なぜLINEスタンプのレコメンドは的確なのか? サービスを支えるAIの力

[2020/03/05 08:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

日本国内ではもはや「知らない人はいない」と言っても過言ではないアプリとなった「LINE」。コミュニケーションツールとして認知されているが、いまやそれだけでなく、さまざまなサービスを内包する巨大プラットフォームとして成長している。

そんなLINEを強力に支えるのが、蓄積された膨大なデータと、それを分析するAI技術である。

では、具体的にどのようにデータを分析/活用しているのか。2月13日に開催された第136回IT Search+スペシャルセミナーでは、LINE社の執行役員 AI事業統括/LINE BRAIN室 室長の砂金信一郎氏が登壇。同社が取り組む「AI×データ活用」について語った。

プラットフォームとして成長するLINE

講演は「そもそもLINEとはどんなプラットフォームなのか」という話からスタートした。

コミュニケーションアプリとして定着しているLINEだが、その売上のおよそ3割を占めるのは広告収入である。現在、月に1度以上LINEを使用するMAU(Monthly Active Users)は約8,300万人。今も四半期ごとに約100万人ずつユーザー数を伸ばしており、圧倒的なリーチ力が広告プラットフォームとしての強みだ。砂金氏によると、LINE経由でしかアプローチできないデジタルコンシューマーも多いのだという。

LINE社 執行役員 AI事業統括/LINE BRAIN室 室長 砂金信一郎氏

そんなLINEは現在、さらにプラットフォームとしての充実度を高める戦略をとっている。これまでLINE PayやLINE GAME、LINEトラベルjp、LINEショッピング、LINE MUSIC、LINEデリマなどさまざまなサービスを立て続けにリリースし、生活のあらゆる場面をLINEでサポートする環境を整えているのだ。

また、外部の企業や開発者が利用できるMessaging APIを公開し、サードパーティアプリも受け入れているほか、優れたサービスには投資を行ったり、賞金付きのアワードを開催したりと、エコシステムの拡大に注力している。

砂金氏曰く、「LINEがプラットフォームとして注目を集めている背景には、スマートフォンの使われ方がある」という。

「スマートフォンで月に10回以上起動するアプリは、9個程度だと言われています。それなら、利用率が高いLINEをプラットフォームとして使ったほうがいいでしょう」

かつてユーザーにとって、サービスへの入口はWebブラウザであり、検索だった。だが、現在ではそれはスマートフォンの「よく使うアプリ」の1つとなっている。中国でもWechatがミニアプリのプラットフォームとしてヒットしているが、日本ではそれがLINEというわけだ。

では、LINEで何ができるのか。

一例として砂金氏が紹介したのが、粗大ごみ収集だ。現在、福岡市ではLINEで粗大ごみの収集申し込みができるようになっており、さらに手数料の支払いもLINE Payで行うことができる。ユーザーはチャットボットと会話しながら粗大ごみの情報を入力するだけ。コンビニ等で粗大ごみ処理券を購入する必要もなく、ごみに必要事項を記入した紙を貼り付けるだけで手軽に申し込むことができる。

また、長野県ではLINEでいじめ相談ができる取り組みが2017年から始まっている。2017年の相談対応実績は2週間で547件。一方、電話による相談件数は年間259件(2016年度)。LINEのツールとしての手軽さが良い方向に生かされた例だと言えよう。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

DeNA、楽天、LINEに学ぶ! セキュリティ規定&プライバシー保護規則への対応

DeNA、楽天、LINEに学ぶ! セキュリティ規定&プライバシー保護規則への対応

ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月16日、セキュリティ担当者に向けたイベント「Security×Discussion」を開催した。第1回目となる今回は、DeNA、楽天、LINEの3社がセキュリティに関する取り組みについて紹介した。本稿では、DeNA 茂岩祐樹氏、楽天 福本佳成氏、LINE 新美融氏によるパネルディスカッションの様子をお届けしたい。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る