[講演レポート提供]JAWS - UG発起人が解説! 成功するコミュニティマーケティングの仕組み

[2018/12/28 10:45] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

近年、「顧客が顧客を開拓する」手法として、注目を集めるコミュニティマーケティング。既存のマスマーケティングでは、単純に認知度を高めることはできるものの、個々の購買意欲にまで結び付けるのはなかなか難しい。それに対し、ユーザー同士のつながりから生まれる宣伝効果は計り知れないからだ。

とは言え、「では、コミュニティマーケティングを始めよう」と考えても、ユーザー同士が盛り上がり、マーケティングにまでつながるようなコミュニティは一朝一夕に出来上がるものではない。

そこで、第99回IT Search+スペシャルセミナーでは、国内最大級のクラウドコミュニティ「JAWS - UG」を立ち上げ、コミュニティマーケティングコミュニティ「CMC_Meetup」の発起人としても知られるStill Day One 代表社員/パラレルマーケター/エバンジェリストの小島英揮氏を招聘。「コミュニティを通じてファンを増やす! コミュニティマーケティングのキホンとギモン」と題し、「そもそもコミュニティとは何か」というところから、マーケティングに活用できるコミュニティの育て方に至るまで解説をいただいた。

Still Day One 代表社員/パラレルマーケター・エバンジェリスト 小島英揮氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で語られた内容を基に、コミュニティマーケティングのためのコミュニティの”あるべき姿”や、既存のマーケティングとコミュニティマーケティングの違い、コミュニティ育成のポイントなどについてまとめている。新たなマーケティング手法に興味のある方は、ぜひ参考にしていただきたい。

講演レポートのご案内

全3ページから成る講演レポートでは、「コミュニティを通じてファンを増やす! コミュニティマーケティングのキホンとギモン」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。

<PDF内容>

  • “Who”からスタートするマーケティング施策
  • “1番ピン”を作れ!
  • コミュニティを育てる「マジック3」
  • コミュニティマーケティングが”効く”ビジネスは?

>> ダウンロードはこちらから




※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供]コミュニティマーケティングを成功に導く3原則とは?

[講演資料提供]コミュニティマーケティングを成功に導く3原則とは?

リーダー1人とフォロワー2人の発掘――。これからのマーケティングで、最も重要になりうる初期作業の1つだという。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る