[講演資料] Instagramをビジネスに活かすには? 事例で学ぶ活用のヒント

[2019/09/10 08:00] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

2010年10月、写真を投稿/共有できるアプリとして登場したInstagramは現在、国内の月間アクティブアカウント数は3,300万を突破。家族/友人との交流はもちろん、有名人や企業との交流、最新トレンドの把握など、さまざまな目的で活用されている。

注目すべきは、企業も「コミュニティの一員」としてユーザーに認識されていること。「ビジネスアカウントをフォローしている利用者は80%、ビジネスアカウントの投稿で興味関心を抱く割合は42%に及ぶ」と説明するのはフェイスブック ジャパン 営業本部長 近藤克尚氏だ。

フェイスブック ジャパン 営業本部長 近藤克尚氏

幅広いオーディエンスへのリーチが可能になったことで、フルファネルのマーケティングソリューションとして活用する企業事例も増えているという。

「秒速でコンテンツが消費されている今、Instagramは、さまざまなビジネス目的を支援するために進化しています」(近藤氏)

広告フォーマットやビジネスツールの拡充により、「発見」だけでなく消費者のアクションを「喚起」するマーケティングプラットフォームとして注目する企業も少なくない。

近藤氏が登壇した第125回IT Search+スペシャルセミナー(8月28日開催)では、国内利用者のインサイトや、企業の活用状況、Instagramが提供するビジネス支援機能などについて、具体的な事例を交えながら解説された。

本稿では、この近藤氏による講演『様々な機能拡充でフルファネルに対応!最新事例に学ぶInstagramのマーケティング活用法』のスライド資料を提供する。

会員ログインの上、以下の資料紹介のリンク、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから入手していただきたい。

講演資料の内容


配布用の講演資料は全52ページ。

Instagramの国内利用者のインサイトをはじめ、ビジネス活用における役割や最適なクリエイティブなどについてまとめられています

<PDF内容>

  • コミュニティの広がり
  • 世界中で人々がインスタグラムを利用する目的とは
  • Instagramを利用するブランドに対して持つイメージ
  • ビジネス活用での役割
  • 認知 - リーチ補完
  • 興味 - 興味喚起し、態度変容を促す
  • 購入 - その後、購買行動へ
  • ブランドコンテンツとは
  • クリエイターから学ぶブランドコンテンツのヒント
  • モバイル広告のベストプラクティス
  • Instagram広告で考慮すべきクリエイティブ要素
  • 勝ちクリエイティブに近づくために
    ……など

>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

成果はいかに? トヨタが挑むデータ活用の「これまで」と「これから」

成果はいかに? トヨタが挑むデータ活用の「これまで」と「これから」

7月31日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Summer for データ活用」の基調講演では、トヨタ自動車 コネクティッドカンパニー e-TOYOTA部 担当部長 佐々木英彦氏が登壇。本稿では、講演の内容を基に、同社が進めてきたデジタルマーケティングの仕組みづくりについて重点的に紹介する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る