北日本放送、社内ネットワークをNECのSDNで構築 - 運用工数を半減 [事例]

[2016/06/07 18:50] ブックマーク ブックマーク

ネットワーク機器

NECは6月7日、同社のSDN(Software-Defined Networking)ソリューションで北日本放送の社内ネットワークを構築したと発表した。

北日本放送では、社内ネットワークの追加・更新作業を1名の担当者が行っており、運用管理の負担が増大していた。また、コアネットワークの更新にあたっては、導入コストの最適化が課題の1つとなっていた。

今回、コアネットワークにNECのSDNソリューション「NEC SDN Solutions」を導入することで、既存のネットワーク機器を活用したスモールスタートを実現。新ネットワークでは、伝送機能が向上し、番組制作用の音声や動画データの送受信量の増加による通信の遅延リスクを低減できたという。

NECのSDNソリューションでは、GUI上で仮想ネットワーク(VTN:Virtual Tenant Network)を設定でき、ネットワーク構成の可視化が可能となっている。これに加え、運用ツール「WebSAM NetvisorPro V」を導入したことなどにより、運用工数を半減できたとしている。

ネットワーク構成イメージ

さらに、電話サービスをIP化して電話用のVTNを設定し、従来は別配線だった電話ネットワークを物理的に新ネットワークに統合。電話専用ネットワークを廃止したことで、コストメリットが高まったという。

関連リンク

1507
2
北日本放送、社内ネットワークをNECのSDNで構築 - 運用工数を半減 [事例]
NECは6月7日、同社のSDN(Software-Defined Networking)ソリューションで北日本放送の社内ネットワークを構築したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/06/07/0607NEC_001.jpg
NECは6月7日、同社のSDN(Software-Defined Networking)ソリューションで北日本放送の社内ネットワークを構築したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る