サーバ/ストレージ 新着記事一覧

サーバ/ストレージ 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2018年1月の記事

セキュリティ: CPUマイクロコードのアップデート方法

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [109] セキュリティ: CPUマイクロコードのアップデート方法

2018年の年始めは多くのIT関係者にとってあまり喜べた状況ではなかった。もしかしたら今年一番のセキュリティ脆弱性になるかもしれない「Meltdown」と「Spectre」が公になったからだ。プロセッサベンダは特にSpectreに関してはCPUのマイクロコード(ファームウェア)をアップデートすることで問題の低減を図ることにしている。今回はLinuxでCPUのマイクロコードをアップデートする方法を紹介する。

三菱自動車、グローバル共通の設計部品表システムに「Oracle Exadata」を導入 [事例]

三菱自動車、グローバル共通の設計部品表システムに「Oracle Exadata」を導入 [事例]

日本オラクルは1月10日、三菱自動車が、設計部品表システムのIT基盤として高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (Oracle Exadata)」を導入したと発表した。

可用性と管理性の向上を実現! 長崎県立大学がシスコのHCIを選んだ理由

【特別企画】可用性と管理性の向上を実現! 長崎県立大学がシスコのHCIを選んだ理由

本稿では、HCIが注目を集めている理由に加え、シスコシステムズの「Cisco HyperFlex システム」を導入した長崎県立大学が、抱えていた問題をHCIによってどう解決したのかについて解説する資料を紹介する。

Windows 10でLinuxを使う (その10) - コンソールを見やすく設定する

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [108] Windows 10でLinuxを使う (その10) - コンソールを見やすく設定する

WSLのコンソールを使っていて多くの方がこう思ったんじゃないかと思う。色設定がとても見にくいと。特に青の要素が強い色で、さらに暗めの要素が強くなるとかなり見にくくなる。個別にコマンドの色設定を行ってもよいのだが、ここではもっと簡単にコンソールの方の色を変更する方法を紹介する。

Windows 10でLinuxを使う (その9) - Win/Linuxで使える環境変数WSLENV(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [107] Windows 10でLinuxを使う (その9) - Win/Linuxで使える環境変数WSLENV(未来編)

WindowsからLinuxを起動したりLinuxからWindowsプロセスを実行したりする場合にパスの自動変換が可能な環境変数「WSLENV」が、Windows 10 Insider Preview Build 17063から導入された。今回は次のアップデートから利用できるようになると見られるこの機能を紹介しよう。今後利用されるシーンが増えそうな変数だ。

2017年12月の記事

IT Search+、2017年人気記事ランキング

IT Search+、2017年人気記事ランキング

2017年もあとわずか。テクノロジー業界もこの一年、いろんなことがありました。本稿では、2017年の年間人気記事ランキングを紹介しながら、この1年を振り返ってみます。

ユーザー企業5社が本音を明かす! 仮想環境における課題とTintri導入のメリット

【特別企画】ユーザー企業5社が本音を明かす! 仮想環境における課題とTintri導入のメリット

仮想環境専用のストレージを提供するティントリは、7月に米NASDAQに上場するなどさらなる成長に向けて爆進している。2017年9月21日、同社の成長を支えるユーザーに向けたイベント「Tintricity 2017 Tokyo ~ティントリユーザーの集い~」が、東京で開催された。同イベントには日本国内のユーザー企業から約160人が参加、ユーザー参加型の趣向を凝らしたセッションが多数行われ、会場は熱気に包まれた。

Windows 10でLinuxを使う (その8) - 独立して使えるsshdサーバ(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [106] Windows 10でLinuxを使う (その8) - 独立して使えるsshdサーバ(未来編)

WSL関連でバックグラウンドタスク機能が実装されたことはcronを取りあげたときに紹介した。この機能を使うことでsshdを自動的に起動させておくことができるようになるとMicrosoftから発表があった。コンソールターミナルを起動していない状態でもsshdを実行させておくことができ、外部からssh経由でログインできるようになる。Linux管理者には朗報と言える機能だ。

Windows 10でLinuxを使う(その7)- Windowsから編集しよう

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [105] Windows 10でLinuxを使う(その7)- Windowsから編集しよう

今回は、Windows 10のWSL機能を利用して、Windows側のアプリケーションを使ってLinuxの設定ファイルを編集する方法について説明しよう。

Windows 10でLinuxを使う(その6) - cronを使ってみよう(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [104] Windows 10でLinuxを使う(その6) - cronを使ってみよう(未来編)

Microsoftから将来的にWSLにバックグラウンドタスク機能を追加する予定だという発表が行われた。今回はその辺りについて取り上げよう。

Windows 10でLinuxを使う(その5) - cronを使ってみよう

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [103] Windows 10でLinuxを使う(その5) - cronを使ってみよう

Linuxに限らずUNIX系のサーバでよく使う機能が「cron」だ。WSL(Windows Subsystem for Linux)のおかげで、「Windows 10 Fall Creators Update」以降はWindowsでもLinuxが実行できるのだから、ぜひこの環境でもcronを使いたい。ここにいろいろ仕込んでおけば、さまざまな作業を手軽に自動化できる。今回は、WSLでcronを使う手順について説明しよう。

2017年11月の記事

Windows 10でLinuxを使う (その4) - Nginxインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [102] Windows 10でLinuxを使う (その4) - Nginxインストール

「Windows 10 Fall Creators Update」以降でLinuxを利用する場合、特に多いのが、「Ubuntu on Windows 10」の環境でWebアプリケーションの開発を行い、Windows 10のブラウザからアクセスして動作を確認するというパターンだ。今回は、そんな使い方をする際のセットアップ方法などについて取り上げたい。

人を育てるIT教育講座 "自律型人材"を育成する新人研修に注目!!

【特別企画】人を育てるIT教育講座 "自律型人材"を育成する新人研修に注目!!

CTCグループのIT教育サービスは、20年以上に渡り、幅広い知識を必要とするエンジニアの育成を、各分野の基礎知識から認定資格取得まで、トータルにサポートしている。その研修実績や講師の品質は高く評価されており、シスコシステムズ、オラクル、ジュニパーネットワークスなど、毎年数々のアワードを受賞。高度な研修に対応できる快適な研修環境を有しており、実習機材、設備など、さまざまなタイプの教室が配備されている。費用削減、期間短縮、スキル向上を実現するための多彩なカリキュラムとメソッドにより、時代に即応したIT人材を迅速かつ継続的に育成可能だ。

Windows 10でLinuxを使う(その3) - SUSE/openSUSEインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [101] Windows 10でLinuxを使う(その3) - SUSE/openSUSEインストール

本稿執筆時点で、Microsoftストアには「Ubuntu」「SUSE Linux Enterprise Server」「openSUSE Leap」の3つのLinuxディストリビューションが登録されている。前回はUbuntuをインストールする方法を取り上げたが、今回は残りの2つのインストール方法について簡単に説明しておこう。

兵庫県、統合インフラ「FlexPod」を採用 - 物理ケーブルを10分の1に削減 [事例]

兵庫県、統合インフラ「FlexPod」を採用 - 物理ケーブルを10分の1に削減 [事例]

ネットアップは11月16日、兵庫県が、事前検証済みの統合インフラソリューション「FlexPod」を採用したと発表した。

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催。11月1日には同社 主席アナリストの青山浩子氏が登壇し「CIOが理解すべき統合システムの3大インパクト」と題する講演を行った。本稿では、講演の内容をダイジェストでお届けする。

今後7年で撮影容量が"28倍"に!? メディア業界の救世主"オブジェクト・ストレージ"とは

【特別企画】今後7年で撮影容量が"28倍"に!? メディア業界の救世主"オブジェクト・ストレージ"とは

アナログ・ビデオ・コンテンツからデジタル・コンテンツへの移行によって、キャプチャ、プロダクション、配信という一連のビデオ製作作業全体のコストが下がり、容量が爆発的に増加した。各メディア・ソースから入手するデータ量の増加と、各プロダクションが採用する情報源の増加、という2つの変化が同時に発生することで、完成品1時間あたりに必要な容量が増えている。

Windows 10でLinuxを使う(その2)- Ubuntuインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [100] Windows 10でLinuxを使う(その2)- Ubuntuインストール

今回は、「Windows 10 Fall Creators Update」にUbuntuをインストールする方法を紹介する。

なぜ資生堂はBoxでワークスタイル変革を実現できたのか

【特別企画】なぜ資生堂はBoxでワークスタイル変革を実現できたのか

世界88の国と地域で事業を展開し、化粧品メーカーとして日本・アジアでNo.1、世界第5位の規模を誇る資生堂グループ。同社は、国内外のグループ会社を含めた「One SHISEIDO」としての組織の相互連携を強化するため、新たな情報共有基盤として、エンタープライズに特化したセキュアなクラウド型コンテンツ管理サービス「Box」を導入した。

働き方改革で表れたVDIの課題と、その解決策 - Dell EMC Forum Tokyo 2017

働き方改革で表れたVDIの課題と、その解決策 - Dell EMC Forum Tokyo 2017

デスクトップ仮想化を用いたワークスタイル変革には、課題も少なからず存在する。そうした課題に企業はどんな対策を施しているのか。「Dell EMC Forum Tokyo 2017」におけるデル 鈴木 真氏の講演を基にご紹介しよう。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る