河合製氷冷蔵、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入 [事例]

[2017/12/15 16:25] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

Sansanは12月15日、河合製氷冷蔵が法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した事例を公開した。

河合製氷冷蔵では、営業活動で入手した名刺の管理を各営業担当が個別に行っており、情報入力に手間や時間がかかるため、顧客情報が適切に更新されないことが課題視されていた。

同社は、こうした課題や名刺管理の作業ストレスを払拭するとともに、リアルタイムの「生きたデータベース」が構築できることを期待し、Sansanを導入。これにより、常に最新の情報を管理・共有できるようになり、異なる拠点間での情報共有も実現された。他社員の名刺情報もスマートフォン経由でどこからでも確認でき、営業の訪問指示も迅速化されたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3335
2
河合製氷冷蔵、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入 [事例]
Sansanは12月15日、河合製氷冷蔵が法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した事例を公開した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
Sansanは12月15日、河合製氷冷蔵が法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した事例を公開した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る