マイナビニュースマイナビ

カルビー、HPE Arubaの無線LANソリューションを導入 - ネットワーク環境を刷新 [事例]

[2017/07/06 12:30] ブックマーク ブックマーク

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(HPE Aruba)は7月6日、カルビーが無線LANスイッチ「Aruba 2530シリーズ」およびインスタントアクセスポイント「Aruba Instant AP(以下 IAP)」を導入したと発表した。

カルビーでは従来、国内10カ所にある工場において拠点ごとに異なるネットワーク機器を利用していたため、トラブルが発生した際は現場対応になりがちな点が課題視されていた。

そこで同社は、ネットワーク環境の刷新と管理面の改善に向け、機器の見直しを検討。本社と国内工場に敷設するネットワーク機器や無線LAN環境を統一し、有線・無線ネットワークを細かく可視化できるソリューションとして、HPE ArubaのLANスイッチと無線LANソリューションの採用に至った。選定にあたっては、遠隔で各地の電波状況を可視化できることや、運用管理性の高さ、コスト面のメリットなどが決め手になったという。

カルビー本社では業務用とゲスト用、工場では行程別に複数のSSIDを用意し、業務ごとに使い分けることで、セキュアな通信環境を実現。1台あたりのコストを抑えられたことで以前よりも多くのエリアにIAPを設置できたとしており、その稼働状況はネットワーク統合管理システム「Aruba AirWave」によって、本社が遠隔から統合管理する。

刷新されたネットワーク環境の構成イメージ

カルビーでは、今年度中に全ての工場に環境を展開するとともに、無線エリアについても駐車場を含めた9割以上をカバーする計画だという。今後は、本社と工場以外の関連会社や自社の営業所にも拡張し、将来的には海外ネットワークの最適化にも取り組んでいきたいとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

エネコム、データセンターの運営にHPE ArubaのWLANソリューションを導入 [事例]

エネコム、データセンターの運営にHPE ArubaのWLANソリューションを導入 [事例]

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(HPE Aruba)は5月30日、エネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)が「EneWings広島データセンター」の運営業務に、HPE Arubaの各種WLANソリューションを導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る