IDOM、ビービットのデジタル行動観察ツール「Usergram」を導入 [事例]

[2017/08/04 17:45] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

ビービットは8月4日、IDOM(旧:ガリバー インターナショナル)がビービットのデジタル行動観察ツール「Usergram(ユーザグラム)」を導入したと発表した。

同ツールは、サイトを訪れる顧客がいつ、どこから流入し、どのページを閲覧したかを把握できるほか、属性情報や顧客ID・会員IDの取得により、顧客の特定もできるというもの。デバイスをまたいだ行動を把握したり、CV前後の合計2年間の行動を計測したりといったことが可能な点を特長とする。

Usergramの概要

IDOMでは、サイトのABテストをはじめとするさまざまなデジタル施策を実施するにあたり、ユーザーとのコミュニケーションシナリオ作りを効率化するためにUsergramを導入した。

なお、ビービットは併せて、Usergramの導入企業数が60社(2017年7月末時点)を突破したことを発表している。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演レポート提供]LINE公式アカウントで何ができるのか? プラットフォームとしての将来像を田端氏が解説

[講演レポート提供]LINE公式アカウントで何ができるのか? プラットフォームとしての将来像を田端氏が解説

5月23日に行われた第45回IT Search+スペシャルセミナーでは、「認知・獲得からCRMまで LINEが実現するファネル横断マーケティング」と題し、LINE 上級執行役員 コーポレートビジネス担当 田端信太郎氏が登壇。LINEのプラットフォームを活用した企業ビジネスの現状と今後の展望を語った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る