ひまわりネットワーク、CRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用 [事例]

[2017/11/01 11:00] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

ソフトブレーンは10月31日、ひまわりネットワークが営業支援システム「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用したと発表した。

1990年にケーブルテレビ局を開局したひまわりネットワークでは、地域密着型コミュニティ番組などの放映に加え、自治体と連携した災害情報提供体制の整備や、クラウド型防犯カメラといったサービスの提供も行っている。

事業展開するなかで進む業務の煩雑化を情報の一元化で解消すべく、CRM/SFAの導入を検討。既存のグループウェアと連携可能なことや、併せて「ActionPassport for eセールスマネージャーRemix Cloud」を導入することで散在する帳票を一元化できることなどが決め手となり、eセールスマネージャーRemix Cloudの採用に至った。

ひまわりネットワークでは、売上目標から逆算した必要活動量の把握や営業担当者の活動の可視化による進捗管理、帳票統一による書類作成工数の削減などを期待するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3216
2
ひまわりネットワーク、CRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用 [事例]
ソフトブレーンは10月31日、ひまわりネットワークが営業支援システム「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ソフトブレーンは10月31日、ひまわりネットワークが営業支援システム「eセールスマネージャーRemix Cloud」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る