資生堂、Web接客プラットフォーム「KARTE」を導入 - 購入率約2.5倍のケースも [事例]

[2017/09/27 18:30] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

プレイドは9月26日、同社のWeb接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が資生堂が運営する総合美容サイト「ワタシプラス」に導入されたと発表した。

資生堂ではかねてより、広告やメール、LINEといった自社サイト外のコミュニケーションに、プライベートDMPやマーケティングオートメーション(MA)ツールを活用していた。今回、DMPに蓄積した顧客データの分析に加え、ユーザーを軸としたリアルタイムデータ解析や顧客に応じたさまざまなアウトプット、既存の他種DMP・MAツールの連携に関して親和性が高いことから、KARTEを導入。これにより、ワタシプラスのサイト内でも顧客のモーメント(今何を考えているか)に寄り添ったコミュニケーションが実現できるようになり、全ての顧客接点で顧客伴走型のCRMが可能になったとしている。

KARTEの導入前と導入後のイメージ

導入は2017年4月に完了。サイト5周年となる翌5月にはKARTEを利用して、まだ会員登録をしていないビジターユーザーと既に会員となっているメンバーユーザーに対してクーポンの訴求内容を出し分けたり、クーポンをリマインドするタイミングなどを細かくセグメンテーションしたりといった施策を実施した。その結果、商品購入率が約2.5倍になった事例も生まれたという。

今後は、KARTEで得られたワタシプラス上の行動データをプライベートDMPに戻し、顧客の趣向や好みをより詳細に捉えていくことも検討する。実現した際には、メールやLINEといったサイト外でのコミュニケーションにも、それらのデータを活用していく予定だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

新生銀行、Web接客プラットフォーム「KARTE」を導入 - 情報発信の最適化へ [事例]

新生銀行、Web接客プラットフォーム「KARTE」を導入 - 情報発信の最適化へ [事例]

プレイドは10月19日、同社のWeb接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が新生銀行のWebサイトに導入されたと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る