阪急交通社、Webマーケティングに「MIERUCA」を導入 - サイトの拡充に活用 [事例]

[2017/08/16 15:15] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

Faber Companyは8月16日、阪急交通社がAI(人工知能)を活用したコンテンツマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」を導入したと発表した。

国内・海外旅行を提供する阪急交通社では、公式サイト内に「テーマ・目的から旅行を探す」カテゴリーを設けている。同カテゴリーでは、「目的地はまだ決まっていないが、どこかに旅をしたい」というユーザー向けに、季節・目的別のおすすめを特集として紹介。各特集ページでは、目的地の歴史や魅力、推奨ルートだけでなく、「写真を撮りたい」「食を堪能したい」といった、ユーザーのニーズに応じたコンテンツを掲載し、ツアー申込みへと誘導している。

このニーズを読み解く機能の精度を上げ、コンテンツの質を向上させるためにMIERUCAを導入。選定にあたっては、他社の導入事例やコンテンツ制作をサポートする機能の豊富さが決め手になった。

導入により、ユーザーがどのような検索をし、何に興味を持ってサイトの各ページに訪れるのかを社内で深掘りできるようになったという。

例えば、「立山黒部アルペンルート」の特集ページを充実させるため、「アルペンルート」を検索したユーザーの検索意図をMIERUCAで分析(画面左)。その結果、「トレッキングシューズについて知りたい」というニーズが読み取れたため、靴の種類にフォーカスした内容をコンテンツに追加するといった具合だ(画面右)

同社は今後、ユーザーのニーズを起点にしたツアー企画にもMIERUCAを応用していきたいとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2996
2
阪急交通社、Webマーケティングに「MIERUCA」を導入 - サイトの拡充に活用 [事例]
Faber Companyは8月16日、阪急交通社がAI(人工知能)を活用したコンテンツマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
Faber Companyは8月16日、阪急交通社がAI(人工知能)を活用したコンテンツマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る