マイナビニュースマイナビ

花園大学、HPE Arubaで無線LAN環境を構築 [事例]

[2016/05/17 09:56] ブックマーク ブックマーク

日本ヒューレット・パッカード(HPE)のグループ企業であるHPE Arubaは5月16日、花園大学(本部・京都市)の学内向けた無線LANネットワークを提供したと発表した。

今回、花園大学では、HPE Aruba製のコントローラ内蔵のアクセス・ポイント(IAP)を95台と、無線LANの利用状況をを可視化するAruba IAPを導入した。

導入の目的は、生徒がスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末などを学内で利用して学修するための支援など。教室や事務局、研究室、食堂などにArubaIAPを設置し、100名規模でのアクセス集中に耐え得ることを期待している。

また、授業の出欠確認、ラーニング・コモンズ(学修支援のための共有空間)での電子黒板、モバイル機器活用のインフラ、授業内で使う大学ポータル上のSNS、他大学とのWebミーティングなどにも無線LANネットワークを活用する。

Aruba IAPは、無線状況の可視化や設定変更などに対応しやすい集中管理を、無線LANコントローラを別途導入することなく実現できるという特徴がある。また、Aruba AirWave統合ネットワーク管理を利用することで、現場状況を簡単に把握でき、ログの取得による利用状況を分析できる。

セキュリティ機能は、複数のSSIDに応じて応じてアクセスを詳細に制御し、Radiusサーバを経由してVLANを分けられる。必要に応じて逐次ゲストに開放することも可能だ。

同大学では、今後、無線LANネットワークを活用し、災害時のWi-Fi解放、教育研究機関間におけるWLAN相互利用を可能にするeduroamへの積極対応、障害をもつ学生などICTを活用した最適な学修環境の整備・提供なども行うとしている。

学長の丹治光浩氏は「今回構築した無線LAN環境を活用することで、タイムラグの発生なくよりレスポンスの良いフィードバックやコミュニケーションができるようになった」とコメントしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Aruba 200シリーズ

Aruba 200シリーズ

2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る