サーバ/ストレージ 新着記事一覧

サーバ/ストレージ 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2018年7月の記事

オブジェクトのプロパティを表示 Format-List

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [12] オブジェクトのプロパティを表示 Format-List

シェルの場合パイプラインを流れるのは見たままのデータなのだが、PowerShell Coreではパイプラインの間を移動していくのはオブジェクトで、表示されているデータそのものではないことはこれまで何度かふれてきた。そうなると、そもそもそのオブジェクトとは何だということになるわけだが、今回はそれを体感しやすくするコマンドレットとしてFormat-Listについて紹介しようと思う。

WSL機能: WSLコンソールとアプリ間のコピー&ペースト

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [134] WSL機能: WSLコンソールとアプリ間のコピー&ペースト

Windows 10 2018年春のアップデートでWSLコンソールにコピー&ペーストのショートカットキー機能とタブ機能の登場が予想されていたものの、結局この2つの機能は導入されなかった。このため、今回は現在のWSLコンソールに実装されているテキストのコピー&ペースト機能を利用する方法を紹介しておこう。

日付を演算 Get-Date

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [11] 日付を演算 Get-Date

Get-Dateコマンドレットで取得できる日付データ(日付オブジェクト)はデータ間で演算することができる。こうした機能を利用することで比較対象となったデータが指定した日時内に含まれてるかどうかといった判断を行うことができる。日付に関する処理は自動化することの多い部分なので、基本的な使い方はマスターしておきたい。

WSL新機能: ファイル名で大文字と小文字を区別して使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [133] WSL新機能: ファイル名で大文字と小文字を区別して使う

Windows 10ではパスの大文字と小文字を区別して扱う機能を備えているものの、デフォルトでは区別しない動作になっている部分が多い。これはWSLとの共存という点では問題があるのだが、2018年春のWindows 10アップデートでこの問題を解決する機能が導入された。

2018年6月の記事

HCIの課題を解消する新アーキテクチャーで、パフォーマンスを極限まで引き出す

【特別企画】HCIの課題を解消する新アーキテクチャーで、パフォーマンスを極限まで引き出す

導入コストが低く、運用コストの削減や運用管理負荷の低減などが期待できることから、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)の市場は急激に成長してきた。今後も年率44%超で成長し続けるという強気な将来予測が出ていたりするなど、HCIのメリットが徐々に浸透してきた感がある。その使われ方もVDI(デスクトップ仮想化)やアプリ開発環境が主だったのが、いまや業務アプリケーション、データベース、基幹系システムにまで及んできた。今後10年以内にはSANストレージの変わりに、HCIに代表されるハイパースケーラーが置き換わる予測もあるという。

日付を表示 Get-Date

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [10] 日付を表示 Get-Date

PowerShell Coreでは日付をただの文字列としてではなく、日付データとして柔軟に利用できる。まずは、Get-Dateコマンドレットの基本的な使い方を覚えてしまおう。

ぐるなび、「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

ぐるなび、「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

レッドハットは6月26日、ぐるなびが同社のサービス運用基盤に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

WSL新機能: WSL起動時のマウント設定とネットワーク設定を指定する方法

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [132] WSL新機能: WSL起動時のマウント設定とネットワーク設定を指定する方法

WSLのシステム起動は通常のLinuxの起動とは少しだけ仕組みが異なっている。Windows 10 春のアップデートで、この通常とは異なる起動方法にちょっとだけ変更を加えるための設定ファイル/etc/wsl.confが追加された。今回はこのファイルの使い方を紹介する。

ファイルの中身を表示 Get-Content、Out-Host

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [9] ファイルの中身を表示 Get-Content、Out-Host

今回はファイルの中身を確認することができるコマンドレットGet-Contentの基本的な使い方を紹介する。ページャ的な見方をする方法、先頭だけを表示する方法、末尾だけを表示する方法、ログファイルのように逐次データが追加されるようなファイルをモニタリングする方法などを説明する。

現代のビジネスに必要な要件を満たす「オールフラッシュストレージ」の効果をチェック

【特別企画】現代のビジネスに必要な要件を満たす「オールフラッシュストレージ」の効果をチェック

ビッグデータ時代の到来によって、企業のITシステムで管理するデータ量は飛躍的に増加している。現代のビジネスでは、蓄積されたデータの分析・活用が必須といえるが、運用しているシステムのパフォーマンスが不十分で、せっかくのデータを有効活用できていないケースも少なくない。従来のデータベースシステムでビッグデータを活かせない原因はさまざまだが、多くの環境でボトルネックとなっているのは、ストレージI/O性能の低下だ。ストレージのパフォーマンスが改善できれば、大容量データへのアクセスはもちろん、業務アプリケーションの高速化も実現する。そこで多くの企業が注目しているのが、高速で信頼性も高く運用コストも削減できる「オールフラッシュストレージ」だ。

WSL新機能: WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [131] WSL新機能: WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う

2018年春のアップデートで、Windows側のファイルパーミッションの範囲内で、WSL側からLinux向けのパーミッションを設定できるようになった。WSL側からWindows側のファイルのパーミッションを変更することはできないが、それがWindows側のパーミッションの許可範囲内であれば、WSL側でのパーミッションが保持できるようになった。説明してもわかりにくいので、具体的に操作しながら、どのように動作するのかを見ていこう。

文字列の一致検索 Select-String、Out-String

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [8] 文字列の一致検索 Select-String、Out-String

シェルにおいて最も頻繁に利用するコマンドの一つがgrepだ。しかし、Windowsではgrepが利用できない。今回はSelect-StringとOut-Stringコマンドレットを使ってgrepのような処理を実現する方法を紹介する。

中外テクノス、「Dell EMC Unity」で全社仮想化基盤用ストレージを刷新 [事例]

中外テクノス、「Dell EMC Unity」で全社仮想化基盤用ストレージを刷新 [事例]

ネットワールドは6月11日、同社が扱うユニファイドストレージ「Dell EMC Unity」(以下、Unity)を中外テクノスが採用したと発表した。

WSL新機能: Win/Linuxで使える環境変数WSLENV

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [130] WSL新機能: Win/Linuxで使える環境変数WSLENV

2018年春のWindows 10アップグレードから環境変数WSLENVという新しい機能が追加された。この環境変数はWindowsとWSLの間で受け継ぎを行う環境変数を指定するためのもので、WSLとWindowsのシームレスな利用を実現するために利用できる。今回はこのWSLENV環境変数の使い方を紹介する。

安定性と先進性を兼備! オンプレからの移行にも適したクラウド基盤サービス

【特別企画】安定性と先進性を兼備! オンプレからの移行にも適したクラウド基盤サービス

本稿では、企業が革新的ビジネスを生むための取り組みをインフラ面で支える、富士通のクラウド基盤「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)について解説した資料を紹介する。

ファイルやディレクトリの作成、削除、コピー、移動

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [7] ファイルやディレクトリの作成、削除、コピー、移動

ファイルやディレクトリ(フォルダ)の作成、名前の変更、移動、コピーなどもシステム管理の基本だ。こうした機能ももちろんPowerShell Coreにおいて提供されている。今回はそうした処理を行うコマンドレットNew-Item、Remove-Item、Copy-Item、Move-Itemコマンドレットを紹介する。

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

「2020~2021年には、デジタルジャイアント7社のうち5社が自己破壊を起こし、ECにおける検索作業の30%が画像/音声検索になり、アプリ開発の半数以上がボットの開発になる」――全世界で2000人以上のアナリストを抱えるGartnerにおいて、その最高責任者を務めるピーター・ソンダーガード氏の展望である。

WSL新機能: バックグラウンドタスク sshdを使う方法

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [129] WSL新機能: バックグラウンドタスク sshdを使う方法

サーバとしてLinuxを使っているのであれば、sshでログインして作業を行うというのが一般的だ。Windows 10に導入されたばかりのWSL (Windows Subsystem for Linux)ではsshdをバックグラウンドタスクとして動作させておくことができなかったが、2018年Windows 10 春のアップデートで可能になった。今回はそのあたりについて解説しよう。

ファイルやディレクトリの表示 Get-Item、Get-ChildItem、Format-List

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [6] ファイルやディレクトリの表示 Get-Item、Get-ChildItem、Format-List

システム管理でもっとも基本となる操作はディレクトリ(フォルダ)の 移動とファイルやディレクトリの一覧表示だ。今回はGet-ItemとGet-hildItemというコマンドレットを取り上げたい。

2018年5月の記事

Windows 10でLinuxを使う (その24) - Ubunty 18.04 LTS

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [128] Windows 10でLinuxを使う (その24) - Ubunty 18.04 LTS

2018年4月にUbuntuの長期サポートバージョンとなるUbuntu 18.04 LTSが公開された。多くのユーザがこのバージョンを使うことになると見られるが、Microsoft StoreにもついにUbuntu 18.04 LTSが登録された。今回はUbuntu 18.04 LTSのインストール方法と、既存のUbuntu 16.04 LTSとの関係を紹介する。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る