[講演資料提供] お客様の「状態」を考えよ! Oisixの動画マーケティングセミナー

[2018/06/05 09:43] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

動画広告失敗の要因

Kit Oisixのプロモーションを担当する吉川 賢治氏は、ブランド立ち上げ当時の動画広告について、失敗するべくして失敗したと振り返る。

その要因について、以下の4つにあると分析した。

  • 目的を明確に定められていなかった
  • コンテンツが目的にあった内容になっていなかった
  • お客様の感情の変化がデザインできていなかった
  • 動画ならではのメリットを活用できていなかった

オイシックスドット大地株式会社 Oisix EC事業本部 プロモーション室の吉川 賢治氏

失敗を受けて吉川氏は、カスタマージャーニーを意識しながら、マーケティングプロセスを再設計。以下の2つの目的の動画作成に取り掛かった。

  1. 「潜在層」に興味を持ってもらえるようなコミュニケーションを持ってもらう
  2. 興味を持ってもらい「顕在層」になった人にアクション(購入)をしてもらう

1では、Kit Oisix導入後の生活をイメージした動画で興味を喚起。2では、おためしセットを紹介する動画などを作り、1の配信ユーザーに対してリターゲティング配信することで、Kit Oisix認知済みのユーザーにアクションを促した。

これにより、2重の配信コストがかかる計算になるが、結果として顧客獲得コストは大きく下げられたという。

*  *  *

以上は、第78回 IT Search+スペシャルセミナー『オイシックスのプロモーション担当者が語る! 成果につながる、お客様目線の動画マーケティング』の一幕だが、講演では、動画マーケティングを取り巻く状況の変化や、動画広告を使ったマーケティングの設計方法などを具体例とともに詳しく解説。

「お客様目線」を実現するためのポイントも、同社が実践している施策に触れながら説明した。

本稿では、同講演のスライドの一部を無償提供する。興味のある方は、以下の資料紹介内のリンク、あるいは記事末の「今すぐ資料をダウンロード」ボタン、「ダウンロードBOXに入れる」ボタンからダウンロードしてほしい。

また、同講演のレポートも公開している。そちらもぜひご覧いただきたい。

講演資料の内容


講演資料は全60ページ。自社での運用経験を基に、動画広告で顧客を増やすためのポイントを解説しています。

とにかく具体的ですぐにでも試してみたくなるトピックスが満載。「動画広告は後味ではなく”始まり味”重視、最初の3秒以内に伝えたいことを盛り込む」など、貴重なノウハウが詰まっているので、ぜひ一度ご覧になってください。

<PDF内容>

  • Oisixのコミュニケーションについて
  • 動画マーケティングを取り巻く状況
  • 動画マーケティングあるある
  • 過去に失敗した動画施策
  • 上手くいかなかった要因
  • 動画による潜在層の興味喚起の仮説
  • コミュニケーションにおける動画の設計
  • “お客様目線”のプロモーション動画の作り方
  • どの状態をどの状態に変えるか考える
  • (動画)広告を使ったマーケティングの設計方法
  • ジャーニーに合わせて指標を明確にする
  • お客様のジャーニーに分解して目標を決める
    ……など

>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3781
2
[講演資料提供] お客様の「状態」を考えよ! Oisixの動画マーケティングセミナー
Kit Oisixのプロモーションを担当する吉川 賢治氏は、ブランド立ち上げ当時の動画広告について、失敗するべくして失敗したと振り返る。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/06/04/oisix/index.top.oisix.jpg
Kit Oisixのプロモーションを担当する吉川 賢治氏は、ブランド立ち上げ当時の動画広告について、失敗するべくして失敗したと振り返る。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る