サーバ/ストレージ 新着記事一覧

サーバ/ストレージ 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2019年8月の記事

運用環境 シェル(その12)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [192] 運用環境 シェル(その12)

シェルの基本的な機能に関する説明は今回で最後だ。最後に取り上げるのは「組み込みコマンド」である。通常のコマンドのように振る舞うコマンドだが、実態はシェル内部で実装された機能で、具体的にはC言語の関数として実装されていることが多い。

運用環境 シェル(その11)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [191] 運用環境 シェル(その11)

前回はパラメータ展開、コマンド置換、算術展開について取り上げた。これらの展開処理が行われた結果には複数の空白が含まれていることがあるが、結果がダブルクォーテーションで囲まれている場合と囲まれていない場合とで、周辺の挙動が異なってくる。今回はこの辺りについて説明しよう。

運用環境 シェル(その10)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [190] 運用環境 シェル(その10)

前回は、変数とパラメータについて紹介した。シェルの変数はただ値を代入するだけではなく、その変数を利用するときに変数の値を書き換えたり、値が設定されていなかったりした場合にデフォルト値を設定するといったことができる。「パラメータ展開」と呼ばれることが多い機能だ。今回はこの辺りの機能を紹介する。

Visual Studio Codeの準備

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [60] Visual Studio Codeの準備

これからはPowerShell Coreをシェルスクリプトの形で利用するスタイルも取り上げていくう。そういった場合にはエディタというか開発環境が欲しくなってくるのだが、ここでは最近特に人気のある「Visual Studio Code」を取り上げよう。

運用環境 シェル(その9)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [189] 運用環境 シェル(その9)

シェルは変数の機能を提供している。シェルスクリプトを組むようになると、変数はかなり必須に近い機能になってくる。シェルには、あらかじめシェルによって用意される変数がいくつかあり、それらは「パラメータ」と呼ばれる。今回は、このパラメータについて取り上げたい。

2019年7月の記事

ディープラーニング(DL)を真に実現 - AIワークフロー向けデータパイプラインの設計と構築の手引き

【特別企画】ディープラーニング(DL)を真に実現 - AIワークフロー向けデータパイプラインの設計と構築の手引き

ビジネス界では、新しいサービスを導入し、企業データから得られる分析情報の質を高めるための手段として、ディープラーニング(DL)などの人工知能(AI)のテクノロジーを活用しようと、どの企業も躍起になっています。

PowerShell Core 6にセキュリティ脆弱性、アップデートを

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [59] PowerShell Core 6にセキュリティ脆弱性、アップデートを

Microsoftは2019年7月17日、PowerShell Core 6.1およびPowerShell Core 6.2にセキュリティ脆弱性が存在すると伝えた。今回はアップデートの方法をご紹介する。

HCIの普及にともない表面化してきた課題――それを解決へと導く最新のストレージソリューション

【特別企画】HCIの普及にともない表面化してきた課題――それを解決へと導く最新のストレージソリューション

ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)技術を活用して、サーバーとストレージを一体的に管理することを可能にしたハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、煩雑なITインフラの運用をシンプル化できるソリューションとして多くの企業で導入が進められている。

運用環境 シェル(その8)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [188] 運用環境 シェル(その8)

前回はコマンドのシーケンスが「リスト」と呼ばれていることを説明した。リストはさらに演算子やコンストラクタによってより複雑な構造を取ることがある。今回はこの辺りについて解説しよう。

Windows Terminal 設定方法

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [58] Windows Terminal 設定方法

Windows Terminalは最近のアプリケーションっぽく、設定変更するにはJSONファイルを編集するかたちになっている。今回はその設定方法を紹介する。

運用環境 シェル(その7)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [187] 運用環境 シェル(その7)

前回は「複雑なコマンド」の中からパイプラインについて説明した。パイプラインでは複数のコマンド(プロセス)が同時に実行され、マルチコアを有効的に利用することができるため、まずはマスターしておきたい機能だ。続く今回は、同じく「複雑なコマンド」の中からリストと関数定義について取り上げる。

Windows Terminal アップデート

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [57] Windows Terminal アップデート

しばらくの間Windows Terminalは細かくアップデートを繰り返しながら使うことになる。Windows Terminalのプレビュー版はMicrosoft Store経由で入手できるようになっており、Microsoft Store経由でインストールした場合にはMicrosoft Store経由でアップデートを実施することになる。

Windows Terminal

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [56] Windows Terminal

Windowsのコンソール事情が変わろうとしている。MicrosoftはコマンドプロンプトやWindows PowerShellといったコンソールアプリケーションをオープンソースソフトウェアとして公開するとともに、「Windows Terminal」というアプリケーションの開発に着手した。

運用環境 シェル(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [186] 運用環境 シェル(その6)

これまではコマンドとして単一のコマンドが実行されることを想定して説明を行ってきたが、実際にはパイプラインでつながれたコマンドであったり、制御演算子を使って組み合わされたコマンドであったりと、複数のコマンドが1つのまとまりになっていることがある。今回はこうした複雑なコマンドについて説明する。

【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

【特別企画】【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

近年、ビジネスにおける競争はますます激しくなっている。市場や顧客に合わせて自社の体制を素早く変化させていかなければ、もはや生き残りは難しい。企業のITシステムにも柔軟でスピーディーな変化が求められるが、その際に障害となるのが、旧来のまま運用されているサーバー・ストレージ・スイッチからなる3階層モデルの仮想化ITインフラだ。3階層モデルは、下記の課題を抱えているためビジネスニーズに合わせたスムーズな取り組みが難しい。

運用環境 シェル(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [185] 運用環境 シェル(その5)

シェルは「コマンドを実行する」というのが最も基本的な使い方であり、シェル関数や組み込みコマンドなども実行することができる。今回はこのシェルについて説明していこう。

爆発的にデータ量が増え続けるなかで「オブジェクト・ストレージ」が注目される理由

【特別企画】爆発的にデータ量が増え続けるなかで「オブジェクト・ストレージ」が注目される理由

企業が扱うデータは爆発的な増加を続けている。なかでも写真や動画、音声、各種センサーデータなど、非構造データの割合が増しており、いまや量と質の変化に対応できるデータ保管環境は必須。そこで注目したいのが「オブジェクト・ストレージ」だ。

PowerShell 7.0.0 Preview1 パフォーマンス比較 その3

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [55] PowerShell 7.0.0 Preview1 パフォーマンス比較 その3

「PowerShell 7.0.0 Preview1」はパフォーマンスが大幅に向上しているとされている。実際にどの程度性能に差があるのか確認するためにさまざまな環境でベンチマークテストを実行しているが、今回はUbuntu 18.04で試してみよう。

2019年6月の記事

運用環境 シェル(その4)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [184] 運用環境 シェル(その4)

シェルが行入力を解釈して処理を行う途中で、リダイレクトを見つけて処理することは前回までに簡単に説明した。このリダイレクトはシェルの代表的な機能と言えるもので、ファイルへの書き込みやファイルからのデータ読み込みなどを実現することができる。

運用環境 シェル(その3)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [183] 運用環境 シェル(その3)

シェルは1行ずつコマンドを理解して処理を実行する。最初は少々退屈かもしれないが、どういった規則で入力文字列を解釈してコマンドの実行へ持っていくのか、その構造を理解してしまおう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る