H.I.S.、パーソナライズド動画配信ソリューション「eMotion」を導入 [事例]

[2017/10/19 10:50] ブックマーク ブックマーク

  • マーケティング
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

マーケティング

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月18日、エイチ・アイ・エス(以下、H.I.S.)にパーソナライズド動画配信ソリューション「eMotion(イーモーション)」の提供を開始したと発表した。

同ソリューションは、顧客の属性や趣向・特性、契約内容などに応じて最適な動画を配信するというもの。視聴中の顧客の行動や要求に合わせた動画をリアルタイムで生成・提供することも可能となっている。

eMotionのサービスイメージ

H.I.S.では、オンライン予約でハワイに渡航する顧客に向け、9月からeMotionによるサービスを開始。顧客の旅行形態に合わせてカスタマイズしたホテルやオプショナルツアーなどの動画をメールで配信している。適切なタイミングで情報の提供を行えるようになったことで、導入前に比べて商品の追加手配が増加したという。

配信される動画イメージ

H.I.S.は今後、国内旅行を含めハワイ以外を目的地とする顧客向けにも導入を検討していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

飛行機に乗る本当の目的は? ANAが追求する「デジタル世界のおもてなし」

飛行機に乗る本当の目的は? ANAが追求する「デジタル世界のおもてなし」

9月14日、15日の2日間にわたって行われた「Adobe Symposium 2017」では、東急エージェンシー マーケティングイノベーションセンター データドリブンマーケティング局 プラットフォームソリューション部 データサイエンティスト 飯塚久哲氏とANA マーケティング室マーケットコミュニケーション部の石川圭太氏が登壇。Target Finderの特徴…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る