顧客エンゲージメントをいかに高めるか? データに着目したJALの取り組み

[2019/08/28 09:00]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

マーケティング

7月31日、「マイナビニュースフォーラム2019 Summer for データ活用~成功事例から学ぶデータ活用~」が都内にて開催された。基調講演に立った6社は、いずれもデータ活用で一歩先を行く企業だ。

その中から本稿では、日本航空(以下、JAL)ブランドコミュニケーション・東京2020オリンピックパラリンピック推進部 Webコミュニケーショングループ長の山名敏雄氏が登壇した「JALの顧客エンゲージメント戦略 - データでわかった選ばれる航空会社の姿」の模様をダイジェストでお届けする。

いかに顧客接点を増やすか?

通常、「飛行機を毎日利用する」という人はあまりいないだろう。つまり、航空会社では「生活者の利用頻度が低い商材」を扱っていることになる。

こうした商材の場合、ブランド戦略は「非利用時においてどのように生活者とコミュニケーションをとり、ブランド体験の場を提供していくかが重要」(山名氏)という。

「生活者が何を基準にして航空会社を選ぶかと言うと、同じ条件であれば”なんとなく好き”という感情で選んでいるケースが多くなっています。これは、調査の結果データからわかったことです」(山名氏)

日本航空 ブランドコミュニケーション・東京2020オリンピックパラリンピック推進部 Webコミュニケーショングループ長 山名敏雄氏

「生活者が飛行機に乗らないときに、JALに関する何かを目にする機会は本当に少ない」――そう考えた山名氏は、いかに生活者との接点を創出していけばよいかを考えた。そこで取り組みを進めるのが、SNSの活用である。

2011年4月、まずはJAL公式FaceBookをオープン。ここでは、生活者とのコミュニケーションを通じて、「官僚的」など同社に対して抱かれやすかった”堅いイメージ”を変えていくことを目指した。具体的には、社員が実名かつ顔出しで登場し、自身の仕事やお客さまに提供するサービスへの想いなどを投稿するといった具合だ。

「例えば、現役の機長がこれから担当する便について、お客さまに語りかけるように投稿をすると、お客さまもよりJALとの関係性を身近に感じるようになるということが、データからわかります」(山名氏)

また、Facebookユーザーとのコミュニケーションを活性化させるための工夫として、ユーザーに呼びかけるような投稿でコメントを促したり、Facebookの投票機能を使って読者参加型の投稿企画を実施したりしている。「そうしたタイプの記事は、普段リーチしている人々以外にもメッセージが届くような印象を受けています」と山名氏は語る。

そして、やはり「リアルに会う」ことのインパクトは大きい。そのため、SNS上での交流に加えて、JAL公式Facebookページのファン感謝イベントも毎年実施している。

「一度リアルにつながった人は、その後も投稿を頻繁に見てくれるだけでなく、よりつながりが強固になることがデータにも現れています」(山名氏)

一方、JAL公式Instagramでは、20代と30代の女性をメインターゲットとし、直接話しかけるというよりも、「旅行に行きたいな」という気分を促すような投稿を心掛けているという。そのほか、TwitterやLINEについても公式アカウントを運用中だ。

これらのSNS上で生活者が投稿するJALに関するつぶやきや頻出ワードは、いわゆるソーシャルリスニングツールを利用すれば機械的に収集することができる。だが、山名氏らはあえて日々、全件の内容を自らの目でも追っているという。作業には毎日3時間ほどかかるが、それでも「絶対に必要なこと」だというのが山名氏の見解だ。

毎日目視で確認した投稿の中から社内で共有すべき内容をピックアップしており、それが実際にサービス改善につながったケースも多いという。

例えば、機内やラウンジ内でのサービスに対する生活者の(SNS上の)生の声のヒアリングを続けることで、さらなる商品展開やサービス改善につなげており、具体例として、JALのラウンジで提供するカレーがSNSで人気だったため、よりインスタ映えする黒の食器に変更されたケースが紹介された。

「生の声に耳を傾けることで、生活者がどういったことを考えているのかがわかるようになりました。これまでもさまざまな調査を行っていましたが、それらはリサーチ会社が生活者に答えてもらっていたものなので、本意ではない内容もあったかもしれません。しかし、SNSでのつぶやきは自分の意思で行っているため、SNSユーザーという前提はありますが、かなり本音が含まれていると見ています」(山名氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

8年間で観客動員数が倍増! 横浜DeNAベイスターズのマーケティング戦略

8年間で観客動員数が倍増! 横浜DeNAベイスターズのマーケティング戦略

7月31日に開催されたイベント「マイナビニュースフォーラム 2019 Summer for データ活用」では、横浜DeNAベイスターズの運営を裏側から支える球団のマーケティング戦略や戦略構築のためのデータ活用方法について、横浜DeNAベイスターズ事業本部 経営・IT戦略部 部長 林裕幸氏が紹介した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る