佐賀大学、キャンパス情報ネットワークを刷新 - ソフトウェアで集中管理 [事例]

[2017/08/18 14:10] ブックマーク ブックマーク

ネットワンシステムズは8月18日、佐賀大学のキャンパス情報ネットワークを構築したと発表した。同ネットワークは3月より稼働している。

佐賀大学では、近年増加・高度化するサイバー攻撃への対策と、および少人数での運用を実現するための効率化が大きな課題となっていた。また、前回のネットワーク導入から7年が経過しており、スマートデバイスなどの増加によるグローバルIPアドレスの枯渇対策と利便性の両立や、学術情報ネットワーク「SINET5」の高速化にも対応することが求められていたのだという。

今回ネットワンシステムズが整備したキャンパス情報ネットワークは、SDN(Software Defined Network)、HCI(Hyper-Converged Infrastructure)、クラウド型サンドボックス、パブリッククラウド連携などを組み合わせたもの。約800名の教員が居室を離れても有線・無線の双方から固有のネットワーク環境に接続できる仕組みや、標的型攻撃対策を含めた外部境界セキュリティの強化などが実現された。

キャンパス情報ネットワークのイメージ

主な導入製品は以下の通り。

カテゴリー 製品名
ネットワーク仮想化ソフト VMware NSX
ハイパーコンバージドインフラストラクチャー Dell EMC VxRail
次世代型ファイアウォール&サンドボックス Palo Alto Networks PAシリーズ、WildFire
無線LAN/有線LAN管理ソフトウェア Cisco Prime Infrastructure
無線LANアクセスポイント位置管理ソフトウェア Cisco Mobility Services Engine
コアスイッチ Cisco Nexusシリーズ
キャンパススイッチ Cisco Catalystシリーズ
無線LANアクセスポイント Cisco Aironetシリーズ

佐賀大学では、今後も学生や教職員にとってよりよい学術情報環境の整備を推進していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

J:COM、「カスペルスキー 脅威情報ルックアップサービス」でSOCを強化 [事例]

J:COM、「カスペルスキー 脅威情報ルックアップサービス」でSOCを強化 [事例]

カスペルスキーは8月9日、ジュピターテレコム(以下、J:COM)が「カスペルスキー 脅威情報ルックアップサービス」を導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る