CCCマーケティング、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入 [事例]

[2018/05/01 18:40] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

Sansanは5月1日、同社Webサイトにて、CCCマーケティングが法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した事例を公開したと発表した。

会員データベースを元に企業のマーケティング支援を行うCCCマーケティングでは、従来、取引先に関する情報は部署ごとに管理されており、必要に応じて他部署に確認しに行く作業が発生していた。業務は回っていたが、効率の悪さなどが課題視されるなかで、全社的に共通フォーマットで情報を確認できるような環境を用意することを検討。名刺管理という切り口から社内の動きを横断的に把握できるSansanの導入を決定した。

導入により、個人が培ったネットワークを一元管理することが可能になり、他部署の人脈を活用した戦略的な営業活動などが実現されたという。また、営業先の担当者の趣味・嗜好など、名刺に記載されていない情報も残して共有できるため、そういった情報を事前に把握した上で会うことで、新しい可能性の導出を期待するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Sansan、Marketoとkintoneのデータ連携に「PolarisGate」を採用 [事例]

Sansan、Marketoとkintoneのデータ連携に「PolarisGate」を採用 [事例]

日商エレクトロニクスとCData Software Japanは3月13日、Sansanがビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」とマーケティングオートメーション(MA)ツール「Marketo」間の連携で、日商エレの提供するデータ連携クラウドサービス「PolarisGate」と、CDataが提供する「CData ODBC Driver」を採用した…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る