リンク、MAツール「SATORI」を導入 - 決め手は匿名顧客へのアプローチ機能 [事例]

[2017/11/22 15:10] ブックマーク ブックマーク

  • マーケティング
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

マーケティング

SATORIは11月21日、リンクがマーケティングオートメーション(MA)ツール「SATORI」を導入した事例を公開した。

リンクでは、かねてより簡易的なMAツールを利用し、自社サイトへのアクセス情報を解析できることに利便性は感じていたが、コンバージョン(CV)まで至らないことが課題となっていた。解析によって既存顧客以外の訪問も多いことが判明していたものの、現行のツールでは具体的な施策を打てないことから、乗り換えを決定。比較検討の結果、SATORIの導入に至った。

選定にあたっては、最大の課題であるCVの増加に関して改善イメージが湧くかどうかを重視したほか、機能とコスト面のバランスの良さを評価。決め手になったのは、詳細がわかっていない匿名状態の顧客にもアプローチ可能なアンノウンマーケティングを実施できることだったという。

今回、同社のクラウドホスティング事業「リンクベアメタルクラウド」の新規リード獲得増加を目的に導入。匿名・実名を問わず見込み客がどんな情報に反応するのかを可視化できるようになったほか、これまで深追いしていなかった既存顧客のデータも活用可能になったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る