

三井不動産は、3年前にファッションECモール「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」をローンチして話題を呼んだ。"リアル店舗共生型"ECモールと銘打たれたアンドモールの狙いはどこにあるのか。2月27日に開催された「デジタルマーケティングを味方につける~戦略立案と実践方法~」には、アンドモール立ち上げにも参画した山上裕之氏が登壇。リアルとデジタルが融合することでさらに価値を高めていく考え方について語った。

2020年4月の記事

メガベンチャー企業たちが短期間でビジネスを展開できる秘訣――Adobe Creative Cloudによるクリエイティブ環境に迫る

【特別企画】メガベンチャー企業たちが短期間でビジネスを展開できる秘訣――Adobe Creative Cloudによるクリエイティブ環境に迫る

ビズリーチやDMM、メルカリといった「成長著しい企業」は、クリエイティブを取り巻く状況に対応するためのさまざまな策を講じている。彼らに共通する重要なポイントとして、クリエイティブ環境があるという。今回はAdobe Creative Cloudの中からUI/UXデザインのAdobe XDと動画編集のAdobe Premiere Proに焦点を当てて紹介したい。

多様化するチャネルに対応した「最適なCMS製品」の選び方

【特別企画】多様化するチャネルに対応した「最適なCMS製品」の選び方

情報化の発展により、消費者はほとんど全てのシーンで、自身が必要とする情報を得られるようになった。一方、こうした情報チャネルの多様化は、企業のマーケティング活動をいっそう複雑なものにした。情報接点ごとに最適化したコンテンツを作成し、適切なチャネルでこれを発信しなければ、見込み顧客に対して "響く情報" を届けることが叶わなくなってきたのだ。本稿では、アドビの製品ガイド「最適なCMS製品の選び方」から、チャネルの多様化が進む今日にあたって求められるCMSの要件について解説していく。

2020年3月の記事

SHIPSが推進するOMO時代のデジタルマーケティング改革「狙いと成果」

SHIPSが推進するOMO時代のデジタルマーケティング改革「狙いと成果」

オンラインとオフラインが融合するOMO時代の今、企業のデジタルマーケティング戦略はどうあるべきなのだろうか。2月27日に開催された「デジタルマーケティングを味方につける~戦略立案と実践方法~」の事例講演には、シップス デジタルマーケティング部 デジタルマーケティング課 課長 萩原千春氏が登壇。SHIPSのデジタル戦略のこれまでとこれからについて語った。

入場者数は右肩上がり! Jリーグが実践するデジタルマーケティング戦略

入場者数は右肩上がり! Jリーグが実践するデジタルマーケティング戦略

2月27日に開催された「デジタルマーケティングを味方につける~戦略立案と実践方法~」では、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) コミュニケーション・マーケティング本部 集客・視聴推進グループマーケティング担当オフィサー 濱本秋紀氏が登壇。Jリーグのデジタルマーケティング戦略とその具体的な実施例を明かした。

なぜLINEスタンプのレコメンドは的確なのか? サービスを支えるAIの力

なぜLINEスタンプのレコメンドは的確なのか? サービスを支えるAIの力

コミュニケーションアプリとして認知されている「LINE」だが、いまやさまざまなサービスを内包する巨大プラットフォームに成長している。2月13日に開催された第136回IT Search+スペシャルセミナーでは、LINE社の執行役員 AI事業統括/LINE BRAIN室 室長の砂金信一郎氏が登壇。同社が取り組む「AI×データ活用」について語った。

2020年2月の記事

顧客アナリティクスをいかに進めるか? ガートナーが示す3つのステップ

顧客アナリティクスをいかに進めるか? ガートナーが示す3つのステップ

2月13日、ガートナーはCX(Customer Experience)リーダーを対象に「カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット」を開催した。本稿では、ガートナー シニア ディレクター アナリスト メリッサ・デイヴィス氏による講演「顧客アナリティクスについて知っておくべきこと」の内容を紹介する。

One to Oneアプローチに不可欠な「パーソナライズされたコンテンツ」は、どうすれば量産できるか

【特別企画】One to Oneアプローチに不可欠な「パーソナライズされたコンテンツ」は、どうすれば量産できるか

One to Oneアプロ―チの実現に向けて、多くの企業でマーケティング活動のパーソナライズが試みられている。ここで頭を悩ませるのが、パーソナライズに必要となるコンテンツの質と量が不足するという課題だ。「コンテンツ危機」とも呼べる状況から脱することは、喫緊の課題だと言えよう。そのための有効な取り組みとして、本稿ではサイトコアが提供するプラットフォーム「Sitecore Content Hub」を活用した、コンテンツ制作工程の刷新を提唱したい。

[講演資料] データから気づきを得るには? GA活用&分析のポイントを解説

[講演資料] データから気づきを得るには? GA活用&分析のポイントを解説

第135回IT Search+スペシャルセミナーでは、データから気づきを得るためのGoogleアナリティクス活用方法や改善施策の考え方、分析で得られる「3種類の気づき」についてなどが、具体例/ワークとともに解説された。

2020年1月の記事

事業の成功確率を高める、インテージのマーケティングリサーチ

【特別企画】事業の成功確率を高める、インテージのマーケティングリサーチ

多くの企業で、既存事業の改良や新規事業の開発といった取り組みが進められている。しかし、志を高く持ってスタートしたとしても、その取り組みが成功するとは限らない。成否の鍵を握るのは、顧客の嗜好を捉えた仮説とこれを裏付けるデータ、そして仮説を実行するための経営資源だ。ここでは、取り組みの成功確率を1%でも高めるための選択肢として、マーケティングリサーチ業界において国内1位、世界10位の実績を誇るインテージが提供するアドホック調査サービスを取り上げる。

徹底した調査で若者の実態に迫る! SHIBUYA109のリアル×デジタル戦略

徹底した調査で若者の実態に迫る! SHIBUYA109のリアル×デジタル戦略

若者文化の発信地でもある渋谷のランドマーク・SHIBUYA109。昨年40周年を迎え、ロゴの刷新や若者マーケティングの強化などを進め、時代に対応した新しい商業施設として生まれ変わった。その"裏側"を支えるのは、独自に進めるマーケティング施策と徹底したデータ活用だ。12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、SHIBUYA109エンタテイメントのMDプランニング部長であり、SHIBUYA109総支配人も務める澤邊亮氏が登壇。SHIBUYA109が推し進めるデジタル戦略について解説を行った。

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

オリジナル商品やメーカーとのコラボ商品を多数販売し、特にスモールマス分野でヒットを飛ばしているECサイト「LOHACO」。数多くのヒット商品はどのようにして生み出されたのか。12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム2019 Winter for データ活用」に登壇したアスクル ECマーケティングディレクター 成松岳志氏が語った。

2019年12月の記事

アスリートが語る、SNSをやるべき理由 - Sports x Instagram Summit

アスリートが語る、SNSをやるべき理由 - Sports x Instagram Summit

SNSはアスリートのあり方をどう変えていくのだろうか? そのヒントは、電通のグループ会社であるスポーツITソリューションがフェイスブック ジャパン協力の下、10月31日に開催したイベント「Sports x Instagram Summit Vol.1 ~Instagramが変えるスポーツマーケティングの未来~」にあった。

2019年11月の記事

YouTube広告とTV CM、どちらがリーチできる? - Googleが最新データ発表 [Brandcast 2019 Japan]

YouTube広告とTV CM、どちらがリーチできる? - Googleが最新データ発表 [Brandcast 2019 Japan]

Googleは11月13日、YouTubeの広告関係者に向けて事例や最新情報を共有するイベント「Brandcast 2019 Japan」を開催した。TV CMとの比較や視聴者のトレンドなど、さまざまな情報が披露された。

  • バックナンバーを見る
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る