scouty、名刺管理アプリ「Eight」の企業向けサービスを導入 [事例]

[2018/06/06 16:50] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

Sansanは6月6日、エンジニア向けAIヘッドハンティングサービスを提供するscoutyが、名刺管理アプリ「Eight」の企業向けサービス「企業向けプレミアム」を導入したと発表した。

Eightは、スマートフォンで名刺を撮影するだけで自動的に名刺情報をデータ化・社内共有できるというもの。その企業向けサービスである企業向けプレミアムでは、Eightの基本機能に加えて、社内のEightユーザーが保有する名刺情報を本人の承諾の下、一括管理・共有することができる。

具体的には、アプリ上で自分以外の社員が登録している名刺情報も検索できるほか、Eightに登録している自分の名刺のうち、会社に共有しない名刺情報を設定することなども可能になっている。

scoutyでは従来、社内の名刺情報を手入力で管理しており、そのデータをマーケティングオートメーションツールに取り込んで、ダイレクトメールの送付や顧客向けイベントの告知といった営業活動に活用していた。しかし、そうした管理方法では、入力ミスが発生することや、社員が交換した名刺を集めて入力する作業に多くの時間がかかることが課題となっていた。

そこで同社は、Eightの企業向けプレミアムを導入。これにより、業務効率が向上し、例えばこれまではメールマーケティングに使うリストを作成するのに約4日間要していたが、必要になったその日のうちに作成できるようになるなど、リードタイムがおよそ4分の1まで短縮できたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Sansan改めsansan、2年後の1万社導入に向け新ロゴ&事業戦略発表

Sansan改めsansan、2年後の1万社導入に向け新ロゴ&事業戦略発表

Sansanは8月7日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の事業戦略説明会を開催した。社名表記、企業ロゴを変更するほか、大手企業、地方企業、東南アジア向けビジネスに力を入れていくことを発表。将来を予測するAIも開発中という。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る